角田浜トレイル

2月9日〜15日 オフロードやったらオンロードが速くなるのか

2月9日は妻から旅行をプレゼントしてもらったので、レスト。

Img_1330

楽しかったー。ありがとうございます!

2月10日はZwiftで563kJほど。

Img_1348

2月11日は角田浜トレイル練#4 1298kJ

Img_1350

割とたっぷり乗りました。

Img_1352

Img_1362

Img_1364

カロリー収支的にはむしろプラス。

2月12日はレスト

Img_1371

Img_1373

圧力の鍋で作ってもらった筑前煮がうまかったーありがとうございます!

2月13日はZwiftで458kJほど。

Img_1376

2月14日はレスト

Img_1381

Img_1384

見た目も華やかで美味しい料理!

バレンタインの最高のディナーでした!

2月15日は角田浜トレイル練#5 458kJ

Img_1387

遅れないように仕事を終わってショート目に。

遅れましたが(滝汗

Img_1388

チーム総会で決意を新たに。

精神的にかなりきつくて、休みを多く取っていますが、そんな感じでも意外と乗れてるなというのが本心です。

Zwiftを始めてから、ローラーでもなんとなくやろうかなーという気持ちになりますし、ローラーで行う運動の強度は今までと比較にならないほど高いです(今までのやる気。

さて、チーム総会で決意を新たにしてきたわけですが、私はあくまでヒルクライムスペシャリストを目指しているつもりです。

そう書くとかっこいいのですが、非力故体重が軽い状態で特化しないと何にもないというだけなのですが。

軽さが全ての私の場合、レースに合わせこまないと悲惨なことになるのですが、最近はそれがかなり辛いです。

年間を通してなんかまず無理で、一年に一度と思ってもかなりしんどいです。

が、やっぱり乗鞍1時間は切りたいなと思うので、引き続きそれは目指しつつ、基本土の上の人になろうかなと思っています。

事実上昨年からそうなっていましたが、今年からはそれを認めて…つまりヒルクライムスペシャリストの道を少しお休みすることになってしまうのかもしれないのですが、土の上楽しい!の誘惑にも負けとりあえず楽しんでいきましょう!(支離滅裂)。

さて、題にも書いたオフロードをやるとオンロードが速くなるのかですが、結論から言うと、速くならないです。

これ、T崎さんとも話をして色々考えたのですが、結論としてはそうなっちゃうかなと…。

逆はありますね。オフロードでもフィジカルが重要であるならば基本はロード練習がいいと思います。というのはロード練習の方が疲労が少なく結果として質の高いトレーニング量が稼げるからです(この辺は少しぼかします)。

なので、トレーニングの主体はロードになります。

じゃぁ、オフロードをやる意味は?って言われると、単純に楽しいからになってしまいます。

自転車は「継続が力なり」の部分が非常に大きく占めるスポーツですが、楽しい事はそれだけでものすごく意義があります。

だから、オフロード楽しいと感じない人に無理にオフロードを勧める事は私はしないかなと思い…いや、勧めてしまいますね…きっと(汗)。

オフロード練習は速度域が下がるのと、グリップの限界が下がるのが一番の特徴で自転車を操るってことがどういうことなのかを体感できます(できるようになるとは限りません私のように…)。

それがまた楽しいんです…。

それは置いといて、他にもペダリングについて身体を使うことがどういうことなのかってのも、オフロードの方がわかりやすいです。

オフロードやってもオンロードは速くならないってさっき結論を言いました。

でも、それって実は去年での私とT崎さんの結論です。

私もT崎さんも去年の秋くらいまで多分オフロードを走ってはいるけども、オンロードの延長上みたいな走りをしていました。

オフロードならではのテクニックを意識し出したの、私はCJが終わってからで、そこからタイムの出方が明らかに変わりましたし、T崎さんももしかしたらシクロクロスのシーズンイン前くらいになんかつかんだんじゃないかな?と勝手に思っています。

いや、彼の場合は単にパワーがあり溢れてるだけかもしれません(汗)。

だから、それを経ての結論はまだです。

自転車を続けてると過去の自分の考えと現在の考えが真逆になる事があります。

でも、それがまた面白いんですよね。

過去の自分が間違ったことを言ってるわけではなくて見える世界が変わったから意見が真逆になったり。

チームの若い人に、考えが変わることって悪いことじゃないんだよっていうのも伝えていけたらいいなと思う今日この頃です。

最後、オフロード楽しいですよ!

| | コメント (0)

2020年2月2日 角田浜トレイル練#3

本日は比較的天候も安定しているよう。

ロードでも走れちゃいそうですが…、角田浜トレイルに行っちゃいましょう!

