« 朝機材チェックのみ | トップページ | アクティブレスト3本ローラー1h 肉の日 »

佐渡金山ヒルクライム2017 に 参加してきました

10月28日

今年も佐渡金山ヒルクライムに参加してまいりました!
それではレースレポート&参戦記を。

前日まで
シーズンオフで緩みまくっておりますが、まぁそれでもなんとか調整だけでも。
月曜日より禁酒を行い、減量メインのトレーニングを。
テーパリングはそれほど意識せず。
体重計には怖くて乗れませんが、おそらく52〜53㎏くらいかと。
一瞬風邪をひきかけましたが持ち直して体調は良好。

当日レース前
ヒルクライムレースとしては異例の午後スタート。
食事や気持ちの持っていきかたがよくわかりません。
朝イチのフェリーに乗るため起床は4時。
佐渡汽船に向かいがてらコンビニおにぎりを二個。



行ってきます。

そう言えば自動乗車券発行機が出来ていて



ネット予約してある場合乗船手続きが非常に簡便になりました!

プチ贅沢の一等椅子席



朝日とともに出港です



最近面白いサービスを行っているようです。



私は勇気なく出来ませんでした。

船内の売店で



以前から欲しかった婦人倶楽部のCDを発見。



もちろん2枚とも購入です。

2時間半の快適な船旅で佐渡ヶ島に到着。

受付開始まで時間があるので少し観光を。



紅葉の始まった佐渡朱鷺保護センターへ。



魂は入っていませんでした。



は…はい…。



以前来た時よりも大分朱鷺が増えていました。



お食事風景の観察を。



ネーミング適当すぎ問題



とりあえずダジャレを言っておけば良い雰囲気。



続いて母方の実家の方の小木でたらい舟を眺めます。
乗らないのかよと言うツッコミもあろうかと思いますが、レース前に余分な体力を使わないようにと言う意識高めな行為です(理由後付け)。



その後はシマフウミへ。



カマキリさんに出迎えてもらいました。

相変わらず素敵な景色



ポンプも置いてありました



流れで(謎)逸見酒造さんに行き



お酒を購入。

会場入りします。

今回はオータムライドと言うロングライドイベントが日曜日にあり、ヒルクライムと併催される感じです。

受付会場を探します。



言いたいことはなんとなく伝わりません。



おそらくここであっていると思うのですが、自信がありません。



ずらっと並ぶ景品類。
ここで合っていたようです。

皆これを狙っています(違う)



無事受付を済ますとそこには衝撃が。



斬新です。むしろ、ツイッターアカウント名を記載すれば分かりやすいのでは(謎)。

11時にみたらし団子3本。1時にアミノバイタルパーフェクトエナジーを一袋、1時半にスーパーヴァーム、1時45分にメイタンCCC200を一袋。

上下エアロタイプのチームジャージ(洗濯で縮んだのかきつかったです(太ったのではないかと言う可能性については今後前向きに検討したいと考えております))、アンダーウェアなし、アソスシャモアクリーム、アップオイルはノーマル、ヒルクライム用軽いヘルメットとサングラス、ヒルクライムレース用シューズ(なんとか入りました)。

機材はいつものヒルクラ決戦機で。

アップもいつもの通り無しで。

目標・作戦

目標は、安全に無事完走と年齢別でもいいので入賞。
タイムは1時間切りは最低限で。出来れば昨年より早く。
作戦は、可能な限り前の方でついていけるところまでついて行き粘る。

レースレポート
総合4位 49:50 +2:55

マークすべきは勿論三味線ブラザーズ兄の変態さんと優勝候補の地元Sさきさん、恐らくますらおさんと思われる方でしょうか。
スタートは最前列に陣取ります。

スタートはクリートキャッチミスもなくとりあえず先頭に。
最初から10%の坂なので、あまりあげずに軽くクリアしたいところですが、ここでわたさんと思われる方がアタックします。

少し間が空きますが、誰も追わないのでブリッジします。
が、この時急斜面での脚の感覚が良くないことに気づきます。
あ、これ今日ダメな日だと思いましたが、逃すのは嫌なので、踏まないように注意してごまかしながら緩やかに追いつきます。
緩斜面に入って少し楽しようかなと思ったら、やっぱりSさきさんが前に出ます。
チェックしますがかなりいいペースです。
ここで絞らなくても、ゲート越えれば集団は崩壊するので、あんまりペース上がるの今の調子的にやだなと思って前に出てペースを落とそうとすると、すかさずSさきさんが前に出てきてペースを上げてしまいます。
かなり脚はきついのですが、金山観光施設前を過ぎてなんとかゲートを超えます。
ここからが本番です。

