« 来々シリーズ第9戦 角田浜トレイル練 #27 | トップページ | TNI LiteFly カーボンサドル 製品レビュー »

週刊 NISSAN GT-R NISMO 28・29・30・31・32・33・34・35巻

すごく久しぶりの記事ですが、組み立てたのは4月30日です…。

まずはその時に組み立てた、3月4月分を記事にします。

Img_6292

28巻

運転席側のシートを組み立てていく回となります。

勝手知ったるものなので

Img_6293

サクッと座面を。

Img_6295

定点観測的に。

Img_6296

29号は背もたれを作りシートとして完成させます。

Img_6297

座面赤は派手ですね。

Img_6299

定点観測的に。

Img_6300

30巻は

Img_6302

リアフロアパネルを作っていきます。

地味な行程ですが、組みあがってしまうとなかなか見ることのできない部分を組み立てるというのも模型作りの醍醐味です。

Img_6304

定点観測的に。

Img_6305

31巻は

Img_6307

フロアパネル前側と後ろ側を連結させる行程です。

ダイキャスト製でかなりずっしりします。

強度がいる部分ですからね。

Img_6308

定点観測的に。

Img_6309

32巻は

Img_6310

フロアアンダーパネルに細かい部品を追加していく回です。

地味な作業ですが(以下略

Img_6311

定点観測的に。

Img_6312

33 巻も

Img_6313

フロアパネルに色々と組み合わせていきます。

燃料タンクですね。

燃料タンクなんて実車ではなかなかじっくり見る機会なんてないので模型ならではの楽しみです。

Img_6315

リアのサブフレームと組み合わせると、様になりますね。

サブフレームの構造や連結ぶ、リンクの角度等からサスペンション設計の思想を探るのも楽しいです。

しかし気になる点が…。

Img_6316

定点観測的に。

Img_6317

34巻は

Img_6318

ドライブシャフトを組み込んでいきます。

GT-Rはトランスアクスルミッションの4輪駆動なので、エンジンから後ろにあるトランスミッションへ動力を送るシャフトと、トランスミッションからフロントのトランスファーへ動力を送るシャフト2本があります。

わざわざそうしてまで重いトランスミッションを後ろに持ってきたかったんですね。

Img_6319

定点観測的に。

Img_6320

35巻は

Img_6321

各種オイルラインをアンダーパネルに組み込んでいきます。

精細感が上がってきていい感じです。

Img_6322

定点観測的に。

下回りの組み立てが続いているので、あまり変化が感じられないですね。

ここで気になるのはやはり33巻での気になる点。

実は、左右でバネの長さが違って車高が一定にならないです。

パーツを無くしたり間違えたりしてないと思うので、もしかしたら最初から入っていたパーツが違ってしまっていたのかもしれないです。

問い合わせしてみなきゃなと思いつつ、まだしておりません。

それもしなきゃでしたね。

検索しても私と同じ不具合を抱えてる人はどうもいないようなので、私の勘違いかもしれないです。

しかし検索すると実車同様にパーツを塗り分けてる方やフロアカーペットを作ってる方等すごいですね!

ちょっと見習えないですが、そういった楽しみ方もいいですね!

|

« 来々シリーズ第9戦 角田浜トレイル練 #27 | トップページ | TNI LiteFly カーボンサドル 製品レビュー »

週刊NISSAN GT-R NISMOを作る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来々シリーズ第9戦 角田浜トレイル練 #27 | トップページ | TNI LiteFly カーボンサドル 製品レビュー »