Img_1269

ここ最近、Alpe du Zwiftのコースにハマっていて、多少長時間のパワーが出るようになってるのでどんなもんかなと走ってみたら、全然だめ。

びっくりしました。

角田浜トレイルは全力で走ると、5~10倍数十秒でその間に数秒間ペダルを止めるというインターバルの繰り返しで16分くらいになるのですが、全くもってパワーが出ません。

逆に、角田浜トレイルでパワーの出し方慣れちゃうと、去年の後半みたいに長時間淡々とパワーを出し続けるっていう事が難しくなります。

短期間ですが、Z4のパワーを淡々と出すことに適応しちゃったみたいです。

逆に言うと、2週間くらいあると、感覚をアジャストできるってことですね。おそらく身体能力的なものよりも、精神的(脳の慣れ)等の影響が大きいのだと思います。今シーズンはこれを一つ頭に入れておいてもいいですね。

あと、空気圧、最近はずっと前後共1.2barを基本にセッティングしてたのですが、今日はそろそろシーズンインを見据えてあげてみますかということで、1.3barにしたのですが、これで全く感覚が変わってしまい、しばらくはコーナリングでもあたふたしてました。

私が角田浜トレイルで走る分には1.2barくらいが良いのですが、それでCJのガレたコースとか走るとリム打ちすることがあります。なので、レースでは空気圧を高めに設定することが多く、普段から高い空気圧になれとくという意味もあり高めに設定しますが、こんなに感覚が変わってしまうものかと。

ちょっとずつなれていかないとです。

ってな感じで、今日はまったりリハビリライド、でもある程度のペースで走らなきゃと、練習に付き合ってくれている妻と追いかけっこをしてみました。

スーパーロングを使って、同時にスタート、妻に追いつくまで走り続けるという模擬レース。

妻のさじ加減が気になります。

私はだいたい17分を切るくらいのペースで周回することにしました。

2周を終えて、そろそろ追いつきそうかなーと思っていたら、後ろから鈴の音が…。

いや、流してるとはいえ16分台。そうそう追いついてこないだろと思ったら、ミドルに入るくらいで後ろに青い影…。

T辺さんだ!!

いやぁ…今日はちょっと張り合う元気ないし、前に出てもらって…と道を譲りますが、T辺さんが「後ろにつかせてください」と。

いやいやいやいや(笑)、後ろにつきたいのは私ですよ(笑)、「無理です!」って叫びながらもまんざらでもない私は、本気モードに入ります(入るのかよ)。

そこからは必死で走りましたとも(笑)、でも全然離れません。当たり前ですが(汗)。

前後共滑りやすいのと、疲れてきてどんどんミスが増えてくるので、とにかくコーナーは抑えて丁寧に曲がりつつ、出口加速を重視する作戦ですが、まあ、きつかったです(笑)。

おかげさまで今年ベストタイムを出せました!ありがとうございました!!

15:35 230W 176bpm

妻と合流して、T辺さんともお話をさせていただき、めちゃくちゃ勉強になるなぁ(盗み聞き含む)。

そして、本日人生初体験。

e-MTBに試乗させていただきました。

Img_1271

ペダルと履いてる靴の相性が悪く、足が安定しなかったので、アシストを弱めにしましたが、それでもグングン進みます。

こりゃ、面白い。

欲しくなりますね…。

晩御飯は

生ハムサラダと

Img_1275

大好きなカレーを作っていもらいました!

Img_1277

美味しくペロリ。

いつもありがとうございます!!

| | コメント (0)

2020年1月25,26日 角田浜トレイル練#2 GSCトレイル練#1

仕事の山場を乗り越えて、結果待ちではありますが、ひとまず落ち着きました。

低空飛行ながらも、また続けていきたいと思います。

25日は久しぶりのライドということで、角田浜トレイルリハビリライド。

Img_1200

スーパーロングを1周だけ割と真面目に走って

16:29 175bpm 206W

タイムの割に、心拍数が高すぎるのと平均パワーも高いです。

ここからまた上げていかないとです。

その他は色々試しながら乗って、973kJ

お仕事ひと段落お疲れ様会を妻に開いていただいて、

Img_1201

Img_1204

Img_1205

美味しい料理をいっぱいご馳走になりました!

26日はGSCトレイルへ。

この時期に走れるなんて奇跡のようです。

Img_1227

Img_1230

パンプトラックで新たな気づきがあったり。

こういう練習をすると、角田浜トレイルでもはるかに楽に走ることができるようになります。

Img_1243

帰ってきてからぷしゅ。

ご飯を作っていただきました!

美味しくペロリ!

ごちそうさまでした!!

| | コメント (0)

角田浜トレイル練 #1だったり結婚式1周年だったり ブログを書くという事

ちょっと途切れ途切れになってしまってます。

突然ですが、ここでちょっと今後しばらくのブログについてを書きます。

いろんな人が言うように、トレーニングをしてブログを書くって事はとても重要だと思います。

ですが、ブログを書くってとってもエネルギーがいることなんですよね。少なくとも私には。

ブログは対外的に公開するものだからこそ意味があると思っています。

他人に向けて記事を書くことで客観視する。それが重要だと思っています。

ですが、少し疲れてしまったのも事実です。

バランスを取ろうと少しいろいろと内容を固定化してみたり、更新をサボってしまったりしてみましたが、それでもやはり厳しいです。

ブログで有料サービスに月額払ってるくらいお金を稼げればと思った時期もありましたが、私のブログでは厳しそうで諦めたので、そういった意味でしょんぼりしてしまったってのもあります。

ですが、家庭の事、仕事や自転車を続ける上で続けておいたほうが現状把握と自分自身への励みになるなと思っています。

対外的なものというより、自分へのメモという感じでしばらく続けて行ってみようかなと思います。

今までもそういった趣旨のもので続けていましたが、これからはよりメモ的なもので。でもその代わりできるだけ毎日書いてみる。

そういうチャレンジにしてみたいと思います。

自転車も仕事のことやメンタル面で乗るかどうかはちょっとわからないのですが、乗らなかったら乗らなかったで、それをメモしていこうかなと思っています。

今までにも増して質素な内容になってしまいそうですが、これからもよろしくお願いします。

1月12日は今年初めての角田浜トレイル練習をしてきました!