激坂で全く上がれません。
パワーは出てる感覚はあるので、純粋に体重が重いんだと思います。
Sさきさんのラインどりはさすが走りこんでるだけあって見事です。
すぐに、Sさきさん、私、変態さん、Sださんの4人に絞られます。
しばらくすると、Sださんが遅れます。
5km過ぎでしょうか。
私も限界を迎えてしまいます。
このままいくと完走が危うくなるなと思い、ここで優勝を諦めてしまいました。
あとはペース走です。
一旦脚と心拍を落ち着かせるために休みます。
電波塔が見えてくるあたりでSださんに抜かれてしまいますが、無い物はないので見送ります。
電波塔を過ぎて1つ目の下り。
安全にこなして登り返しへ。
じわじわと離れてしまうと共に、後ろからの気配を感じます。
前は追えそうもないので、後ろを見ながら間隔を保てる程度には回復しました。
あとは淡々と走ってゴール。
単純に自分の弱い部分が露呈し、悔しいやら情けないやら…。

反省点と課題

やはり体重が重過ぎたと言うところだと思います。
体重が重くてもどうにかなるパワーを付けることが課題です。と言うか、パワーをつけない限りはこれ以上は望めないのでなんとかしたいところです。
それとは別に、勝負に対する心構えとか気力というか、取り組み方自体を見直さないとという気持ちになりました。

レース後

ゴール地点での語らいはレースで最も楽しいひと時です。
変態さん流石です。



一応私が保持していたコースレコードも、あっさりと、そして大幅に更新されてしまいました…。

Sさきさんのレースメイクにより、私は砕け散りました(汗)。
悔しいので盗撮です。



そう言えば、私が優勝した時も先導車と一悶着あったことを思い出しました。

このコースの下りはヒルクラレースの中ではかなりテクニカルかつ高速です。先導車もかなり攻めないと自転車が追いついてしまいます。
この辺は安全との兼ね合いで難しいところかとは思います。

そしてそして佐渡の皆さんありがとうございます。

DTさんのax



推定ますらおさんのax



目の保養になりました。

妻も無事ゴール



女子2位!

女子は出走5人中完走は3人。
サバイバルレースで生き残ったご褒美です。

いつもお世話になってるショップの方カップルも無事ゴールされていました!
彼女さんは女子優勝!
おめでとうございます!

下山時に機材トラブルの方を見つけますが、救助できそうになかったので下山後運営に伝えますと伝言し無事下山。
運営に伝えましたが大丈夫だったか気になります。

下山したらすぐ表彰式。
帰りのフェリーの時間が迫ってましたので、バタバタと準備して無事フェリーに間に合いました。

晩御飯はフェリーで



私は蕎麦



蕎麦の太さが違う手打ち風?蕎麦。ボソボソとした食感の田舎風蕎麦。

妻は佐渡の形したご飯のカツカレー



今回も



プチ贅沢

今回も



勇気なく…。

インスタ映え



船旅を楽しみ、無事帰宅。
日帰り弾丸ツアーでした。

家について反省会開始。



これは新潟のクラフトビールでもかなりレアな逸品。
ワイナリーのカーブドッジのまき小屋のピルスナーです。

スッキリとした味わい。



2杯目はベルギーDuvelのトリプルホップ。ホップの香りが際立ちますが少し酸味がわたしにはきつかったです。

佐渡のレアチーズケーキに合わせますは



これまたベルギーのVedettエクストラブロンドです。
キリッとした苦味が意外やチーズケーキにあいます。



このチーズケーキは大好きで、佐渡に行くたびに購入しています。

そんなこんなで大満足な佐渡金山ヒルクライムでした。



運営の皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございました!

来年も是非参加したいと思います!

|

« 朝機材チェックのみ | トップページ | アクティブレスト3本ローラー1h 肉の日 »

参戦記」カテゴリの記事

佐渡金山ヒルクライムのススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡金山ヒルクライム2017 に 参加してきました:

« 朝機材チェックのみ | トップページ | アクティブレスト3本ローラー1h 肉の日 »