« BLAC Ikobe | トップページ | 2014 新潟ヒルクライム の 目標 »

KASK Infinity エアロヘルメット

発表されてから1年以上。

注文してから数ヶ月。

忘れた頃にやってきました。

Img_0993

Img_0976

Img_0975

そう、KASKのInfinityです。

通常のロードレースでも使用出来る、エアロタイプのヘルメットです。

最近流行のやつですが、Infinityの特徴はなんといっても、

Img_0982

Img_0983

もう一度、やります。

Img_0265

Img_0264

そう、ベンチレーションがスライドで動くんです!

これです、これ!!

買ってから気付いたのですが、このベンチレーション、開き具合が、細かく設定出来ます。

Img_0989

練習中、雨に降られた事があるのですが、雨の進入を防ぎつつ、ベンチレーションを確保するために、

Img_0990

このくらい、少し開ける事も出来ます。

空気の流量は減りますが、雨の進入が防げ、なおかつ風が通って涼しいです。

このヘルメット、走っていると、意外と涼しいです。

ベンチレーションホールを全開にしていれば、夏でもOKです。

ただし、それはある程度速度が出て、空気が流れている状況に限ります。

Img_0977

ヘルメットのベンチレーションを考えた場合、空気の入り口よりも、内部の空気の流れ、そして出口が非常に重要ですが、その辺が、このヘルメット、もの凄く良く考えられてます。

Img_0984

ベンチレーションが閉じた状態でも、

Img_0985

あいた状態ではなおさら、内部の空気の抜けが良くなるような形状をしています。

Img_0978

内部も、空気の抜けがよく考えられた形状になっています。

スライドシャッターの部分は、なんか、別でフレームが入っています。

そのためか、

Img_0987

重量は少し重めです。

が、非常にフィッティングが良いので、かぶっていて重さを感じません。

私の頭に限った事かもしれないですが、今までかぶったヘルメットの中で、一番フィッティングがいいです。

エアロタイプのヘルメットですが、空気抵抗の削減を体感する事は出来ません。

が、ベンチレーションを調整出来るので、冬には良さそうです(目的間違ってる)。

夏でも十分に涼しいのですが、頭の向き、角度に対して、ベンチレーションの状況が敏感に反応します。

フルームがこのヘルメットをかぶっている時、ほとんどベンチレーションで来ていないんじゃないでしょうか…。

また、停車していたり、速度が低いと暑いです。

と言う事で、夏のヒルクライムには向かない気がします。

それはともかくとして、KASKのヘルメット、何とも言えない、高級感があります。

作りが非常に奇麗です。

それだけで、私の満足度は高いです(謎)。

Img_0986

ヘルメット袋も結構しっかりした物が付属しています。

Img_0973

なんか、カタログデータと、箱で、サイズが違う気がしますが、イタリア製品です。気にしてはいけません。

Img_0980

何となく、貴重になりそうな気がしますので、写真を撮っておきます。

パッド等の消耗品の供給は、この先大丈夫なんでしょうか…。

Img_0981

正規代理店で購入したので、もちろんレース使用可です!

ちょっと高価でしたが、買って本当に良かったです!

|

« BLAC Ikobe | トップページ | 2014 新潟ヒルクライム の 目標 »

機材ネタ」カテゴリの記事

フィッティングの迷宮」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KASK Infinity エアロヘルメット:

« BLAC Ikobe | トップページ | 2014 新潟ヒルクライム の 目標 »