Img_1156

体重が増えてしまっているのと久々のオフロードということで、無理はせず丁寧に周回。

急坂で自転車を押して登ることを想定して1ノ坂でプッシュアップの練習。

無理せずスムーズに降りられるところで降りる方がタイムロスとリスクが少ないことが収穫。

飛び乗りはもう少し練習必要。

後は可能な限りペダリングをしないことを意識。コーナーや少しのギャップを使って加速するイメージで。

ベストタイムはスーパーロング17:05 194W 154bpm

タイムも思ったより悪くなく、パワーも心拍もセーブ。同じラップタイムなら心拍も平均パワーもなるべく低くなるように工夫していきたいです。

1月13日は結婚式を行ってから1年の記念日でした。

Img_1165

Zwiftレベル上げローラー2時間やって大満足。

二人でちょとしたお祝いをしました!

Img_1166

| | コメント (0)

角田浜トレイル練 #34 53.7kg

12月19日

本日のトレーニング目的等:角田浜トレイルで安定したラップタイムを刻む
角田浜トレイル練 1477kJ
今週合計 2452kJ

本日の酒量 ビール350ml缶(350ml容量付近の瓶含む)×2 赤ワイン1/3ボトル
今週合計酒量 ビール350ml缶(350ml容量付近の瓶含む)×8 ビール500ml缶×2 赤ワイン2/3ボトル

本日の体重 53.7kg
前日比 -1.1kg

12月の目標:新しいシーズンオフの楽しみ方を実践する
今週の目標:低強度有酸素トレーニングを優先で4500kJ稼ぐ

うお!体重減ったぁ!

とこれは、角田浜トレイル行った後に計測したので脱水ですね。完璧に。気温一桁でそれには見合わない薄着で(ロードだったら20度近くある時の服装)汗もそんなかいた気はしなかったのですが、脱水してるだろうと1l位水分補給してこの値。

やせた?(脱水です)。

いろいろ失敗してしまい、走り出しが遅くなってしまいましたが、じゃぁ逆に日本海に沈む夕日を撮影しようと思いました。

目標は18分を切るくらいのラップで5周以上を目標としましたが、1周スーパーロングで帰ってくると、16分55秒というラップが。

目標を変更して保てる限り16分代で、保てなくなったらタイムを落として日没までと。

サスやタイヤの空気圧セッティングはこの前のものがかなりはまったので、そのままでいきます。

Lap1 16:55 210W 159bpm
Lap2 16:54 212W 164bpm
Lap3 16:54 214W 163bpm
Lap4 16:39 225W 163bpm
Lap5 16:20 221W 166bpm
Lap6 18:02 190W 156bpm
Lap7 17:43 199W 155bpm

5周まで集中力を保てて16分台でしたが、6周目に入った序盤でイージーなミスをいっぱいしだすようになったので、ここまでと緩めました。

Lap7は夕日撮影で途中止まっており、途中からはナイトライドです。オートストップの間計測が止まっていてのこのタイムです。

現状ではかなりいい感じで走れたと思います。登りは周回ごとにいろいろ試して、ダンシングで重めのギアを使ったり、シッティングで軽めのギアとかダンシングからシッティングに移行するタイミングとか、いかに心拍を上げないでもしくは脚に負担をかけないでというバランスを探りながら走りました。

現状では桜坂等の急坂は少し重めのギアでダンシングをしながら早めにシッティングに移行してギアを軽くというのがバランス良さそうです。

早く走るときはシッティングで軽いギアをぶん回すんですけど、心肺に対するダメージが大きいです。

そして、夕日を撮影しようと7周目で立ち止まったものの

Img_0768

どんより。

なんとも冬の新潟らしい空でした。

その後は日が落ちるにつれてどんどん暗く。

角田浜トレイルで24時間耐久という構想もあるとのことですが、正気でしょうか?

開催されれば予定があえば出ます(正気ではありません)。

それも見越して、ナイトライドの体験といったところですが、VOLT800のハイモードでも全く光量、照射範囲ともに不足しています。

そしてハンドルに付けたライトではみたい方向を照らしてくれないので、ヘルメットにもライトが必要ですね。

いい経験になりました。

来シーズンを見越すと、15分台で安定して5~6周位できるようになりたいですね。なりたいですね…。なりたい…。

Img_0767

という感じで本日の角田浜トレイル練楽しく終了。

帰るときいろいろあって少し遅くなっていまったのですが家に帰ると

Img_0769

ぷしゅ。

大好物のカレーライスを作ってくれていました!

ありがとうございます!!

美味しくペロリでした!!!

このビールも味が分からなくなったときに基準として飲む大好きなビールです。

あとこのグラス、ベルギーのフルーツビール用のグラスなのですが、このグラスはいろんな種類のビールを美味しく飲むことができて、実はお気に入りのグラスです。

| | コメント (0)

角田浜トレイル練 #33 2019来々カップ最終戦 2位 55.1kg 週のまとめと目標

12月15日

本日のトレーニング目的等:オフロード満喫Day
角田浜トレイル練 #33 2019来々カップ最終戦 2位 1256kJ
今週合計 5222kJ

本日の酒量 ビール350ml缶×2 ビール中瓶×1 ワインボトル約1/2
今週合計酒量 ビール350ml缶×13 ビール生中×2 ビール中瓶×1 ワインボトル×1

本日の体重 55.1kg
前日比 +1.1kg

12月の目標:新しいシーズンオフの楽しみ方を実践する
今週の目標:低強度有酸素トレーニングを優先で3500kJ稼ぐ

本日は角田浜トレイル定例整備と来々カップ最終戦です。

朝、寝坊で少し出発が遅れてしまい、さらに忘れ物を取りに行ったりで大遅刻。

到着時には整備は終わってしまっていました(滝汗)。

そして、年間のシリーズ戦となっている来々カップの最終戦です!

