« OAKLEY Jawbreaker を ICRX NXT レンズで 度入りにしました | トップページ | 角田浜トレイル を 見学してきました »

佐渡金山ヒルクライム2016 に 参加してまいりました!

今年も参加してまいりました!

佐渡金山ヒルクライムに!!

Img_7812_1

今年はイベントには参加しない予定でしたが、佐渡金山は特別です!!

さて、レースレポート(もどき)です。

事前準備:

もともとイベントには出ないつもりだったのですが、出ると決めたからには(約1か月前)真面目に。

乗れる範囲で乗り、体重コントロールも。

56kg→53kgまではなんとか…。

テーパリングは1年間してきたので(汗)それほど意識せず、木曜日までは乗り込み、金曜日は二日酔い完全レスト、土曜日は機材の確認がてら、体水分量を調整する程度にごく軽く。

レース前:

朝一番のフェリーで佐渡島に(3時間睡眠)。

今年は仕事で日帰りでの参戦に。

フェリーの中でもえさんと変態さんと合流。

談笑しつつ、朝ごはん(薄皮あんぱんとみたらしだんご)。

約1時間半睡眠をとり、佐渡へ。

いつも通りアップはせずに、スタートへ。

今回はアップオイル等忘れた使用せず。

レース直前にスーパーヴァームを。

機材:

今回もヒルクラスペシャルエボで。久々に乗ると重心が高く、とても乗りづらい。

Img_7787_2

サドルをー5mm調整。もえさんは上げたらしいです(怒)。

ウェアはASSOSの長袖ワンピ、靴はBONT(クリートのネジ舐めた)。

作戦:

高負荷長時間練習を全く行っていない(特に登りでの高負荷練習を一回も行っていない)ため、心拍ベースで170bpmを目処に、他の選手に惑わされないよう、一定ペースで走りきる。

下り区間は安全に。

レース:

なかなかスタート位置に来ないもえさんを皆さんが心配する中、スタート直前で自由にアップしてきてホッカホカのマグロが到着。

整列は2列目ほど。

スタートでお約束のラップを押すつもりが、スタートボタンを押す(様式美)。

スタートはスローペース。

とりあえず、集団中央に位置。

誰か一人逃げてるっぽいけど、金山まではみんな様子見なのか、誰も追わない。

金山駐車場を越えたあたりから、ポツポツと集団から脱落する人が。

だいたい10人くらいに絞られる。

ここからは勾配がきついので、さぁ心拍計を見ながらペース走行だ!と心拍計を見る82bpmとか…。

ちょっと調子悪いらしく、心拍計があてにならなく、作戦崩壊。

自分の感覚で大体170位だろうという範囲で走る。

すると前で二人、徐々に離れ出す。

変態さんと”北海道から帰ってきた佐渡の秘密兵器”、S々木さん。

この二人は今回の中でちょっと別格。誰も負わず、じりじりと。

私も追わないというか、追えない。

しばらく行き、勾配に変化がつき始めるあたりで、少しS上さんと差が開くときができ始める。

微妙にペースが早い。

そんなこんなしているうちに、S田さんも前に行き、いやーな感じで離れていく…。

ここで無理してでも追いつけばなぁと後悔。

暫くは木木木さんの前で淡々と。

7.5kmを過ぎ、下区間で木木木さんに抜かれる…。

下は慎重にとはいえ、遅くてすみません…。

その後は木木木さんと二人で回して(勾配が緩くドラフティングが聞く場面では木木木さんが前で急斜面で前にいてもあんまり意味のないところで私が前に行く(フヒヒ))いく。

体格差を考えるとゴールでの着争いはできなそうだけど、引き離す力もないので、普通に二人でゴール前へ。

スプリントしようと慣れないダンシングをしようとした瞬間、ヨレて左足のクリートが外れ、地面に接触、そして左足つって終了。

結果:

男子総合6位、タイム51分58秒でした。

レース後:

DNSのプロテインジェリーを補給。夕食は暴飲暴食(内容省略)。

感想と反省点:

思ったより走ることができました。そして、去年に比べて2分近くも早いという事は驚きとともに、平地メインでの練習でもある程度登りは対応できるのかもという感触を得ました。

