« LAKE CX402 を CSP しました | トップページ | 「ロードバイク 本音のホイール論」 を 読みました 前編 »

VOLVO S60 POLESTAR に 試乗しました

久しぶりに車ネタを。

Img_8762

お世話になっているVOLVOさんのディーラーからポールスターの試乗車が入りましたので試乗どうですか??

とのお誘いが。

もちろん、お言葉に甘えさせていただきます。

さて、試乗させていただく車は、

Img_8756

ポールスター車のイメージカラー、鮮やかなレーベルブルーのS60です。

比較するのは、現在の愛車

Img_4478

V60 T6 AWD R-DSIGN Tuned by POLESTAR

譲っていただくことになった

Img_8736

R35 GTR 2008年モデルです。

Img_8760

フロント

Img_8758

そしてリアにポールスターエンブレム。

非常にさりげないですが、アクセントになっています。

また、エアロパーツもかなり控えめで、リップスポーラーとテールスポイラーが追加された程度です。

Img_8757

外観で一目でポールスターとわかるアイテムは、この20インチのホイール(タイヤ高そう)と、ブレンボ製の6ポッド対向ブレーキキャリパーです。

ただ、ブレーキキャリパーはフロントのみがブレンボで後ろはノーマルです。

この辺は見た目的に少しアンバランスでしょうか。

ノーマルのV60に乗っていて、若干のブレーキの容量不足を感じていたこともあり、ブレーキはこっちの方がいいなという印象です。

ただし、スタッドレスタイヤに19インチを使ってとのことなので、そちらはあまり嬉しくありません…。

その辺は考慮しつつも、この外観は魅力的です。ほぼノーマルでありながら、確実にただ者ではない感を醸し出すかなり絶妙なラインです。

Img_8764

室内は、カーボンのセンターコンソロールが特徴的です。

ここが、つや消しなのが抜群のセンスです。

専用のシフトノブも、綺麗です。

シートもスウェード調で、ステッチがブルーで、ものすごく控えめながら上質で、かつスポーティーな印象です。

装備的には、この車につけることのできるオプションはすべて乗っている状態です。

私が文句をつけたいのはエンジンルーム。

Img_8759

特別感が全くありません。

Img_8761

タワーバーがカーボン製ですが、正直これは見た目のアクセントでしょう。そして、控えめすぎます。

Img_4484

ノーマルのT6エンジン(直列6気筒時代)の方がまだ見た目はいいです。

カバーに色をつけるとか、エンブレムを入れるとか、本質とは全く関係ないところですが、この辺の価格帯の車で、スペシャルモデルなのでしたら、もう少し見た目も要求したいところです。

そういった意味では、

Img_8725

GTRのエンジンルームはやはり特別感があります。

吸気系を若干いじってありますが、それを差し引いても、ただ者ではない感はあります。隠しきれない感じです。

さて、インプレです。

試乗ですので、非常に限られた条件です。

その上で言うのであれば、非常に快適な車です。

普通のVOLVOです。

VOLVOの車に共通したゆったり感と重厚さが(悪く言うとダルい感じ)がします。

確かに、サスペンションは硬いです。

かなり硬いです。

ですが、それ以外は普通です。

排気系も専用品なのですが、若干バラついた感じのする、いかにもチューンド4気筒エンジンな雰囲気ですが、音量が十分に抑えられた排気音です。

言われなければ気づかないといえば、気付かないです。

例えば、同じようなハイチューンド直列4気筒で言いますと、AMGのA45シリーズなんかですと、それこそチューンド車そのものの音量も音質もかなり下品(褒めてます)な音で、音量音質ともにポールスターは控えめです。

GOLF Rなんかに比べても静かだと思います。音質の傾向は似ていますが。

室内にいる限り、ノーマルモードですと、それほどエンジンの存在は気づきません。

また、意図的にスロットルレスポンスを遅らせるセッティングなのか、全くもって普通に運転できます。

良くできたオートマチックトランスミッションも手伝って、いたって平和です。

時々段差で伝わる振動と、太くて偏平率の低いタイヤからくる轍にハンドルをとられる感触から、あ、これポールスターだったんだと思うくらいです。

ノーマルのV60と乗り比べると明確に硬いですし、路面の状況を伝えてきます。

GTRと比べるとどうかというと、まぁこれは比較になりません。

GTRが圧倒的に劣悪な乗り心地です(笑)。

ハンドリングに関して何か言える程は乗っていないのですが、私のV60がフロントに重い直6エンジンを積んでいることもあるのですが、それに比べるとポールスターは非常にすっきりしています。