こちらの方は参加させていただきました!!

スタート地点まで向かう時点で、昨日のZWIFTのダメージが色濃く残り、「あぁ、昨日レストでもよかった」などと思いながらスタート場所集合。

Fin'sさんからもたくさんの参加をいただき、すごい豪華なメンバーでの開催となりました!

本日はスーパーロング4周と長丁場。

疲労もさることながら、体重もベストプラス7kgと言う事で(滝汗)テーマはとにかく楽に走ることと丁寧に走ることに決定。というかそれしか完走できるイメージがわきません(汗)。

そして、本日はゆっこ氏が専属フォトグラファーとして撮影を担当していただきました!

ありがとうございます!!

ではその写真を交えながらレースレポを。

機材はいつも通り。身体に優しく少しタイヤの空気圧は低めのF/R 1.2/1.3。この前のハードなライディングの時のアドバイスに従いフォークの空気圧は6.0barと0.2bar高め。伸び側のダンパーをワンクリック固めにします。

スタートは優勝候補の二人、T崎さんとTaigaさんを先頭に、その後FTが続きます。

私はUMIさんとEBE(略字の意味)さんの後ろの陣取り、スタートはそれほど無理しないで行く予定で。

予想通りスタートから先頭二人の熱い戦いとなるわけなのですが、

Img_0001
Photo by Yuko

Img_0005
Photo by Yuko

予想以上にUMIさんEBEさんのペースが速く、ついていくのに苦労します。

譲っていただきながら3位に上がって走ります。

前に出てからはとにかく自分のペースで走ります。

登りで可能な限り踏まない、コーナーはしっかり減速してミスをしないだけを心がけて丁寧に。

写真を撮っていただくといろいろなことが見えてきます。

ちょっと難易度の高い下りの右コーナーの写真。

何選手か並べてみます。

Img_0030
Photo by Yuko

ぱっと見でバランスの良いフォームですね。なんでこれがバランスよく見えるのか、しばらくずっと考えてます。

Img_0033
Photo by Yuko

二人の通るラインがここまで類似してるってすごいですね。

Img_0036
Photo by Yuko

なんでこうなったこのフォーム(笑)。実はこの直前、かなり滑りやすいんです。もしかしたら滑ったのを補正してたのかもしれないです。

Img_0053
Photo by Yuko

中学生ルーキー、KTU君。綺麗なフォームですね。

Img_0081
Photo by Yuko

我らがアイドルバンさんどこへ行く(笑)

とはいえ、ここは速くクリアしようと思えば思うほど奥深いコーナー。レースレベルのトライでミスするのはすごく勉強になります。私もここではいろんなミス今でもしてしまいます。

ここの直前に難易度の高い登りがあり、そこでまず体力が削られているという前提があり、この写真の前、後ともにライン取りが複数あるというところもポイントです。

さて続いては動画も交えて。

ここはベンチ裏のコーナー。

フラットで比較的難易度は低いですが、その分クリアの仕方に差が生まれます。

ここでも数点見比べを。

Img_0113
Photo by Yuko

少し不安定な印象を受けるのですが、それはどこから来るのでしょう。

Img_0121
Photo by Yuko

ライン似てますね。

Img_0130
Photo by Yuko

ラインは上の3人でほとんど同じなのに、バイクの角度とかパッと見た目の安定感が違うのが面白いです。

Img_0135
Photo by Yuko

やっぱりこのライン。

Img_0141
Photo by Yuko

少しアウトに膨らみましたがここからのリカバリーがうまい。悔しいけどやっぱりうまいし速いな店長(なぜ悔しがる)。

Img_0147
Photo by Yuko

EBEさんはコーナーの処理がめちゃくちゃうまいんです。みなさん後ろにつく機会があったら是非後ろについてじっくり観察してください。

Img_0153
Photo by Yuko

やっぱり綺麗なフォーム。

Img_0191_20191216115801
Photo by Yuko

なかなか良さそう!なんかバンさんだと29erが小さく見えますね。

Img_0219
Photo by Yuko

珍しい写真。Taigaさんが(私をオフロード沼にはめた)りんたろうさんPAX号に乗っています。なんかまだ消化しきれてない感じですね。

同じタイミングの動画です。

 
Movie by Yuko

走りなれているコーナーだからこそ面白いですね!

Img_0247
Photo by Yuko

補給ゾーン

Img_0280
Photo by Yuko

大きい選手だと難易度が上がる場合もあります。

Img_0291
Photo by Yuko

4周で無事ゴール。笑顔のT崎さん1位!

Img_0230
Photo by Yuko

私はTaigaさんのメカトラに助けられ2位!

Img_0296
Photo by Yuko

3位UMIさんそしてシリーズチャンピオン獲得!!

と、楽しいレースでした!

