« 機材調整河原練ミドルからの角中二郎系うどん | トップページ | レスト 久々の吉相のラーメン »

日本一コースが短いヒルクライム大会 田上町ヒルクライム大会2019 第3戦 に参加してきました! 週のまとめと今週の目標

10月6日

田上町ヒルクライム大会2019 第3戦 チャンピオン5位 98kJ

今週合計 3460kJ

本日は田上町ヒルクライム大会2019 第3戦に参加してまいりました!

Img_9415

田上町ヒルクライム大会は、非常に特徴ある大会です。

まず、コースが日本一短い!

コースはなんと約180m!

え?18kmとかの間違えではなくて??

はい、本当に180mくらいなんです。

ただし、平均斜度は8%くらいとそこそこ急です。

そしてもう一つ特徴的なのは、ポイントレースということです。

そう、順位によって振り分けられるポイントが重要で、タイムは関係ない。

これが面白いレースです。

このコースをクラスによって本数が違いますが、複数回走りその合計ポイントが高い順に順位がつきます。

つまり、タイムではなく着順を競うレースとなり、複数本走るレースでは牽制や着順の駆け引きが意外と重要になったりもします。

しかもシリーズ戦で年間タイトルまであります。

興味出ませんか?

こちらが公式ページです→http://shusui.tagami-gtj.com

今年のレースは終わってしまいましたが、来年も開催予定はあるとのことなので、興味ある方は是非!

それではレースレポートです。

準備等:

朝は5時半起床。

外は雨が降っています。

準備しレース会場へ。

会場に向かう車内で朝ごはん、リンゴのデニッシュとチョコクリームのサンドパン、ホットコーヒー。

会場到着も雨が降っています。

アップオイルはベリーホット、レンジェルを上半身に塗ります。

これは、短時間でのインターバル決戦になるのでインターバル間に少しでも身体を冷やさないという目的もあります。

開会式が始まる頃には雨が止んできます。

試走:

受付にてMTBでの出走OKということで一安心。

コースは180mほどと短いですが、微妙にカーブがあり、また路面状況が場所によって違います。位置取りも重要でしょうか。

コースは思ったより綺麗な路面でした。これが誤算その1。

機材:

Img_9431

Cannondale F-SI Hi-MOD CARBON Tuned by 佐々木輪店

タイヤF/R Shwalbe Racing Ray 29×2.25 3.0Bar/Shwalbe Rocket Ron 29×2.25 3.2Bar

チェーンルブはWAKO'Sチェーンルブ

サスペンション空気圧85psi ダンパーは伸び推奨より2段階柔らかく、縮みは1段階柔らかく

シューズはLAKE MX332

ヘルメットはOGK Aero R1

ウェアはValetteのワンピアンダーウェアなし

特記事項としては、サグ量の見直しを行い、フロントフォークの空気圧を大幅に下げたこと。適正なサグ量を得ました。ただ、このレースではずっとロックアウトしていましたが…。

今回MTBで出場した理由を書きます。

理由の一つは、コースが180mと非常に短く、ダッシュ勝負になることから、MTBのスタート後の位置取り合戦が苦手な私がそれの練習としてMTBでダッシュする練習をしたかったのが一つあります。

これは、MTBを積極的に選んだ理由ではないのですが、今回ひょっとしたらMTBの方が有利なんじゃないかと思ったが次の理由です。

ダッシュ力ならMTBの方がロードバイクよりも上ではないかと。

短い急な登りをこなすことが多いMTBのXCレースでは加速力が重要になりますので、XCのフレーム、特にハードテイルのものは加速性を重視した設計になっています。

よって短い急な登りなら場合によってはMTBの方が有利では?と思ったのですが、MTBが有利になるにはもっと急でもっと短くないとダメそうです…。

そして、天候も理由の一つです。前日温帯低気圧により非常に強風が吹き荒れていました。

小さなヒルクライムレースのコースはきっと細くて荒れた路面だろう(偏見)。しかもそこに前前日の悪天候が加わればコースコンディションはひどいにちがいない(偏見)。もしかしたら泥や落ち葉でスリッピーかも(偏見)。その場合、MTBの方がトラクションが稼げていいのではないだろうか?と目論みました。

しかし、残念ながらと言うか、コースはきっちり2車線対面の比較的広い道で、アスファルト舗装も綺麗。しかも事前にホウキで路面を清掃してあり、前前日の悪天候の影響などまるでない綺麗な路面!ありがとうございます!!とともに、目論み外れました。外れましたよ…。

レースの全体のレポートはこちら→https://medicalcyclist.com/338.html

こちら→https://ameblo.jp/stitchdarake/entry-12533407610.html

のレポートを読んでいただくとして(手抜き)、私のブログは自分のことのみにフォーカスします(え)。

チャンピオンクラスは5本勝負です。

ライバルの実力は未知数ですが、基本的に私の得意なコースプロファイルではありません。

Img_1194
Photo by Yuko

ということは、1位狙いは無理で、地道にポイントを稼いでいこうと。

圧倒的優勝候補はMGWさん。

Img_1193
Photo by Yuko

天気が良ければ自走で来る予定でしたが、雨だったので車で来ちゃいましたね。自走で事前に200kmくらいはしっておいて欲しかったです。前日TNNさんとトレーニングしちゃって脚終わりましたと三味線を弾いていました。

