« 復活(復旧)しました | トップページ | 鹿注意報発令中 »

SPEEDPLAY ZERO ステンレスの50mmシャフトが定番商品になったそうです

SPEED PLAY ZEROというペダル。

私が使いだした2年ちょっと前は、変わり者が使うペダルみたいな感じだったが、現在ではすっかり主流のペダルの一つになっている。

レースでも大活躍で、ツールでスピードプレイ以外のペダルが総合優勝したのはいつだったっけ?ってくらいになっている。

あの機材オタクのウィギンスがこっそり(?)使用してるらしいし、まぁ優れたペダルシステムなんだろうなと思う。

で、何故か?チタンシャフトモデルだけが50mmのシャフトで、ステンレスモデルとクロモリモデルは53mmシャフトだった。

「Qファクターを狭くしたいから、ペダルシャフトが短いのは助かるが、そのためだけに倍近い金額を払うのもなぁ…」

というユーザーの要望に応えたのがステンレスの50mmモデル。

限定で発売されたのだが、反響が大きかったらしく、定番商品になったらしい。

詳しくは、こちら→http://www.jpsg.co.jp/2012/02/speedplay_news_117.php

Qファクターに関しては、広い方が安定するとか、狭い方が効率が良いとかいろいろ議論があるみたいだが、小さくしたい人が結構いるんだろうな。

凄く良いペダル(おまけに大好き)なのだが、人にお勧め出来るかというと、微妙

良くも悪くも癖がある。調節範囲が広いという事は、逆に言うと、セッティングが煩雑。手入れもしっかりした方が良い。

いろいろ考えて、私が人に勧めているのはSPD-SLです。

|

« 復活(復旧)しました | トップページ | 鹿注意報発令中 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPEEDPLAY ZERO ステンレスの50mmシャフトが定番商品になったそうです:

« 復活(復旧)しました | トップページ | 鹿注意報発令中 »