GarminのGPS位置測位によるオートラップでのラップタイムを(公式結果と誤差があります)

Lap 1 16:22 240W 165bpm
Lap 2 16:24 227W 171bpm
Lap 3 16:15 231W 170bpm
Lap 4 16:26 217W 167bpm

全て16分代真ん中くらいで4周まとめられたのは、初めてだと思います。平均心拍数をみると、適度に追い込めているようです。このコースは登りで頑張ると容易に最大心拍数が180bpmを超えるのですが、今回は最大心拍数は176bpm。平均心拍数との差を見ると、かなり登りでセーブして走れていたのではないかと思います。

その割に平均出力が高いので、やはりレース、セーブしてるつもりでも相当頑張ってしまっているようです(笑)。

体重とパワーを考えるとタイムが良く、しかも安定して出せているので、何かをつかめたのかもしれないです。

しかし、写真や動画を見ると、自分のイメージとは全く違う動きをしていて、相変わらずダメダメです。

まだまだ詰める要素はありそうです。

まずは体重ですよねー。

Img_0306
Photo by Yuko

ゴール後の団欒。

優勝景品を早速食べるT崎さんと野生のOBTさん。

Img_0309_20191216115801
Photo by Yuko

こんなにたくさんの方が参加していました!

来々カップは2020年もシリーズ戦として開催される予定です。

コースがわからない方にはアテンドがつきますし、レースによってはハンディキャップがついたり。

順位はつきますが、順位関係なくオフロードを走ることを堪能できる素晴らしいシリーズです!

今年一年間本当にありがとうございました!

お昼ご飯は

Img_0743

来々軒にお世話になることにしました!

Img_0741

ぷしゅ

Img_0742

美味しくペロリ。

ありがとうございます!!

その後自転車屋さんに妻の自転車の整備を依頼に。

なんと後輪がパンクしています。

やたらとパンクするな、なんでだろうと思っていたら、

Img_0314_20191216115801

犯人発見。

Img_0315_20191216115801

こんなトゲが刺さっていました。

角田浜トレイルでいっぱい乗って大満足な1日でした。

Img_0740

さて、週のまとめと今週の目標です。

12月9日〜15日

12月の目標:新しいシーズンオフの楽しみ方を実践する
週の目標:低強度有酸素トレーニングを優先で3500kJ稼ぐ

9日 レスト 0kJ 体重未計測
10日 ジテツウミドル+ミドル 472+421=893kJ 54.4kg
11日 ジテツウミドル+ミドル 475+462=937kJ 54.1kg
12日 夜ZWIFTローラー 562kJ 55.1kg
13日 ZWIFTレース 544kJ 54.5kg
14日 ZWIFTローラー 1030kJ 54.0kg
15日 角田浜トレイル練 #33 1256kJ 55.1kg

今週合計 5222kJ

今週合計酒量 ビール350ml缶×13 ビール生中×2 ビール中瓶×1 ワインボトル×1

体重収支 +0.7kg

合計運動量的には無事クリアです。

体重の収支的にはプラス表示ですが、これは測るタイミング等によるものも大きいので、もう少し長期的視点に立って考えていきたいです(言い訳)。

まだ低強度の有酸素運動が足りておらず、結果としてボリュームが不足しているようです。

今週の目標ですが

12月の目標:新しいシーズンオフの楽しみ方を実践する
今週の目標:低強度有酸素トレーニングを優先で4500kJ稼ぐ

にしてみようと思います。

| | コメント (0)

角田浜トレイル練 #31 りゅーまぐ夫妻と温泉旅行からの角田浜トレイル練 #32

12月5日 1264kJ

天候が不安定ですが、天候が不安定だからこそオフロード練!

角田浜トレイルへ向かいます。

Img_0656

本日は コーナリング練。

Youtube動画を見て、リーンアウトのコーナリングのヒントをもらい、それを試すことが主な目的です。

コーナリング練を行う場合、ある程度のスピードが必要となります。

ということで、頑張ってダッシュ→コーナリング→ダッシュの繰り返し。

同じコーナーでバリエーションを変えていろいろ試したいから、ショートコースがメインとなります。

同じコーナーを同じように回ったつもりでも、感触が違ったり滑ってうまくいかなかったり、なかなか難しいですね。

ほんのちょっとの要素で全然違う、本当に面白いです。

試行錯誤しながら9割9分うまくいっていなかったのですが、何かを掴んだ気がします。

もうちょっとやろうか悩んでたところで前輪パンク。シーラントが吹き出します。

これが丁度いいやめどきと、帰りました。

Img_0660

Img_0663

こちらテスト中です。もう少しいろんな環境で使ってから記事にします。

12月7-8日 562kJ-979kJ

6日#31のダメージが大きすぎる点と、GARMIN先生にも休息が不足してますよと言われたのでレストにして、7日もレストでいいかなーと思いつつも、カロリーを大量摂取する予定があったので、ZWIFTでコース習熟など。

かるーくカロリー消費でいいのですよと言い聞かせて始めたものの、なんかいい感じのペースの人が前にいる→抜きたいですよね!いい勢いで抜かれる→ちくしょーついていきたいですよね!最近のKOM表示?でどうやらKOMが取れそうだぞ→とりたいですよね!ということで、頑張りすぎ…。

ZWIFTで自制心を養うトレーニングができそうな気がしてきました。

カロリーを摂取しそうなイベントというのは、毎年恒例?のりゅーまぐ家との温泉旅行でした!

