« 第4回 日光白根ヒルクライム に 参加してきました! | トップページ | 第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま エントリー開始されました! »

日光白根ヒルクライムでGOKISOを使用しての感想

最近は代わり映えしないレース用EVOのスペックですが、今回は結構変わった構成で出場してみました。

Img_3387

一番の変更点は、ホイールをGOKISOにしたことと、POWER2MAXを装着したことです。

フロントシングルのまま出場したのは単に面倒臭かっただけです(滝汗。

レース中激しく後悔しましたが。

え?POWER2MAX Type-Sってフロントシングルに対応しているんですか!?という疑問もありますが、たぶんしていないと思います。

チェーンリングはなんでもOKで、校正不要ということから、ま、いいんじゃね?という適当な感覚で装着してます。

たぶん良くありませんが、それっぽい数値は取れました。パワータップと比較すればよかったなと今になって後悔してます(もうフロントダブルにしてCAAD10に戻してしまいました)。

さて、本題のGOKISOですが、GOKISOの詳しいスペックに関してはこちら→「GOKISOホイールを購入しました」をご覧ください(手抜き)。

タイヤは前後とも、ミシュランのPRO4セルビオコルセですが、前が23mm、後ろが25mmです。

ちなみに、前のチューブはMAXXIS FLYWEIGHTですが、後ろのチューブはSOYO LATEXです。

前後ともラテックスにしたかったのですが、前輪は交換時に挟み込みパンクという超初歩的なミスをしてしまい、ブチルチューブになってしまいました…。

Img_3388

5.71kg…。

佐渡金山仕様では、4.48kgでしたので、パワーメーターとGARMIN EDGE500で150g重くなったとしても、約1kgホイールとタイヤだけで重くなってしまってます。

レースを走った感想では、やっぱり、重いよなぁ…と。

転がる感じとかスムースネスとか、太いタイヤからくる心強さ(謎)はすごく感じるのですが、登りになるとやっぱり重いんです。

剛性不足からくる、ねっとり足にまとわりつく重さではなく、純粋に重量が重い感じです。

LIGHTWEIGHTに160gくらいのチューブラーを履かせると、ペダリングの脈動をそのまんま自転車全体での加速が拾うような軽快感(それをデメリットと感じる人も多いと思いますが)がありますが、GOKISOは良くも悪くも、普通のホイールです。タイヤを特にスペシャルなものにしていないため、その感じが強くなってしまったという感はあります。

下区間もあったので、そこでメリットになったか?と言われると、正直メリットは感じなかったです。

前の人が漕いでいるのに、後ろの私が脚を止めても近づいて行っちゃうっていうのは、単に空気抵抗の関係で、私が前に出たら、あっと言う間に後ろの人にぶち抜かれました。

私のフォームの悪さとパワー不足が抜かれた主な原因ですが。

ここまで読むと、単に普通の重いホイールみたいな感じを受けるかもしれませんが、まさにその通りです。

私が受けた印象はそうです。

ただ、重いホイールのハンドリングの安定感(タイヤの太さのせいもありますが)は、今回のようなコースでは、メリットといってもよかったかもしれないです。

また、高精度なハブからくる、乗り心地の圧倒的ななめらかさは、空気圧を高めにして走った今回のレースでは、すごく助けられました。

タイヤをもっと軽いものにすれば化けるかもしれない。エクステンザあたりを試してみたいなと。

そう思いました。

剛性不足(特に横方向の)を心配する方も多いと思いますが、私はこのホイールが横剛性不足だったり、ペダリングトルクに対してぬるいとは思いませんでした。他のホイールに対してダンシング時にシュータッチしやすいかっていうと、そうは思わないです。

私の体重と超非力パワーでの感想です。

そう、感想です。

あくまで、いちレースで使った感想です。

なんのデータもありません。

重かろうが、感覚的に気に入らなかろうが登りで速ければそれでいいと思ってます。

今テストを行う計画を立てている最中です。

それを行ってから、このホイールをヒルクライムレースで使い続けるか、決めたいと思います。

酷評しているように見えると思いますが、私が今回ヒルクライムレースで使った感じでは残念ながらそうです。

ですが、乗り心地がすごく独特で、それは他のホイールでは体感したことがなく、それに関してはものすごく気に入ってます。

練習ではずっと使いたいと思っています。

これで、データで登りでも速いとなれば、もちろん登りレースでも使い続けます。

速いってわかれば”重い”という感じも、きっとプラスな情報として感じることでしょう!

人間の感覚なんて、そんなもんです。

テストが今から楽しみです!

あ、書き忘れたので最後に付け加えるのですが、このホイールにすると、リア変速のセッティングが楽にバッチリ出ます。

なぜかは不明なのですが、これは数種類のカセットや、CAAD10、EVOのフレームに装着した時に共通して現れた現象なので、おそらくこのホイールの特性だと思います。

精度の高さやハブの剛性の高さが影響しているのかな?と考えています。

|

« 第4回 日光白根ヒルクライム に 参加してきました! | トップページ | 第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま エントリー開始されました! »

機材ネタ」カテゴリの記事

ホイールの話」カテゴリの記事

SUPERSIX EVOネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光白根ヒルクライムでGOKISOを使用しての感想:

« 第4回 日光白根ヒルクライム に 参加してきました! | トップページ | 第12回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま エントリー開始されました! »