日記・コラム・つぶやき

グループライドはもう少し待ったほうがいいかもしれないです

お久しぶりです。

へたれです。

しばらくブログが滞っておりましたが、決して自粛していたわけではありません。

普通にサボっておりました。

さて、表題ですがちょっと最近話題になりましたね。

グループライド、結局どうなのかな?って考えてみたので私の意見を書きます。

Img_6269-1
※約1年前、チームで佐渡に走りに行った時の写真です。この1年後に自転車を乗ること自体に議論が必要な事態が起きるなんて夢にも思っていませんでした。

結論

現時点でグループライドは避ける(自粛する)のが無難。

期限はJCF公認レース(プロではなく実業団)が開催されるまで。(JBCFのEやFのレース)
もしくはスポーツ庁による見解が変更されるまで(2020年5月26日追記)

その理由を書きます。

全国的に非常事態宣言が解除され、少しづつ日常が戻ってきました。

いろいろな自粛要請も解除され、行動範囲も広がってきました。

一時期は、一人の外乗りさえ、自粛すべきかどうか?その範囲は?なんて非常に厳しい状況になりましたが、今は少なくとも交通法規や自治体の自粛要請の範囲に従い、度が過ぎないものであれば、ソロライドは気兼ねなく行えるくらいの雰囲気まではきました。

これは、緊急事態宣言下での自粛期間中、自転車乗り一人一人がよく考え、ローラーで過ごしたり、外を乗る際もいろいろ配慮して行動していたからでもあると思います。

自転車に乗ることで大きな批判になるような事例がほぼ起きなく、問題にならずに済んだということです。

じゃぁ、非常事態宣言も終わったし、もう制限無しで乗ってもいいのかな?って事になると思います。

でも私がグループライドはまだ避けるべきと思うのは、

①スポーツ庁により屋外でのスポーツでも1人もしくは少人数でとの指針が発表されている(2020年5月26日追記、番号訂正)

②グループライドによる感染のリスクを完全に否定することができない

③グループライドはそもそも平時でも世間一般によく思われていないという事実がある

④グループライドを行わない事によりダメージを受ける産業はほとんどなく、自身の収入につながることもほぼない

⑤グループライドで感染したしないにかかわらず、感染者が出た場合グループライド自体が批判の対象になり得る

⑥自身が感染した場合、行動が不用意だったと批判を受ける要素は少しでも減らしておきたい

この6つの理由です。

①ですが、リーフレットへのリンクはこちらです→安全に運動・スポーツするポイントは?

こちらでスポーツを行う際は「1人もしくは少人数で実施」と書いてあります。ということは、まだグループライドを行うことにスポーツ庁的にはOKを出しているわけではないと解釈できます。

もちろん自転車は名指しされていませんが、これは自転車がマイナースポーツであるためで、対象外だからというわけではありません。

少人数の解釈が難しい以上、グループライドは控えたほうがいいかなというのが私の考えです。(2020年5月26日追記)

②に関してリスクの評価やエビデンスの有無が度々話題になります。これに関して現在のところはエビデンスがなくわからないというのが結論です。

屋外のスポーツ活動に関してはリスクは低いだろうという推論があり、これをもとにガイドラインは策定されてますが、まだ今回のウィルスに関する信憑性の高いエビデンスはありません。

過去の事例からすると、自転車競技で新型コロナウィルスの集団感染が起こった事例が存在しています。これは、2~3月にかけて行われたUAEツアーで選手、スタッフに感染者が複数出た事例です。

競技中に感染が広がったのか、宿泊施設やチームのミーティング等で広がったのかは不明ですが、実際として自転車競技にて新型コロナウィルスの集団感染が起こったという事実は存在します。

現状でリスクの評価が確定していない以上、注意すべきと思います。

先ほどのスポーツ庁のリーフレットでも2m以上の間隔をあけてということが記載されています。これを守るとなると、ローテーション等の練習は基本できないということとなりますので、競技の練習としてグループライドを行うということも、今は少し難しいと思います。

ソーシャルディスタンスに関して、エビデンスはまだはっきりしておらず、自転車においては2mが安全というわけではないということも頭の片隅に置いておいて損はないと思います。(2020年5月26日追記)