反省点はやはり体重です。軽量級のパワーない人間が重くなってはいけません。

また、機材にはある程度慣れる必要がやはりあります。月2くらいでレースに出てた頃は全然感じなかったですが、超軽量マシーンはやはり癖があって乗りづらいです。

ハンドリングも慣れてないと全く攻めることができません。これは、安全上もよくありません。

あと、直前のポジション変更も控えましょう(笑)。

レースに関しては、展開も含め、これ以上は望めなかったと思います。

レースが終わり、ゆっこさんを待ってる間に機材を盗撮します。

Img_7792

変態さんのEVOです。フロントライトウェイトだったらもっとタイムが出てたかもしれないです。

Img_7800_2

女子総合1位のもえさんのマシーン。

コスカボのアルティメイトが装着されています。

来年はさらにフレームも軽いものにするらしいです。

羨ましい。

写真には写ってませんが、サドルが高いです。
サドルが高いです。
サドルが高いです。

Img_7793_2

男子総合2位のS々木さんのマシーンです。マシーンを見た瞬間、そして、太ももを見た瞬間に強いなということは直感していましたが、さすがです。

そして、「登りは苦手なんです」という、全クライマーを敵に回す言葉を爽やかに。

Img_7795_2

なんとフレームもLightweight!。総合3位とさすがです。

Img_7798_2

5位の方は青いピナレロ。

それほど軽くはなさそうな感じですが、それであの登り。強いです。

そして、サドルが高いです。

ちなみに、今回は男女の総合入賞者9人のうち、キャノンデールが5台、ピナレロ2台、Lightweight1台、JAMIS1台と、キャノンデール勢が圧倒しました(何を)。

そんなこんなで待っていると、ついにゆっこ氏がやってきました!

そう、今回はいつもサポートしてくださってるゆっこ氏もなんと参加していたんです!!

Img_7802_2

全国屈指の難コース。

正直、完走すら難しいだろうと予想していましたが、思ったよりいいタイム、そして出場人数の少なさのためもありますが、初入賞!

いや、完走するだけで本当に大変なこのコース。すごいです!!

下山待機場所の白雲台からは絶景が。

Img_7807

そして、記念撮影など

Img_7808_2

暖かく迎えてくださり、本当にありがとうございます!

下山し、

Img_7818_3

カレーを食いただきつつ表彰式を。

Img_0001_2

総合一位と、それを撮影しまくる人々(笑)。

ディスニーリゾートペアチケットを目玉とした豪華景品が当たる抽選会。

今年はチケットを逃しましたが、二人とも豪華景品を当てることができました!

ありがとうございます!!

チケットはボランティアスタッフの方に当選!

ホランティアスタッフにも抽選権があるっていうのは本当にいいと思います。

コースは最高!

日本屈指の難易度です。

そして、アットホームな大会なのですが、残念ながら今年は参加者が減ってしまったそうです。

やはり、ネットでのエントリーを解禁するのが必要であると感じます。

交通費がかかってしまうことも、ネックです。

ですが、それを超える魅力があるイベントではありますので、来年は皆さんも是非!!

帰りのフェリーはもえさんと、いつもはサポートしていただいていますが、今回はなんと選手で参加したゆっこさんと

Img_7841_2

プチ打ち上げ。

トレーニングのことや、練習のこと(一緒!)、食事の事などを楽しく話しながらも、その間もヨガやストレッチを行う。もえ氏。

すごいです。

と…

Img_7843_2

巡回船内販売!?

しかも新潟限定のルマンドアイス!!??

Img_7844_2

買ってしまいました。

今年は日帰り弾丸つあーでの参戦となりましたが、とても充実して楽しいイベントでした。

でも佐渡を楽しむならばやはり宿泊かなとも思います。

来年も開催されるのであれば、ぜひ参加したいです!!

皆様も一緒にぜひ!!

……………

…………………………

追記:

実は、行きのフェリー内で、とある方が…

Img_7789_2

薬剤を服用していたんです。

そして、優勝…。

Img_7808_1

疑惑のチャンピオン…

(プライバシーに配慮して写真を加工してあります(無修正の写真が上にあった気もします))。

※もちろん冗談です。

※一般的に酔い止めにはドーピングに引っかかるような薬剤は配合されていません。含まれているカフェインは禁止薬物からモニタリング物質に変更されているので使用しても差し使いありません。ただ、ドーピングコントロールが必要な選手の場合、事前に専門的な知識を持った医師に確認することをお勧めします。

|

« OAKLEY Jawbreaker を ICRX NXT レンズで 度入りにしました | トップページ | 角田浜トレイル を 見学してきました »

参戦記」カテゴリの記事

佐渡金山ヒルクライムのススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡金山ヒルクライム2016 に 参加してまいりました!:

« OAKLEY Jawbreaker を ICRX NXT レンズで 度入りにしました | トップページ | 角田浜トレイル を 見学してきました »