« 第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま に 参加してきました! | トップページ | V60 納車されて1ヶ月経ちました その2 »

V60 納車されて1ヶ月経ちました

早いもので納車されて1ヶ月ほど経ちました。

Img_4478

距離にして3000kmにちょっと届かないくらい乗ったので、だいぶ身体にも馴染んできました。
似合わないこんな車を買った経緯からインプレから書いていきます。
もう売っていないグレードのインプレなんか書いたってどうしようもないのですが、日記なので、そんなもんです。
最初に書いておきますが、無駄に長いです。

VOLVO V60 T6 AWD R-Designを選んだ理由。

前車のエクストレイルが20万キロを超えており、そろそろ次の車を検討しておりました。とはいえ、この3月に車検を通していることからも分かる通り、まだまだ乗るつもりでした。

車選びはのんびりと構えて、とりあえずいろいろと見てみようということで、ディーラー巡りを始めました。

とりあえず、燃費良くて荷物いっぱい積める系でと。

以前がクリーンディーゼルだったので、当然クリーンディーゼルを一番に考えており、最近勢いのあるM社さんのディーラーに行きましたが、ちょっと思うところあり、ここで車を買うのはやめようと思いました。行ったディーラーさんの担当と私が相性悪かっただけかもですが。

気に入ったのは、BMWのX3。ディーゼルだし四駆だし荷物もそこそこ積めるし。
デザイン的にはディスカバリースポーツ
試乗した感じは若干がっかりでしたが、熟成されてディーゼルモデルが出たら、こっちかな。
国産では圧倒的にスバルのアウトバック。これ、クリーンディーゼル載せちゃえばいいのにと。そんな単純な問題じゃないですが。

っていう感じで、VOLVOは眼中になかったです。
というか、どちらかというと、マイナスイメージ、車業界の再編の波にのまれた、独自性のなくなっちゃったメーカーなんていう風に勝手に思っていました。

VOLVOは、BMWのディーラーさんの紹介(地元では、ディーラーの元締め?が一緒らしいです)で、なんとなく訪れてみたのが、きっかけです。

ディーラーに入って、びっくりしました。

白いV60が置いてあったのですが、かっこいい。

内装も白と黒でなんだかオシャレ。

BMWみたいな「どうだ!」って感じのごちゃごちゃ感はなく、すっきり系。

最初はSUV系を考えていたので、XC60をメインに考えていました。

試乗OKとのことなので、T5 R-Desgnを運転。

びっくりしたのはシートの出来。VOLVOはいろいろと見てきた中で、最後だったのですが、このセグメントの中では私の中でトップのシートの出来でした。

走り自体は、低速の市街地走行なので、詳しいことはわかりませんが、静かで乗り心地いいなぁという印象。
BMWのX3(ディーゼル)よりも静か(これは当たり前か)で乗り心地いい、X5(これはガソリン)よりも乗り心地はいい(これは思想の違いかも)ように感じました。

今になって思うと、R-Designなので、サスは硬い設定のはずなのですが、それでも癒し系の乗り心地でした。逆に言うと、ダルい感じを受けるといえば、そうです。ステアリングも電動(このグレードは電動です)パワーアシストの感触の悪い感じがありますし、積極的に運転を楽しむ車ではないのかなと思いますが、シートの安楽さと車の動きのイメージがぴったりで、気持ちよかったです。

ここで、私はBMWみたいなしゃっきしゃきな車よりも、比較的おっとりした車が好みなんだなということに初めて気づきました。そういえば、スバルさんでもしっくりきたのはレヴォーグではなく、アウトバックでしたし。

ただし、4輪駆動ということになると、最上位グレードのT6(2015モデルでは)になってしまい、ライバルで考えていたX3のディーゼルよりもはるかに高価になってしまうので、まぁ、魅力的だけども、買うかと言われると…と思いました。XC60のデザインは正直あまり好みではなかったですし。

後日、自動車系Webサイトを見ていると、VOLVOが直列6気筒エンジンをやめてしまうと記事がありました。

そして、VOLVOディーラーの担当の方から、ちょっとお得なお話も。

話を聞いてみるだけでもということで、ディーラーに行き、V60のT6(直列6気筒モデル)に乗ったが最後でした。

やっぱり、直列6気筒エンジンは、それじゃなきゃダメな理由があります。

振動、質感、音…。

「車高の低めの車(といってもSUV比)、そろそろ(私が手を出せそうな価格帯の)実用車には積まれなくなるであろう贅沢なガソリンエンジンを、最後の贅沢として乗っておきたい」っていう、車選び裏メニューが…。

直噴でもない、3リッター直6ターボエンジン。

BMWも既に直噴に移行していますので、直噴じゃない6気筒なんて、もう化石みたいなもんです(だからラインナップから落ちるのですが)。

心が躍ります。

音、感触、素晴らしかったです。

SUVは視線が高くて見晴らし良くて楽ですし、新潟の雪道程度ならOKですし、便利でいいのですが、どうしてもコーナリング中に揺さぶられる感じが、最後まで好きになれませんでした。

車は1台所有を前提としていて、そこそこの雪道も走りたいので四輪駆動は欲しいですし、荷物も持ってもらわなきゃ困る。

エンジンを楽しむために走りがいい方がきっといいと思うし、オーディオもそこそこいいのがいいなといろいろと条件を出していくと、

VOLVO V60 T6 AWD R-Design

が必然的に選ばれました。

デザイン的にもVOLVO社の中ではダントツに好みだったので、結果オーライです。

というわけで(謎)、今回この車を買った理由をまとめますと、

①安全性(一言も触れられてませんが)

②デザインの好み

③直列6気筒ううぅぅぅぅ!

④四輪駆動(ハルデックスですが…)

⑤シートの座り心地

⑥いい商談ができた

⑦いましかこのエンジンの車を買うことができない

ということになります(順不同)。

自分でも思った以上に長くなってしまったので、インプレその他は次の記事で

|

« 第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま に 参加してきました! | トップページ | V60 納車されて1ヶ月経ちました その2 »

VOLVO V60」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: V60 納車されて1ヶ月経ちました:

« 第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま に 参加してきました! | トップページ | V60 納車されて1ヶ月経ちました その2 »