③は私もよく忘れがちになるのですが、そもそもサイクルスポーツはメジャーではなく、世間一般的に広く認知されているものではないということです。

チームを運営している人や、自治体の活動等に関わりある人は実感があるかもしれないですが、自転車がまとまって走っていて怖いですとか、隊列をなしてスピードを出してて邪魔とか危ないとか、コンビニの駐車場で広がってて邪魔とか威圧感があるとか、そういう意見はそんなに珍しくないです。一人一人ではそんなに問題にならなくとも、集団でいると嫌だっていう意見があります。

以前からそう思われていたのに、人が集まることや危ないことをすることについて人々が過敏になっていること時期に、その感情を逆なでするような行為を行うことは得策ではなさそうです。

リーフレットでも空いている時間や場所を選びましょうと言っていますので、ソロライドをする際も今までと同じように少し配慮したほうがいいかもしれないです(2020年5月26日追記)。

④これが自粛する上で最も上位にくる理由です。

グループライド、すごく楽しいですし、グループでないとできない練習があるのは確かです。ですが、グループライドを行うことにより金銭的メリットを得る人はほぼいませんし、経済活動になることもほぼありません。(経済活動にならないことは、実はこれ以前からの問題で、自転車は邪魔な割にお金を(走ってる)地域に落とさないっていうのが話題になったりもしましたが、今回それに触れると話題がずれてしまうので置いときます。)

だったら批判の対象になり得ると考えられる行為であるならば、今はやめておいてもいいのではないかと。やめることによる金銭的デメリット、社会経済的デメリットがほぼ皆無です。

逆に、講習会やレース等それで収入を得る人がいる、社会活動につながるようなものは安易に自粛するべきではないと思います。

グループライドで問題を起こすことにより、そういうものが開きにくくなる可能性も考えて、批判を浴びそうな行為を極力避けるっていうのも一つだと思います。

⑤国民の努力で感染者がだいぶ減ってきました。

ですが、このウィルス感染症自体がなくなったわけではないというのが専門家の意見です。今後も一定数出続けるだろうと。そして第二波第三波がくるとも言われています。

感染者が少なくなってきたことは喜ばしいのですが、逆に一例一例が注目されてしまうという少し嫌な現象が起こります。田舎では特にそうです。

そうすると、何か人と違うような行動を取っていた場合、それが原因かどうかとは別のところで批判の対象に成りえます。

集団が感染拡大につながるということが周知されている以上、普通の人が一般的に行わないグループライドも槍玉に挙げられてもおかしくはないです。

⑥ですが、①〜⑤の全てを含めてこれになっちゃいます。

私や家族の職業を考えると、感染した場合かなりの金銭的社会的ダメージを負います。

しかし、感染するリスクは低くない職業です。

ですので、感染することを前提とし、感染した際に不用意と思われる行動を極力取らないようにすることが、リスク管理として必要です。

長々書きましたが、読んでいただいて分かる通り、ただの感情論です。

こんだけ長々書いてきてまとめると、「叩かれたくないからグループライドやらない」の一文になっちゃいます。

これはあくまで私の場合であり、違う考えの方も多いと思います。

現時点でグループライドをすることは否定しないですし、非難もしないです。というより正当な理由もないですし、そんなこと出来ないです。

ただ、誰かに

「今グループライドするのはどう思う?」

って聞かれたら、

「今はもう少しやらないでおいた方がいいんじゃないかな。ソロもしくは家族単位、やるにしても5人くらいまでが限度じゃないかな。その時もできるだけスポンサーの入ったユニフォームやお揃いのジャージは着ずに、SNS等にもアップしない方がいいかな。走る場所も人や自転車が少ない場所を選んだほうが良いかも。」

って答えます。

あ、期限についての(スポーツ庁のリーフレット以外の)理由を書き忘れていましたね。

期限の理由ですがJBCFのEやFが開催されたということは、社会人が公式にレースをしている、つまり自転車に乗っても収入に関係ない人が、以前のように自転車を楽しむことが出来るようになったってことの社会的状況の指標の一つだと思います。