枝折峠ヒルクライムで夏はいつもお世話になっておりますが、冬に魚沼の大湯温泉に行くのはとっても珍しいです。

お世話になったホテルは友家ホテル。

外見は古いホテルで、失礼ながら期待値はそれほど高くなかったのですが、中に入ってびっくり。

Img_0696

こだわりのインテリアが織りなす独特の雰囲気。

Img_0681

はいインテリアの雰囲気を伝える写真が一枚もないですね。

そして何より印象的なのがお米の美味しさ。

Img_0686

Img_0693

Img_0688

はいお米の写真一枚もないですね。

これだけでも泊まる価値ありです。

とっても楽しい時間を過ごしつつも話題は意外と深い話題…。

すごいなりゅーすけさんもまぐろさんもめっちゃ勉強してめっちゃ考えてる。

めっちゃしか言うことのない私も頑張らねば。

Img_0692

りゅーまぐ夫妻プレゼンツのビール。

黒ビールなのに飲み易い!

水のようになくなってしまいました…。

自転車に関しても、かなり深い議論を。

そんな会話ができるのがすごく貴重でそして、楽しいです。

本当にありがとうございます!また行きましょう!

そんな感じで英気を養い、8日は妻と角田浜トレイル練。

Img_0699

この前掴んだコーナリングの感覚が再現できるかというのをテーマに走ることにしましたが、あれ?全然ダメージが抜けてない??脚の筋肉が痛いです。

というわけでライトになおかつコーナリングの練習を主に行く予定でしたが…。

なんとバンさんがきていました!

おぉ!オフロードを始めるのですね!!

オフロード仲間が増えるのは嬉しいです!!!

そして何より楽しそうでよかった!こちらも楽しくなっちゃいます!!

しかしですね…。なんだかんだでどういうわけか?NGCさんと初ご一緒スーパーロング一周。

Aンディーさんに「目標16分代ね?」と謎の目標を立てられてしまい、え?え?となりながらとりあえず先行させていただきます。

恐れ多くも。

相手はC1ライダーですよ!!

というわけで、いきなり限界領域でコーナリング練の成果が試されることとなりました…。

イメージ通りに行くこともありますが、大半のコーナーでイメージとは違う動きに。攻めてる時にきちんとイメージ通りに走れるようになる、疲れてきた時にきちんと上半身を使って走れるようになる、課題がいっぱいです。

しかし当たり前ですが、NGCさんがめちゃくちゃ速く、一周まるまるプレッシャーかけられっぱなしでした。まぁ、蓋してるだけでしたね正直(滝汗)。

ありがとうございました!

ちょっと休んでいたら、KTU君が走っているのが見えます。

ふむふむ。ちょこっと後ろついて行ってみるか。

と軽い気持ちで追いかけたが最後、全然追いつきません(笑)。

意地で追いつくと、何故か譲ってくれました(煽り運転してませんよ!)。

いやー(汗)。

ここでも後ろからプレッシャーをかけ続けられました(涙)。

自分が下手くそなので教えられることは限られていますが、それでも自分が苦労してうまくいったこといかなかったことを伝えることくらいならできます。じゃんじゃん聞いてください。

しかし速いですね。すぐに抜かれるとは思いますが、なるべく抵抗はしますよ!

そういえば、前回パンクしたフロントタイヤは今の所シーラントの修復作用だけで空気抜けはなくいい感じです。

パンク修理キットも用意してあるので、シーズンインまでは今のタイヤで行きたいなと思う今日この頃です。

さて、今週からはそろそろ練習記録的な日記ブログを復活させたいと思います。

結構毎日書くっていうのは大変なのですが、毎日書かないとやはり練習量の管理が曖昧になってしまったり、その時どうだったっけ?っていうのが曖昧になってしまいます。

なんの情報を書くかはめんどくささと後から見返して少なくとも自分が知りたい情報が一目でわかるかってところでその辺のバランスを探ってしばらく試行錯誤したいです。

今までは週の目標だけでしたが、月の目標も見れた方がいいなとか、恥ずかしいけどやっぱり体重管理のためにも体重も記載した方がいいよなとか、酒量管理のためにも飲んだ酒の量を書こうかとか、いろいろ考えてはいます。

さてさてどうなることでしょうか。

12月の目標は、”新しいオフシーズンの楽しみ方を実践する”です。

今週の目標は悩んだのですが、低強度有酸素トレーニングを優先に週3500kJ乗るにしましょうかね!

これからもよろしくお願い致します!

| | コメント (0)

角田浜トレイル練 #28 #29 #30 一人でも多くオフロードの泥沼(文字どおり)にはめる簡単なお仕事をしています

いつもお世話になっている角田浜トレイル。

11月28日はお仕事がひと段落してからお邪魔しました。

Img_0619

なるべく長い時間乗り続けることを目標に。

そして、この間のトレイル整備で教えていただいた、シクロクロスのラインを学びに(私が走るのはあくまでMTBですが)。

シクロクロスのラインはすごく繊細ですね。MTBが勢いに任せていかにどだだだだーと行っていたか(笑)。

ロング5周+ミドル1周+ショート2周。

ロング6周やったつもりでしたが、どういうわけか一周少なかったようです。数が数えられません。

ロングのラップタイムは18分ちょうどくらいならずっと揃えられるようになったのですが、これをあと2分縮めたい。

それには、LTパワーの向上が必要なのですが…。

Img_0618

頑張りまっしょい。

Img_0620

そういえばあられが降ってきました。

Img_0621

ぷしゅ。

11月30日は妻も一緒に角田浜トレイルに。

妻は自転車をお借りしています。

そして!

