« GARMIN VIRB J ELITE を 買いました | トップページ | POWER2MAX Type-S を 装着しました。 »

POWER2MAX Type-S を 購入しました。

今まで、 パワーメーターは、POWERTAP SL+を使用していました。

購入してから一度もトラブルを起こさず、今も快調に使うことができていますが、ホイールの選択の自由が限られてしまうことと、バックアップ体制も敷きたいな(謎)ということで、新しくパワーメーターを購入することにしました。

ちょっと前までは、パワーメーターというと、SRMとPOWERTAPの一騎打ちといった感じでしたが、ここ数年でものすごく種類が増えました。

メーカーが増えただけではなく、測定の箇所の多様化もあって、選択に迷います。

では、POWER2MAXを購入するまでの私の思考回路を簡単に記します。

きっかけ

レース中もパワーを計測したいなと、ふと思う。

POWERTAP SL+は優れたパワーメーターとはいえ、重量が重いこととと、レースで使うには今使っているリムはかなり重いので、リムをもう少し軽いのに変えたい。

が、しかし、今持っているPOWERTAP SL+はスポーク数が20本用と特殊な使用。

組み替えっていうのも少し厳しい。

よし!新しいパワーメーターを買おう!

方式の選択

パワーメーターは今一般的に手に入る方式だと、

①リアハブ内蔵型…パワータップ

②スパイダーアーム歪み検知型…SRM、POWER2MAX、Cinqo等

③クランクアーム歪み検知型…ペダリングモニター、StagesPower、ROTOR POWER等

④ペダル軸歪み検知型…VECTOR等

という4つの方式が一般的です。

①が人間から一番遠く④が一番近いです。

自転車が前に進まなきゃ、いくら力をかけても意味がないわけで、駆動力を計測できることが重要だと思っています。

このうち、ペダルを踏み、クランクを回した結果として、駆動力に変換された力を直接計測している物は①か②です。

③と④は駆動力に変換される前の力を計測して、それを計算して、駆動力に変換した擬似的な数値を出しています(①や②が全く計算していないわけではないです)。

①と②はいつでも駆動力を計測していますが、③と④はあくまで計算です。

③と④は計算通りの入力(想定される入力)ですと全く問題ないですが、計算から外れるようなペダリング(入力)があると、当然数値の信頼性が崩れます。

とはいえ、メーカーのテストや他のテストで、③や④でもほぼ問題ないという結論が出てますので、気持ちの問題です(汗)。

逆に、計算して数値を出すことを逆手にとって、ペダリングの効率やマイナストルクを表示できると言ったメリットもあって、これは魅力的です。

①と②は比較的歴史が長くて、数値の信頼性が高いものが多いことも記しておきます。

③は、パワーメーターとしてはかなり軽量な製品もあります。

④も、細かい分析が可能で、ペダル軸の外側に荷重がかかっているか、内側に荷重がかかっているかという分析も可能になるそうです。その機能には凄く興味があります。
が、気になるのは、ペダル軸は振動面のノイズを除去するのがとても難しそうなことと、センサーが衝撃を受けやすい場所についていること、そして、ペダルが重くなることが気になります。

レースでも使おうと思うと、ペダルが重くなるのは嫌です。

①以外の方式を買おうと思っていたので、②か③にこの時点で絞られました。

サポートに関して

日本で購入が可能で、サポートが受けられるもの。

パワーメーターは壊れます。そう思った方が精神的な安静を保てます(謎)。

バックアップが欲しかったっていう理由もその辺から来ます。

また、壊れなくても定期的なサポートが必要なことが多いです。

こうなると、国内に正規代理店があったほうがいいのですが、一般的にサポートが国内で受けられる(といっても、実際は海外にそのまんま送るだけだったりしますが)となると、選択肢が非常に限られてしまいます。

この時点で、候補は

②POWER2MAX

③ROTOR POWER

③PIONEER ペダリングモニター

になります。

もちろん、個人輸入して、海外のメーカーと直接やり取りできれば、問題ないのですが、それが難しかったり、煩わしかったりする場合は、日本で対応してもらえるメーカーを選ぶことがいいのかなと思います。

CANNONDALE HOLLOWGRAMクランクに装着できるもの

はい。

この一点で、②POWER2MAX Type-Sに決定です

他の選択肢がありません。

上でごちゃごちゃ書いてきましたが、実はもう、最初からこれに決まっていたも同然です。

ただ、実際には、SRMとCinqoとSTAGES POWERと私の中では競合していました。

SRMは電池交換、チェーンリング交換の度にドイツに送らなきゃいけない。逆に言うと、定期的にチェックを受けれて、校正かけてもらえるってことで、いいのですが、やはり手間です。

Cinqoは、電池交換・チェーンリング交換・校正は自分でできますが、日本に正規代理店がなく、サポートを受けるには本国とやりとりする必要があるので、それがネックです。

STAGES POWER。実は、一番欲しかったです。レースで使うとなると、重量が気になるのですが、STAGES POWERですと、追加重量が20g程度です。

左クランクにしかセンサーがないので、正確性という意味では劣りますが、重量は魅力的ではあります。

が、日本は販売対象外の地域のため、基本的には購入することすらできません。

特殊な方法では購入できますが、現状ではサポートは望めないと思います。

と、いうわけで、POWER2MAX Type-Sを購入しました!

Img_2558

次はインストール編です!

|

« GARMIN VIRB J ELITE を 買いました | トップページ | POWER2MAX Type-S を 装着しました。 »

機材ネタ」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

CAAD10ネタ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!Power2maxで検索してたどり着きました.基本的な質問で申し訳ありません.インナーとアウターリングのあいだにある程度の厚みのあるものを挟み込むことで変速性能が低下するということはないものなんですか?

投稿: チンアナゴ | 2015年6月 3日 (水) 15時02分

チンアナゴさん
コメントありがとうございます。

このタイプのパワーメーターはスパイダーアームごと交換になりますので、パワーメーター本体自体が、クランクのスパイダーアームの代わりとなっております。

一応。各コンポメーカーのスパイダーアームに合わせた寸法にしていると思いますので、大きな悪影響は出ないのではないかと思います。

推測ですが…。

投稿: 管理者 | 2015年6月 3日 (水) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: POWER2MAX Type-S を 購入しました。:

« GARMIN VIRB J ELITE を 買いました | トップページ | POWER2MAX Type-S を 装着しました。 »