なので、そうなったのであれば、グループライドに関しても日常に戻していいのではないかなと。

そんなに深い理由ではないですし、私の中でもコロコロ変わるかもしれないです。

早く日常が戻るよう、日常が戻った時に自転車を趣味として気持ち良く出来るよう、今はグループライドっていう楽しいことを、少し我慢してもいいかなって思ってます。

長々と読んでいただきありがとうございました。

さて私の日常ですが、居住地域の緊急事態宣言の解除により外乗りを限定的に始めました。

慣れたコースを無理しすぎない程度にですが、やっぱり外で走ることは楽しいですね。

Img_2172

緊急事態宣言中、スマートローラーでZwiftばっかりやってたらスプリントのパワーが久々に1000W超えたってのも嬉しい誤算ですが、その話題はまた後日。

Img_2100

外食もしないようにしており、テイクアウトしたり

Img_2166

美味しいバームクーヘンをりゅーまぐ夫妻から頂いたり。

ありがとうございます!

Img_2101

相変わらずお酒はやめられず…。

Img_2196

妻には日々美味しい料理を作ってもらい感謝です。

ありがとうございます!

| | コメント (0)

2月9日〜15日 オフロードやったらオンロードが速くなるのか

2月9日は妻から旅行をプレゼントしてもらったので、レスト。

Img_1330

楽しかったー。ありがとうございます!

2月10日はZwiftで563kJほど。

Img_1348

2月11日は角田浜トレイル練#4 1298kJ

Img_1350

割とたっぷり乗りました。

Img_1352

Img_1362

Img_1364

カロリー収支的にはむしろプラス。

2月12日はレスト

Img_1371

Img_1373

圧力の鍋で作ってもらった筑前煮がうまかったーありがとうございます!

2月13日はZwiftで458kJほど。

Img_1376

2月14日はレスト

Img_1381

Img_1384

見た目も華やかで美味しい料理!

バレンタインの最高のディナーでした!

2月15日は角田浜トレイル練#5 458kJ

Img_1387

遅れないように仕事を終わってショート目に。

遅れましたが(滝汗

Img_1388

チーム総会で決意を新たに。

精神的にかなりきつくて、休みを多く取っていますが、そんな感じでも意外と乗れてるなというのが本心です。

Zwiftを始めてから、ローラーでもなんとなくやろうかなーという気持ちになりますし、ローラーで行う運動の強度は今までと比較にならないほど高いです(今までのやる気。

さて、チーム総会で決意を新たにしてきたわけですが、私はあくまでヒルクライムスペシャリストを目指しているつもりです。

そう書くとかっこいいのですが、非力故体重が軽い状態で特化しないと何にもないというだけなのですが。

軽さが全ての私の場合、レースに合わせこまないと悲惨なことになるのですが、最近はそれがかなり辛いです。

年間を通してなんかまず無理で、一年に一度と思ってもかなりしんどいです。

が、やっぱり乗鞍1時間は切りたいなと思うので、引き続きそれは目指しつつ、基本土の上の人になろうかなと思っています。

事実上昨年からそうなっていましたが、今年からはそれを認めて…つまりヒルクライムスペシャリストの道を少しお休みすることになってしまうのかもしれないのですが、土の上楽しい!の誘惑にも負けとりあえず楽しんでいきましょう!(支離滅裂)。

さて、題にも書いたオフロードをやるとオンロードが速くなるのかですが、結論から言うと、速くならないです。

これ、T崎さんとも話をして色々考えたのですが、結論としてはそうなっちゃうかなと…。

逆はありますね。オフロードでもフィジカルが重要であるならば基本はロード練習がいいと思います。というのはロード練習の方が疲労が少なく結果として質の高いトレーニング量が稼げるからです(この辺は少しぼかします)。