Img_0626

今年の新潟県選手権チャンピオンであるTNN氏と、一昨年(であっていますかね(汗))の新潟県選手権ビギナー優勝のMGW氏を角田浜トレイルへとアテンドしてみました!

ロード平坦ではあっという間に千切られてしまう私ですが、オフロードであれば(今のうちなら)引きずり回すことが出来そうです。

この二人をまとめて引きずり回しました!と詳細を伏せて報告すれば、おぉ!と言う歓声が上がること間違えなしです。

それはともかくとして、ロードで実力ある選手がシクロクロスに興味を持ったということで、角田浜トレイルを案内してみることにしました。

私はMTBですが…。

まずは慣れるためにショートを一周。

昨日学んだシクロクロスのラインを通って丁寧に。

次はスーパーロングをアテンド。

スーパーロングは私もそうでしたが、道を覚えるだけでも大変です。

そしてミドル以降では、ショートでは無かった急な登りが何箇所も出てくるので、難易度が急激に上がります。

ここも止まりながらゆっくり案内。

やはり二人とも基本的に走力のある実力のある選手。かなりきついコースにもかかわらず、しっかり走りきる事ができます。

妻もついてきていたのですが、妻も足ついたりしながらしっかりついてくる事ができました。なかなかなかなか。

私も春にりんたろう氏に教えていただいて角田浜トレイルを走り始めたのですが、最初のうちはショートをいっぱい周回して慣れるのがいいのかなと思います。

スーパーロング等ですと、コースを覚えることに精一杯になってしまい、コーナーをどう抜けるかとか考える余裕がなくなってしまいます。

あとは、低速周回コースでの練習ですね。

あそこをスムースに走れるようになるだけで、低速のコーナリングスピードが一気に上がります。

地味ですが、基礎練こそ基礎ですね(謎)。

そんなこんなで、多分角田浜トレイルを楽しんでいただけたかな?と。

ゆっくり走っても楽しいのがオフロード。

ただ単に走るだけでも難しいから、どんな速度域でも楽しいです。

ゆっくりはゆっくりでバランスを取るのが難しかったり、速度が高い時は何でもない穴ぼこにハマって止まってしまったり。

レースでは常に自分のペースで走れるわけではないので、意外と低速での練習もしておいたほうがいいなと今年CJ参戦していて思いました。

逆に速度が上がってくると、上半身を積極的に使って走らないとちょっとしたギャップで跳ね飛ばされたり。

コーナーもタイヤが通る軌道と自分の身体が通る軌道の違いを考えて走らないと木にぶつかったり、路面の美味しいところを使えなかったり。

リーンインからリーンアウトまで全ての姿勢を使ったり。

まだ初心者に毛が生えた程度なので、魅力を十分には伝えられなかったかもですが、泥沼にはまっていただければ幸いです。

その後、チームの忘年会で楽しくはしゃぎ…。

Img_0628

はしゃぎすぎ…。

12月1日

ババーン

Img_0632

妻のMTBが納車されました!!

泥沼に一人新たにはめることができました!

エントリーグレードのものになるのですが、それでもMTBでオフロードを走り回るには十分なスペックです!

ドロッパーシートポストが標準なのはいいですね!

早速角田浜トレイルです。

私はスーパーロングを周回。

妻はその間、ショートや低速周回コースを回って機材に対する理解を深めておいてもらいました。

少しだけ頑張って

16:37 199W

体調が少し悪くて、体重も重いですがなかなかのタイム。

これくらいのタイムなら、狙うと安定して出せるようにはなってきました。

しかし、T崎キャプテンが先日現在のスーパーロングのコースになってから最速と思われる15:28を出しています。

私も以前15:58を出していますが、これは一周のみの結果。今回のT崎キャプテンは5周して5周とも15分代です。

化け物か。

私もそこを目指さないとですがまあ無理なので(汗)とりあえず、1周アタックのラップタイムでもいいからこの記録は抜いておきたいです(笑)。

絞ってLTパワーを上げないとですね(2回目)。

妻もだいぶオフロードに慣れてきて、少し攻めた走りもできるようになっていました。

タイヤの空気圧設定ですが、オフロードは本当にこれが繊細です。

単にタイヤと機材と路面状況と体重だけで決められるわけではなく、ライダーのスキルや速度域も関わってくるからです。

下げれるところまで下げたいのですが、下げすぎるとパンクする。

初日でリアタイヤがパンクしてしまいました(笑)。

ちょっと低くしすぎましたね。

次はもう少し高めにしますが、慣れてきたらもう一度少し低めにしてみることにします。

うまくラインを選んだり段差を処理できるようになれば、低い空気圧でもパンクしにくくなるはずです。

トラクションの確保やコーナーの安定を考えると、低い方が楽な場合が多いですからね。

でもそれで速度域が上がってくると、空気圧が低いとリム打ち以外のネガティブな要素も見えてきたりとか。

ということで楽しいオフロードなのですが、問題となるのは走る場所になります。

その点から言うと、角田浜トレイルという専用コースがある新潟は恵まれています。本当にありがたいです。

私もどっぷりMTBにはまることができましたし、オフロードを積極的に普及することもできます。

Img_0627

ぷしゅ。

近くにはワイナリーとしても有名ですし、実は小規模ブルワリーもあるカーブドッヂの温泉施設ヴィネスパさんもありますので汗を流したりリゾート気分を味わうことまでできてしまいます!