1本目 5位 0pt Ave599W Max796W Ave90rpm
2本目 5位 0pt Ave329W Max847W Ave54rpm
3本目 3位 2pt Ave378W Max787W Ave69rpm
4本目 4位 1pt Ave366W Max755W Ave71rpm
5本目 3位 2pt Ave341W Max713W Ave68rpm
(記憶曖昧なので間違ってたらゴメンなさい)

結果:チャンピオンクラス5位(5pt)

1本目はコース習熟とラップボタンを押す、行けそうなら行く、行けなそうなら温存するという作戦で。

Img_1187
Photo by Yuko

結果として全然行けなかったので、後半は抜いて温存。5本を同じくらいのペースで揃えて他の人が垂れたらあわよくばトップを。

2本目はラップボタンを押す必要がないので、スタートから全開で。レースは最初の10mくらいがローリングスタートで隊列が整ったら笛を合図にスタートする方式ですが、スタートで遅れると、まず取り返せません。最初のひと踏み目がすごく重要です。

スタートの笛と同時に踏み込みますが、トラクションが逃げます。ブロックタイヤはアスファルトではグリップがロードバイクのタイヤに対して低く、空転して出遅れてしまいます。

今度は少し粘ってみますが、順位変わらず5位。

3本目は一段重いギアでスタートしてみます。空転は抑えられましたが、やはり踏み込むとブロックの変形分滑る感じが出てしまうのと、速度が伸びず。しかしポイントを獲得することができました。

Img_1196
Photo by Yuko

4本目も同じ作戦にしますが、そろそろ足が…。

5本目は根性で…。

Img_1203
Photo by Yuko

1本ぐらいはトップ取れるかなという甘い考えはまったく通用せず…。

2本目以降は全部MGWさんがトップ。圧勝です。
WTBさんも安定した強さが印象的でした。
1本目命!のNGOさん、ポイントレースの醍醐味で私の方が先着が多かったのに結果は私の負けです。
SNEさんはシュースイの意地で3位。敵いませんでした。
主催者のZYZさんは年間総合をさらっていきました。みんなを見送るだけだよと言っておきながらの機材の本気度に関しては上のブログでご確認ください。

しかし、実力的にトップ勢にかなわないと考えて一か八かのMTB出場。非常に興味深いものでしたし、必要なトレーニングについても見えてきました。

ラップはGPSの場所によるもので2ラップ目以降は計測ですので、かなり誤差があると思います。だいたい23秒くらいのコースでした。

これを見ると、1本目は流したつもりでも一番平均で出力が出てます。

Maxパワーは実は2本目で計測されていて、スタートにかけたことがわかります。

それ以降は緩やかにMaxパワーは下がってます。

この領域のトレーニングの仕方が見えてきた気がします。まさにこれをやればいいのだと。

最初は上り坂を使って分かりやすく。慣れてきたら平坦やローラーでも追い込めるようになればいいなと。

5位という(ちなみに6位は主催者なので、まぁ、あれです。配慮していただいたというか実質ビリです)残念な結果でしたが、もしロードバイクで出場していたら結果が変わっていたかというと、それはなさそうかなと。

この領域の力の出し方をもっと効率化していかないといけなそうです。

チャンピオンクラスは定員6名ですが、なんと6位まで表彰してもらえます!

Img_1241
Photo by Yuko

素直に嬉しいです!!

ありがとうございます。

手作りの大会でしたが、運営が非常にしっかりしており、また参加したいと思える大会でした!

ありがとうございます!!

さて、午後からはバンク練です。

もえさんの紹介で阿部商店さんへ初来店!

Img_9563

こちらのお店は新潟ヒルクライムのパワーランチに毎年協力していただいているお店の一つです。

Img_1257

美味しくいただき、ごちそうさまでした!!

そして競輪場へ。

Img_1393

Img_9617

本日の目的は主に妻のTTポジション出しです。

角度調整できるステムをごにょごにょ。

Img_1294

いいポジションが出ました。

晩御飯はこがね寿司さんでお寿司をいただいて

ぷしゅ

Img_9684

大満足。

Img_9685

週のまとめです。

9月30日〜10月6日

30日 レスト 0kJ
1日 ジテツウミドル+ロング=462+410=1072kJ
2日 ジテツウミドル+ジテツウロング=440+630=1070kJ
3日 ジテツウロング 594kJ
4日 レスト 0kJ
5日 河原練ミドル 606kJ
6日 田上町ヒルクライム大会2019 第3戦 チャンピオン5位 98kJ

一週間合計:3460kJ
1日平均:494kJ

ほぼ目標通りでした。

無酸素領域のトレーニングもできてバリエーション的にもいい感じです。

しかし、LTパワーを200Wと設定してのジテツウは心拍的には適正くらいでもかなり身体に負荷がかかっているようです。

これを続けて順応出来ればもう一段階上に行ける。

頑張りマッス。

ですが、9月は自分でもかなり無理した月でした。それの疲労と、主要レースを終えて精神的にホッとしたこともあり、プチドボンぽくなってます。

主に精神面が大きいのですが、ここで大ドボンにしてはいけません。

なので、今週の目標は週3000kJと落とします。

ジテツウ時のLTパワーは引き続き200Wで。

一番はライドするときにとにかく楽しむことです。

無理には乗らず、ですが目的は持って強度は保ち、そして楽しむ!

そんな週にしたいと思います。

|

« 機材調整河原練ミドルからの角中二郎系うどん | トップページ | レスト 久々の吉相のラーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

フィッティングの迷宮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 機材調整河原練ミドルからの角中二郎系うどん | トップページ | レスト 久々の吉相のラーメン »