なので、トレーニングの主体はロードになります。

じゃぁ、オフロードをやる意味は?って言われると、単純に楽しいからになってしまいます。

自転車は「継続が力なり」の部分が非常に大きく占めるスポーツですが、楽しい事はそれだけでものすごく意義があります。

だから、オフロード楽しいと感じない人に無理にオフロードを勧める事は私はしないかなと思い…いや、勧めてしまいますね…きっと(汗)。

オフロード練習は速度域が下がるのと、グリップの限界が下がるのが一番の特徴で自転車を操るってことがどういうことなのかを体感できます(できるようになるとは限りません私のように…)。

それがまた楽しいんです…。

それは置いといて、他にもペダリングについて身体を使うことがどういうことなのかってのも、オフロードの方がわかりやすいです。

オフロードやってもオンロードは速くならないってさっき結論を言いました。

でも、それって実は去年での私とT崎さんの結論です。

私もT崎さんも去年の秋くらいまで多分オフロードを走ってはいるけども、オンロードの延長上みたいな走りをしていました。

オフロードならではのテクニックを意識し出したの、私はCJが終わってからで、そこからタイムの出方が明らかに変わりましたし、T崎さんももしかしたらシクロクロスのシーズンイン前くらいになんかつかんだんじゃないかな?と勝手に思っています。

いや、彼の場合は単にパワーがあり溢れてるだけかもしれません(汗)。

だから、それを経ての結論はまだです。

自転車を続けてると過去の自分の考えと現在の考えが真逆になる事があります。

でも、それがまた面白いんですよね。

過去の自分が間違ったことを言ってるわけではなくて見える世界が変わったから意見が真逆になったり。

チームの若い人に、考えが変わることって悪いことじゃないんだよっていうのも伝えていけたらいいなと思う今日この頃です。

最後、オフロード楽しいですよ!

| | コメント (0)

2020年2月2日 角田浜トレイル練#3

本日は比較的天候も安定しているよう。

ロードでも走れちゃいそうですが…、角田浜トレイルに行っちゃいましょう!

Img_1269

ここ最近、Alpe du Zwiftのコースにハマっていて、多少長時間のパワーが出るようになってるのでどんなもんかなと走ってみたら、全然だめ。

びっくりしました。

角田浜トレイルは全力で走ると、5~10倍数十秒でその間に数秒間ペダルを止めるというインターバルの繰り返しで16分くらいになるのですが、全くもってパワーが出ません。

逆に、角田浜トレイルでパワーの出し方慣れちゃうと、去年の後半みたいに長時間淡々とパワーを出し続けるっていう事が難しくなります。

短期間ですが、Z4のパワーを淡々と出すことに適応しちゃったみたいです。

逆に言うと、2週間くらいあると、感覚をアジャストできるってことですね。おそらく身体能力的なものよりも、精神的(脳の慣れ)等の影響が大きいのだと思います。今シーズンはこれを一つ頭に入れておいてもいいですね。

あと、空気圧、最近はずっと前後共1.2barを基本にセッティングしてたのですが、今日はそろそろシーズンインを見据えてあげてみますかということで、1.3barにしたのですが、これで全く感覚が変わってしまい、しばらくはコーナリングでもあたふたしてました。

私が角田浜トレイルで走る分には1.2barくらいが良いのですが、それでCJのガレたコースとか走るとリム打ちすることがあります。なので、レースでは空気圧を高めに設定することが多く、普段から高い空気圧になれとくという意味もあり高めに設定しますが、こんなに感覚が変わってしまうものかと。

ちょっとずつなれていかないとです。

ってな感じで、今日はまったりリハビリライド、でもある程度のペースで走らなきゃと、練習に付き合ってくれている妻と追いかけっこをしてみました。

スーパーロングを使って、同時にスタート、妻に追いつくまで走り続けるという模擬レース。

妻のさじ加減が気になります。

私はだいたい17分を切るくらいのペースで周回することにしました。

2周を終えて、そろそろ追いつきそうかなーと思っていたら、後ろから鈴の音が…。

いや、流してるとはいえ16分台。そうそう追いついてこないだろと思ったら、ミドルに入るくらいで後ろに青い影…。

T辺さんだ!!

