« イナーメ スポーツアロマ を試してみました | トップページ | スペアタイヤを新しくしました »

Mio Link (ANT+対応腕に装着する心拍センサー)を購入しました

グンマーの強豪(ふりがな:しゅごう)ヒルクライマー、スライムさんのステマブログにやられました。

購入しました。

Mio Link。

何のこっちゃと思うかもしれないですが、腕に巻くタイプの心拍計です。

Img_1477

心拍計と言えば、一般的には”乳バンド”もしくは”ブラ”もしくは”大胸筋矯正サポーター”と呼ばれる、胸に巻くバンドタイプの心拍計が自転車では一般的です。

ただ…。

ブラを巻くのがめんどくさい。

水に濡らすのがめんどくさい。

乗ってるうちにずれてくる。

汗で痛んでくるとうまく信号を拾えなくなる。

そして、なんか良い香りがしてくるようになる。

等と言った理由で、心拍数と言う、運動強度を管理する非常に重要な要素でありながら、計測する事がめんどくさく、計測をサボりがちになってしまいます。

最近はパワーメーターの普及により、”パワーメーターを指標にトレーニングするから、心拍計はいらないや”的な風潮が、(私に)あります。

が、やはり、心拍数って、いろんな意味で重要なんですねってことに最近やっと気付いたので、胸に巻かないタイプの心拍計を探してみました(スライムさんのステマブログで)

購入したMio Linkはアマゾンで15000円程で購入出来ます。

少し高価な気がしますが、GARMINプレミアムハートレイトセンサー&ストラップが8000円程度である事を考えれば…、やっぱり高いですね。

Img_1478

腕に巻くと、こんな感じです。

スポーツタイプの腕時計と装着感はそんなに変わりません。

Img_1487

自転車の場合ですと、内側に巻いた方がセンサー部が来た方が良いと言う事なので、こういう巻き方になります。

今、気付いたのですが、この状態で上下反対(親指側にLEDランプが見えるように装着する)と、LEDインジケーター(心拍数によって色が変化する)を、ハンドル握った状態で確認出来て便利です。

これの良いところは、ANT+に対応しているところです。

つまりは、多くのサイクルコンピューターとペアリング出来ると言う事です!!

Img_1479

無事、EDGE500とペアリング出来ました。

また、参考までに、GARMINのVIRB-J ELITEと言うアクションカメラともペアリング出来ました。

Img_1486

Bluetoothにも対応していますので、スマフォのアプリを使って、いろいろと設定が出来るようです。

Img_1485

Img_1483

トレーニングゾーンが、偶然デフォルトと全く一緒でしたので、このまま使用します(汗。

ちなみに、LEDインジケータの色と数値の色がリンクしていますので、点滅するLEDの色で、大体の心拍数を把握する事が出来ます。

サイクルコンピューターの表示項目をしぼってる時なんかに便利です。

Img_1491

充電は、専用のアダプターで行ないます。

Img_1492

USBがスマートに内蔵されていて、持ち運び時にかさばりません。

Img_1493

ケーブルを展開すると、こんな感じです。

Img_1480

充電はこんな感じで行ないます。

さっきからLED LEDって言ってましたが、やっと光ってる映像来ました。

乳バンド式心拍計と違うところは、バッテリーの持ちでしょうか。

乳バンド式は、心臓の収縮時の電流を拾う形式なので(つっこまないでくささい)、消費電力が小さく、バッテリーの持ちはいいです。

が、こちらは

Img_1489

Img_1490

このように、光を皮膚内に透過させ、帰った来た色の濃淡で心拍を計測する方式(スマフォアプリでカメラフラッシュを使用して心拍数を測るのと基本的に一緒です)なので、消費電力が大きいです。

また、皮膚に密着させる事が必要ですので、少しきつめに巻く必要があります。

そのため、

Img_1557

こんな感じや

Img_1558

こんな感じでちょっと気持ち悪い痕が付いちゃいます(汗)。

電池は、18時間くらい持つとの事ですが、私のサイクルでは1週間に2回程の充電で、バッテリー切れを起こす事無く毎日トレーニング出来ています。

アップルウォッチも心拍計測機能を組み込むようですが、恐らくこれと似た形式だと思います(写真を見る限りでは)。

そしてあちらは間違いなく、ANT+に対応してこないと思います。

と言う事で、アップルウォッチではなく、あえて、これを購入しました(比較対象間違えてる)。

次は、一番重要な情報、重量です。

Img_1523

30.0gです。

サイズは2種類から選べるのですが、私はSです。

もっと詳しい重量を知りたい場合は、スライムさんのブログに載ってます。

乳バンド式ハートレートセンサーの中で、比較的軽量な部類に入る、GARMINのプレミアムハートレイトセンサーは

Img_1525

53.7g

とこの時点で既に20g以上重いです。

さらには、この後、汗を含んで重くなります。

そう考えると、重量的アドバンテージは高そうです。

そして…、

Img_1524

ゴムバンド無しの、センサー部のみならば、10.6gと超軽量なんです。

レース時は、センサー部のみを使用して、固定はサポーター用の粘着テープなんかを使うと、かなり軽量に仕上がる予感がします。

むふふふふ。

使用してみての感想ですが、良いです。これ。

一般的に、乳バンド式の心拍計の方が正確で精密な計測が出来ます。

POLARだと、なんだかよくわからない分析も出来ちゃうくらいです。

が、結局のところ、肌とストラップの接触不良や、ずり落ちたりして、心拍が拾えなくなっちゃう事が多いです。

Mio Linkですと、正確性は若干劣るかもしれないですが、比較した限りでは乳バンド方式とほぼ同様の値を出します。

そして、息苦しさから解放される、ずれ落ちる心配が無いって言うメリットが非常に大きいです。

変わりに、腕が少し圧迫される感じはありますが、自転車でしたらほぼ問題ないと思います。

もし、今使用している乳バンド方式心拍計が調子悪く、サイコンがANT+信号対応の物でしたら、心拍計の買い替えの候補としてあげても良い商品だと思います。

耐久性等、何かまた面白い事(トラブル)がありましたら、報告します。

|

« イナーメ スポーツアロマ を試してみました | トップページ | スペアタイヤを新しくしました »

機材ネタ」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

コメント

実は私もこれ注目していました。
レビュー非常に参考になりました。
ボーナス出たら購入しようと思います!

投稿: まっち~ | 2014年11月28日 (金) 18時22分

まっち〜さん
コメントありがとうございます。

今のところ大きなトラブルはないです。
寒くなってくると、血行が悪くなるのか、使い始めにうまく心拍をうまく拾えずにシャットダウンしてしまうことがあります。

やはり、説明書に書いてある通り、暖かい部屋で装着して、しっかり信号を拾ってから外に出ると、その後は普通に信号を拾えます。

あと、メーターを注視してると(危ない)信号が欠落する瞬間が多々ある気もしますが、今の所きになる事象はそれくらいです。

是非是非試してみてください!

投稿: 管理者 | 2014年11月28日 (金) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mio Link (ANT+対応腕に装着する心拍センサー)を購入しました:

« イナーメ スポーツアロマ を試してみました | トップページ | スペアタイヤを新しくしました »