« 180000km | トップページ | 第11回枝折峠ヒルクライムinうおぬま の ススメ その1 »

25Cはどんなものなんでしょう?

近年流行に流行っている事の一つに、タイヤを太くする事があります。

一昔前までは「わりと太めだね」なんて言われていた23mm幅でも、最近では狭い方に。

25mmがスタンダードで、下手すればそれ以上の幅を使っているなんて事も珍しくなくなりました。

プロのレースでも。

幅を広くする理由はただ一つ。

タイヤの転がり抵抗の削減です。

タイヤの転がり抵抗を決定する事項に、真円度、変形による損失、路面との摩擦抵抗があります。

この中で、タイヤを太くする事により影響されるのが”変形による損失”です。

と、そんな事はどうでも良いのですが、屁理屈大好き人間としては、太いタイヤは気になる存在でした。

今まで試さなかった理由も、屁理屈なんです。

タイヤを太くするデメリットは、重くなる、空気抵抗が悪化する、直径が大きくなる事により、加速がもっさりする(可能性がある)ってのが気になってました。フレームによってはタイヤが干渉しちゃうかもって言うのもありましたが、私の自転車では大丈夫なようです。

特に、重くなると言うところが、体重の無い(そしてパワーも)には気になっていました。

で、私の知人が「タイヤを交換したい!」と言う事でしたので、これは良い実験の機会だ!と言う事で、25mm幅のタイヤを試してみる事にしました。

今回タイヤを交換する理由に「経年劣化が気になる」と言う事がありましたので、一気に気になる物を全部交換する事にしました。

Img_9595

タイヤ2本、リムフラップ(2本セット)、チューブ2本、重量計測用の秤(謎)を準備しました。

知人の自転車は、型落ちを購入してから1年くらい立っていますので、計2年くらいはタイヤが装着されてから立っている事になります。

まだ、全然トレッドにゴムは残っていましたが、ひび割れがかなり進行していました。

一般には、「1年に1回位はタイヤは交換してください」って事が言われてますが、さすがにこれは「タイヤメーカーの陰謀」な気もします。

が、タイヤは安全にも関わりますし、タイヤを変えると違いがはっきり分かりますので、気分転換&トレーニングのモチベーション向上に良いかもしれないので、1年に1回くらいは交換してあげても良いのかなとも思います。

それはおいておいて、早速重量計測タイムです(謎)。

Img_9599

タイヤは、かなり悩みましたが、ミシュランのPRO4ServiceCourseの25mmです。

Img_9601

222gと224.4gですね。

Img_9600

箱の表記通りです(棒)。

Img_9596

チューブはMAXXISのフライウェイトチューブです。

Img_9597

バルブ長は40mmで、キャップとナット無しで50.9gと51.3g。キャップとナットを入れても袋に表記されている53gを下回ります。

このチューブ、私も以前から好きで使っていたのですが、重量が大きくオーバーする事はありませんでした。

薄いからと言って、パンクしやすいと言う印象もありません。

作業時のエラーを拾いやすいと言うのはあるかもしれないです。

Img_9602

リムフラップは前後で28.9gでした。

では、外した以前装着されていたものの重量は…、

Img_9606

タイヤはVittoriaのザフィーロスリック(スチールビート)23cです。

Img_9605

358gと345.5g

Img_9603

チューブは、一つしか測っていないのですが、64.7gでした。MAXXISの物が使われていました。

Img_9608

リムフラップは前後で30.4g。

新しくした物の合計が577.5g
今まで装着されていた物の合計が863.3g

と言う事は、タイヤとチューブ一式を交換しただけで、なんと285.8gも軽量化出来ました。

むふふ。

20万程度の完成車ですと、タイヤのグレードがかなり低い物が入っていますので、タイヤを25mmにする事の重量的デメリットは出ませんでした(と言うよりむしろ軽くなった)。

では、同じ銘柄で太さが違うのとどの位違うのか?と言うのは、以前私が組んだ中に、偶然同じPRO4の23mmが偶然(←大切なのでもう一度言います)ありましたのでこちらに→https://hmaru8020.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-9969.html

1本あたり20gくらいは重くなってしまうようです。重量比較が出来るように、PRO4を選んだ訳ではないですよ。

タイヤの20gは大きい…。

と思いながらも、大切なのは実際に乗った感じがどうなのか?
ですが…組付けの確認で乗った程度なので、正直分からないです(←なんじゃそりゃ!)。

ただ、ミシュランの新品タイヤ特有の、小石が張り付いて、跳ね飛ぶ事は25Cでも確認出来ました(←太さに関係ない)。

ミシュランお家芸の”凄いスピードで劣化する”って事は未確認です(←これも太さに関係ない)。

自分の自転車ではないですし、少ししか乗っていないので何とも言えないですが、乗った感じではとても印象が良かったです。

具体的には、重さはほとんど感じなかったですし、もっさり感も無いですし、確かに転がりが良い”気”がしました。グリップや登りでどんな感じなのかは分かりません。

今までの経験では、細いタイヤは道の質や空気圧に転がり抵抗が凄く影響される気がしましたが、太いタイヤはわりとその辺りがルーズで扱いやすい印象がありました。

特に、道が荒れれば荒れる程、太いタイヤの方が転がりが良い気がします。

これは、直径が大きくなると言う事と空気圧を下げれると言う事も影響しているかもしれないです。

ちょいのりでしたが、太いタイヤに興味を持つには十分な感触がえられました。

次自分のタイヤを買う時は、25mm幅の物を選択してみようかなと思います。

私の体重ですと、前23mmで後ろ25mmとかにしたら面白そうだなとも思ってますので、いろいろ試してみたいと思います。

|

« 180000km | トップページ | 第11回枝折峠ヒルクライムinうおぬま の ススメ その1 »

タイヤの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25Cはどんなものなんでしょう?:

« 180000km | トップページ | 第11回枝折峠ヒルクライムinうおぬま の ススメ その1 »