いやぁ…今日はちょっと張り合う元気ないし、前に出てもらって…と道を譲りますが、T辺さんが「後ろにつかせてください」と。

いやいやいやいや(笑)、後ろにつきたいのは私ですよ(笑)、「無理です!」って叫びながらもまんざらでもない私は、本気モードに入ります(入るのかよ)。

そこからは必死で走りましたとも(笑)、でも全然離れません。当たり前ですが(汗)。

前後共滑りやすいのと、疲れてきてどんどんミスが増えてくるので、とにかくコーナーは抑えて丁寧に曲がりつつ、出口加速を重視する作戦ですが、まあ、きつかったです(笑)。

おかげさまで今年ベストタイムを出せました!ありがとうございました!!

15:35 230W 176bpm

妻と合流して、T辺さんともお話をさせていただき、めちゃくちゃ勉強になるなぁ(盗み聞き含む)。

そして、本日人生初体験。

e-MTBに試乗させていただきました。

Img_1271

ペダルと履いてる靴の相性が悪く、足が安定しなかったので、アシストを弱めにしましたが、それでもグングン進みます。

こりゃ、面白い。

欲しくなりますね…。

晩御飯は

生ハムサラダと

Img_1275

大好きなカレーを作っていもらいました!

Img_1277

美味しくペロリ。

いつもありがとうございます!!

| | コメント (0)

2020年1月30日

29日はフルレスト。

二日連続でAlpe du Zwiftやったこともあり、疲労が少したまってたことと、仕事のストレスで。

Img_1250

美味しい晩御飯を作ってもらって回復!

ありがとうございます。

30日は健康診断を受けてきました。

特に異常はなさそうですが、若干血圧高い。家系的に血圧が高いことと、ストレスが大きな要因でしょうか。あとは塩分の摂取を気をつけようと。

今日もAlpe du Zwift

4倍を狙いますが、序盤はいいとして後半になると心拍数がいっぱいいっぱいに。

弱い領域が見えてきて、こりゃいいトレーニングになりそうだなと、一応自己ベストは更新。

54分205Wほど。

合計で888kJ

40分切るような人たちもいるようですが、どういうことなんでしょうね(笑)。

まずは220Wくらいを狙っていきたいです。

帰りに最近新潟の自転車乗りのごくごく一部で話題の(それを話題というのか)ナチュレ片山に寄ってきました。

Img_1252

ビールを仕入れて、

Img_1251

お正月のディズニー旅行の時に知った、オレンジワインを見つけたので購入。

Img_1256

最近は赤ワインを色々と飲んでみたいなと。

| | コメント (0)

1月28日

朝珍しく起きられましたので、Zwiftです。

これで朝練の習慣がつけばいいなと。

昨日やって楽しかったAlpe du Zwiftのコースで。

760kJ

新記録出してやるぞ!(たいしたことないですが)といき込んでみましたが、疲れか栄養不足かで後半大失速。

まぁ、そんなもんですぼちぼちいきましょう。

ヒルクライム得意だと思ってたので、一体パワー出し続けることが得意だと思っていたのですが、実はどうやら私は一定パワーを保つことがとても苦手のようです。

ヒルクライムでも軽いだけと怠けるのが得意なだけだったみたいです(汗)

鍛え直します。

朝練時から思ってたのですが、どうも体調がすぐれません。はっきりとした症状があるわけではないのですが。そういえばここ最近ずっとそんな感じです。

これが普通なのかもしれません。

晩御飯は

Img_1247

野菜鍋たっぷりのレモン鍋でした。

美味しくペロリ。

ごちそうさまでした!

| | コメント (0)

2020年1月27日

MTBのトレーニングはとても楽しいですが、フィジカルのトレーニングとして、それだけでは不足してしまいます。

というわけで、ロードでのベーストレーニングがとても重要になるのですが、冬はどうしてもねーと言うことでZwiftやっております。

なんとかかんとかレベル12まで上がったので、Alpe du Zwiftと言う、Alpe d'Huezと言う有名な登りを模したコースに入れるようになりました。

12kmほどで1000mほど登る、とても素晴らしいコース。予想以上で、しばらくここに篭ることになりそうです。

タイムは48分弱ですが、ここからいきましょう。

799kJ

そういえば、ZWIFTがSTRAVAに反映されなくなってしまいました。なぜでしょう。そのうち調べてみます。

晩御飯は

Img_1244

ちらし寿司でした。

美味しくペロリ。

ありがとうございます!!