なんと充実した環境!ありがとうございます!

| | コメント (0)

来々シリーズ第9戦 角田浜トレイル練 #27

本日は角田浜トレイル定例整備と、来来シリーズ第9戦でした。

Img_0564

気付けばもう27回も角田浜トレイルにお邪魔していることになります。

感謝の意を込めて、微妙に寝坊し(汗)、微妙に遅れて(滝汗)定例整備へ参加。

本日は掘れて砂漠化したところに砕石を撒くという作業を行いました。

本当にたくさんの参加をいただき、山盛りてんこ盛りの砕石をコースの掘れたところに運び、ならし、自分たちが走りたいように傾斜をつけたりしながら踏みかため、かなり走りやすい感じになりました!

その過程で、シクロクロス車でのライン取りを教えていただき、MTBに比べてかなり繊細であることと、皆さん考えてライン取りをしてるのだなということを実感。

私も、もう少しライン取りを気をつけるようにしたいです。それには立ち止まってみたり、ゆっくり走ってみたり、疲れてると大雑把になるので疲れてない状態でそのコーナーに到達してレーシングスピードで走ってみたりと色々と考えるところがありました。

さて、来来シリーズ。

面子がとっても豪華です(汗)。

私は昨日の影響もあり、首から背中にかけてが痛く特に首は自由に動かせない感じ、また頭痛が少し残っていることもあり、念のためセカンドインパクト症候群を避けるためにも無理はせず、安全に走ることを第一に考えることとしました(てんこ盛りの言い訳)。

本日はスーパーロングで3周。

自信もないため後ろ目でスタートします。

序盤はゆっくり(詐欺)。

本日はシクロクロス勢が多く、シクロクロスへの誘惑(&勧誘)がすごいですが、惑わされないように気をつけました(謎)。

昨日の恐怖心のためか、リアルスタート後もペースが上げられず、りんたろう氏にパスされてしまいます。

その後はりんたろう氏やE部師匠の走りをじっくり後ろから観察させていただき、だいぶ感が戻ってきました。

りんたろう氏を登りでパスしてから攻めてみますが、信じられないくらい登りが重い。

なぜでしょう(ヒント体重)。

そんなこんなで無事3位フィニッシュ。

1位は全日本に向けてキレッキレのタイガー選手(多分この長さコースになってからのコースレコードです)。

2位は最近シクロクロスCM1クラスで目覚ましい成績を上げるT崎選手。

レースシーズン真っ只中キレッキレの二人には全くもってかないませんでした。

気持ちよく完敗し、何故か悔しさもあるので、12月はもうちょっと頑張ってみようかと。

なんせポイント10倍の噂があります(今までのポイントはいったい…)。

ポールスター号を預けに行ったり、いろいろしていたら意外と遅くなってしまい、

Img_0566

やっとこさでぷしゅ。

IPAとIPL。

飲み比べ。

IPLってあるんですね。当たり前ですが、全然違いました。

妻は1日お仕事でした。

Img_0567

大変だったみたいなのに、帰ってきてからキーマカレーを作ってくれました!

おいしくペロリ。

ありがとうございました!

| | コメント (0)

妻にマウンテンバイクとZwiftを体験してもらいました! 角田浜トレイル練#26

午前中のお仕事を終えて帰ると

Img_0540

親子丼ができていました!

おいしくペロリ。

ありがとうございます!!

午後からは、いつもお世話になっている自転車屋さんに寄ってMTBを借りて、角田浜トレイルに向かいます。

妻が私がMTBをやっている姿を見て、ちょっとやりたくなったようです。

買うとなるとやっぱり覚悟がいるから、その前に体験してみたいと自転車屋さんに相談してみたら、試乗車を貸していただけました。

ありがとうございます!

Img_0542

角田浜トレイルは、自転車トレラン専用コースとして整備されていますので、安心して走ることができます。

とはいえ、なかなか難易度の高いコースでもあります。

最初は急な坂が怖かったりで、降りたり押したりしていましたが、だんだんと慣れてきてMTBは初めてなのに、ショートもミドルもゆっくりながら足つきしないで走ることができるようになりました!

いやーすごい。

楽しんでくれたようです。

私は伴走ということで、普段走らないようなゆっくりとしたスピードで走ってみましたが、ゆっくりだと勢いでだだだーっといけないところがあり、意外と難しかったり、コースの新しい表情に気づいたりと色々と発見がありました。

そして、なんてことない気持ちでジャンプしたら…。

おそらく使ってたグローブが古くてアウター層とインナー層がずれやすくなっていたこと、雨でグリップが濡れていたこともあって、着地で左手がハンドルからすっぽ抜けて…。

そのままなすすべなく前転。

Img_0543

ヘルメットが割れてしまいました。

首が痛いのと肘やスネに擦り傷を負ったくらいで何事もなくよかったです。

MTBはグローブの選定かなりシビアにしないとですね。

その後は用事を済ますためにホームセンターに行ってその2階のレストランで

Img_0545

Img_0546

ぷしゅ。

帰ってきてからは

Img_0560

妻にZWIFTを試してもらいました。

妻の自転車はフルBluetooth対応なので、ZWIFTへの親和性は高いです。

しかしながら、一定のパワーを保つメニューだと、別にZWIFTで行うメリットがないなと、こちらはあまり気に入らなかったよう。

レースやワークアウトだとまた違うのかもしれないです。

私は意外とZWIFT気に入ったので、もうチョイ機材等を揃えてみようかなという気になりました。

夫婦で新しいことに挑戦しそうです。

さてさてどうなりますことやら。

| | コメント (0)