« 第21回 JBCF 栂池高原ヒルクライム に 参加してきました | トップページ | 大もんけっけ の 試走に行ってきました »

BRIDGESTONE EXTENZA R1X

車の世界では知らない人がいないくらいのブリヂストンですが、スポーツ用自転車のタイヤは意外と?今までラインナップがありませんでした。

ミシュランやコンチネンタルがスポーツ用自転車のタイヤを出して、名声を得ているのとは対照的です。

そんなブリヂストンですが、スポーツ用自転車タイヤのブランドとしてEXTENZAを立ち上げ、スポーツ自転車業界にも参戦してきました。

今回購入したR1Xは第二世代にあたります。

Img_8748

値段はライバルを研究した戦略的な値段だと思います。

Img_8749

ふむふむ。

Img_8751

ほほー。

さてこのタイヤですが、レースでの使用を前提としたオールラウンドタイヤです。

一番バランスに優れた、タイヤとしてまずこれを選んでおけば何にも困らないと言う種類です。

今回は、練習用件レースでもなんかあったら使う(何じゃそりゃ)ようとして、25mm幅のものを購入してみました。

まずは、重量です。

Img_8752_2

185.8gと

Img_8753

187.3g。

カタログスペックが190g(25c)であることを考えると、非常に優秀です。

素晴らしいです。

25mm幅でこの重量ですと、25mmタイヤにおける重量増の懸念はそれほど気にしなくていいのかなと最近思っています。

まだ記事にはしていませんが、手持ちのミシュランのPOWER COMPETITIONが実測205.7gと204.9gであったことを考えると、重量的には明らかにエクステンザの方が勝っています。

Img_8754

裏返すとケーシングはこんな雰囲気です。

材料は必要最小限、ペラッペラです。

転がり抵抗を抑えるにはいい手ですが、耐パンク性では不安があります。

Img_8755

これは、カンパニョーロのシャマルウルトラC17に装着して、約7bar入れた時のタイヤの太さです。

25.5mmほどでしょうか。

カタログスペック通りです。

はい。

あとこのタイヤ、真円が高い印象も受けます。ローラーをすると、如実に感じます。

さて、約2500kmほど走った後のインプレです。

まず心配された耐パンク性ですが、このタイヤではサイドカットや踏み抜きのパンクはまだ経験しておらず、そこそこの耐パンク性はあると思います。

結構道の悪いところや、グラベルも走ったりしてるのですが、サイドのケーシングのほつれ等もなく、今の所は大丈夫そうです。

十分日常使いが可能なタイヤのようです。

グリップや転がりに関しては、テストを行っていませんのでなんとも言えないですが、正直普段乗っている分にはなんの印象も受けません。

ということはどちらもそれなりなのだと思います。

というか、このホイールで試したことあるタイヤは、ミシュランのPOWER COMPETITIONだけなので、それとの差異になると正直自分には差がわからない感じでした。

逆に考えると、それらのタイヤと比べても遜色がないのかなと。

同銘柄で23mmのタイヤを試していないので、断定はできないですが、この重量でしたら23mmを選ぶ理由はあまりないかなと思います。

確かに25mmの方が体感的には漕ぎが重かったりもっさりしてるように感じたりもしますが、実際の転がり抵抗や空気圧の変化による許容範囲の違いを考えると、空気抵抗やリムとのマッチング以外に細いタイヤをあえて使う理由はないと私は考えています。

体重が50kgそこそこの私でも細いタイヤより太いタイヤの方がどうも良さそうです。

さて、タイヤローテーションの際に重量を計ってみました。

Img_9206

まずは後輪です。

後輪は重い方を装着していました。現在183.4gということは3.9g軽くなっていました。

その分ゴムが摩耗したのだと考えます。

前輪は

Img_9207

なんと183.4gで同じ重量でした。こちらは軽い方を装着していたので、1.4gの摩耗です。

後輪の方が2倍摩耗しているようです。

タイヤのライフ的にはまだまだ大丈夫そうです。

さて、タイヤは使用していると太ってきますが、7barほど入れた現在の状態は、

Img_9209

26mmちょいでしょうか。

あまり太らないタイヤのようです。

薄くてケーシングがしなやかなタイヤなので、ケーシングが突っ張る剛性感やパリッとした感じはありませんが、かといってアメサイドのタイヤのように潰れてグリップするような感じでもありません。

ちょうどその中間くらいで、バランスよく、グリップもわかりやすく、転がり感が強いわけでもないですが引っ張られてる感じもなく、パンクもそんなに心配しないで、抜群に軽く、非常にバランスが取れたいいタイヤだと思います。

使った感じはミシュランのタイヤにすごい近いです。

ゴムのグリップ感が少しこちらの方がドライです。

価格はエクステンザが安いと。

今の時点で唯一の不満点はなんでPOTENZAじゃないの?っていう点です。

そのピレリがP ZEROでそのブランドを生かしたんだから、それもありではなかったのかと。

EXTENZAと微妙にPOTENZAを連想させた名前にするんだったら、ミシュランやコンチのように全くべつの名前でも良かった気もします。

と、気になる点はタイヤの本質ではないところで、このタイヤ自体は非常に気に入っています。

|

« 第21回 JBCF 栂池高原ヒルクライム に 参加してきました | トップページ | 大もんけっけ の 試走に行ってきました »

機材ネタ」カテゴリの記事

タイヤの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRIDGESTONE EXTENZA R1X:

« 第21回 JBCF 栂池高原ヒルクライム に 参加してきました | トップページ | 大もんけっけ の 試走に行ってきました »