ゆるゆる続けていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月25,26日 角田浜トレイル練#2 GSCトレイル練#1

仕事の山場を乗り越えて、結果待ちではありますが、ひとまず落ち着きました。

低空飛行ながらも、また続けていきたいと思います。

25日は久しぶりのライドということで、角田浜トレイルリハビリライド。

Img_1200

スーパーロングを1周だけ割と真面目に走って

16:29 175bpm 206W

タイムの割に、心拍数が高すぎるのと平均パワーも高いです。

ここからまた上げていかないとです。

その他は色々試しながら乗って、973kJ

お仕事ひと段落お疲れ様会を妻に開いていただいて、

Img_1201

Img_1204

Img_1205

美味しい料理をいっぱいご馳走になりました!

26日はGSCトレイルへ。

この時期に走れるなんて奇跡のようです。

Img_1227

Img_1230

パンプトラックで新たな気づきがあったり。

こういう練習をすると、角田浜トレイルでもはるかに楽に走ることができるようになります。

Img_1243

帰ってきてからぷしゅ。

ご飯を作っていただきました!

美味しくペロリ!

ごちそうさまでした!!

| | コメント (0)

1月17日

朝早起きして仕事。

自転車だとここしは楽は起きれなかったのに、仕事なら起きれる。なんだか複雑な気分。

そこから出勤して仕事終わり。

比較的早く帰れたので、晩御飯ができるまでの時間をもらってZwiftレベル上げローラー。

ご飯ができるかもう少しでレベルが上がりそうだったので、レベルが上がるところまで。

16分くらい乗って185kJ。

はじめはZ2で最後はZ5まで上げて。

昔56さんが仕事が忙しかった時なのだろうか、すごく短時間でしかも強度も低いローラーを続けているようなブログを読んだことがある気がします。

トレーニング的な効果はほとんどないと思います。でもなぜ乗ってるんだろうか?と思っていましたが、少しだけ分かった気がします。

私は「目的を持って自転車に乗る」ということを目標に掲げていたのですが、それは逆に考えると「トレーニング効果が望めないなら乗らない」ということにつながってしまい、自転車に乗らない理由を作ってしまう、乗らなくなって悪循環になる、自転車が楽しくなくなるということにつながっていたのだと思います。

人のタイプにもよると思うのですが、私の場合「乗れてる時は目的を持って自転車に乗る」、乗れてない時は「とりあえず気が向けばなんでもいいからちょっと乗ってみれば」くらいに構えてたほうが長期で見ると良さそうです。なんかこぐの辛いなーって思うのであれば、MTBでいろんなトリックができるように遊べばいいじゃんって思えるようになったので、MTBはじめてよかったです。

そんなこんなしてる間に晩御飯を作っていてくれました!

Img_1178

美味しく食べてありがとうございます!!

明日も頑張りまっしょい!

| | コメント (0)

1月16日

ノーライド。

朝起きなかったのが全てでした。

帰ってからちょっとでも乗ろうかとか考えていましたが甘かったです。

仕事がいよいよ山場。

睡眠時間や精神的なものを考えると、これから自転車に乗るのはしばらく厳しそうです。

隙あって乗る気が起きれば乗ります。

Img_1175

だいぶ遅くなってしまったのに妻が待っていてくれて、ご飯を作っていてくれました!

本当にありがたいです。

ビールを少しだけ飲んでリラックス。

明日のために就寝しました。

| | コメント (0)

1月15日

今日は起きることができたのでZWIFTレベル上げローラー30分。

Z3をメインだけど、登りを使ってZ4で10分くらい。

なかなかレベル11から抜け出せない…。

調子自体は悪くないけど、乗る絶対量が落ちてることからなんとなく全体に落ちてる印象。

帰ってきてから

Img_1172

晩御飯を作ってくれる妻。

ありがとうございます。

今日もお酒を飲んで、量は少なめ。

早めに寝て回復回復。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