それだけではなくて、凄く正確に曲がります。

ハンドルのレスポンスがだる過ぎることもなく、過敏すぎることなく、非常に素直で遊びがない感じです。

また加重に対して非常にわかりやすく反応するので、無理に脚が突っ張っている感じもしません。

この辺は街中を低速で走っているだけでも、明確に私のV60よりもいいです。

高速で走ったり、サーキットで走ったらどうなるのだろうというのは非常に興味が湧きます。

ハンドリングでもGTRはもっと明確です。

はるかにレスポンスが良く、また想定速度域が高そうです。

正直、一般道で普通に走ってる限り、サスペンションを機能させるようなコーナリングをすることが不可能な印象を受けます。

恐ろしく正確でとても1.7トンの車と思えないような反応と遊びのなさです。

日常的な速度域だと、切ったら切った分だけゴムのたわみ感を感じさせる暇もなく、すっと水平移動します。

でも、多分正直長距離だと疲れるだろうなと(笑)。

エンジンパワーに関してですが、ポールスターはSモードに入れると、スロットルレスポンスも鋭敏になり、かなりパワフルです。

スーパーチャージャーとターボによる加給で下から上まで非常にパワフルというのが売りですが、やはりベースが2リットルなので、アクセルオフしてからアクセル踏みなおした時のトルクの付きが若干遅いです。

この辺は圧縮比を下げて高加給にするための副作用ということで、逆に気持ちを盛り上げる要素でもあります。

加給が効いてしまえばそれはもう、367馬力、48kgmのスペック通りの加速です。

日本だと高速道路への加速でも全開時間は5秒もないです。

Sモードでは排気音も勇ましくなり、室内でもスペシャルなエンジンなんだろうなという鼓動を感じます。

エンジン自体の魅力は私のV60も負けてないかなと思いました。

3リットルのターボでポールスターチューンですので、329馬力と49kgmのトルクです。

しかも物理的な排気量があるので、こちらの方があらゆるシチュエーションでトルクフルです。

また、直列6気筒ならでわの滑らかさとサウンド。

無意味に回転数を上げたくなる魅力はこちらの方が上です。

同じポールスターでも直列6気筒モデルも過去のモデルでありますので、そちらも味わってみたいです。

オートマチックトランスミッションは、私のV60は世代の古い6速ですが、これもなかなかの出来でした。

が、新世代の8速はさらにいいです。

ステップ比が小さいので非常に滑らかですし、パドルを使用した時のレスポンスもいいです。

これは、明確にいいです。

GTRですが、これは別格です。

若干チューニングしてあるので、パワーも上がっているそうなのですが、それを差し引いたとしても、別格です。

上の2車種も不必要なほどパワフルですが、GTRは暴力的です。

上の2車種はフルスロットル与えても平静を保っていられますが、GTRは無理です。

Rモードにした上で加速を行うと、あのタイヤでドライでもグリップを失いますし、それこそ前に飛ぶような加速感です。

でも、軽くすっと動くような感じではなく、重いものがものすごい力で押し出されているような感じです。

トランスミッションも非常にダイレクト感があって…。

ただ、ノーマルモードでは極低速域を除いては、(アクセルを踏み込みさえしなければ)通常のエンジンと、オートマチックトランスミッションのような感じで、身構えていたよりも普通な感じです。

また、絶対的に排気量があるので、加給がかかるまでのトルクの細さは感じません。

音と感触自体は直6の方が好きです。

GTRはマフラーも交換してることもあり、レーシングカーのような鋭い音はスーパースポーツを名乗るに十分な音質と音量です。

またそのレスポンス自体の鋭さ、エンジン自体がものすごく高精度で組まれてるんだろうなっていう回り方含めて、エンジン自体に魅力があります。

さて、まとめになるのですが、S60ポールスターは非常に普通な感じで乗ることができます。

価格なりの上質な走りと、スポーツ性をかなりバランスよく両立してると思いました。

足回りが硬いといえば硬いですが、乗り心地は不思議と悪くありません。

本当に日常で使えると思う車です。

実際最低地上高もノーマルと同等であり、リップスポイラーと絶望的な回転半径の大きさ(6m超)さえ気をつければ、全くもって普通に使用ができます。

リッターあたりの出力が180馬力を越えようかというハイスペックな車でありながら。

欲しいかどうかと言われると、欲しいです。

が、現在の愛車と比べると、現在の愛車の方が絶対的に排気量があることによって、加給がかかる前のほんの一瞬に感じることのできる余裕と、直列6気筒エンジン自体の持っている魅力から、手放して買い換える決断をするほどではないかなと。

ただ、燃費も悪くなさそうですし、税金も安いことが魅力的ではあります。

そして、鮮やかなレーベルブルーいいですね…。

GTRは日常使いが出来るスーパースポーツを目指して開発された車ですが、正直乗り心地や質感、その部品一つ一つの高価さから、やはり日常の乗り物ではなさそうです。少なくとも私の収入レベルでは。

もし今年車を買い替えるつもりで、VOLVOの60シリーズを買いたい。で今所有している車が直列6気筒のV60でなければ、おそらくポールスターを選ぶと思います。

実際には買えませんが(笑)。

|

« LAKE CX402 を CSP しました | トップページ | 「ロードバイク 本音のホイール論」 を 読みました 前編 »

VOLVO V60」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VOLVO S60 POLESTAR に 試乗しました:

« LAKE CX402 を CSP しました | トップページ | 「ロードバイク 本音のホイール論」 を 読みました 前編 »