« 2014 新潟ヒルクライム の ススメ その3 | トップページ | KASK Infinity エアロヘルメット »

BLAC Ikobe

実は、一週間くらい前に、眼鏡が壊れました。

Img_0970

ノーズパッドがぽろっと…。

修理不可かな?と思っていましたら、修理出来る!とのことでしたので、修理を依頼して、新たに眼鏡を作る事にしました(謎)。

自分への誕生日プレゼントです。

すっかり、BLACに惚れ込んでしまいましたので、今回もBLACで製作します。

今回は、普通の眼鏡ではなく、普通の眼鏡、兼、サングラスとして制作する事にしました。

最近は、朝練開始の時間はまだ暗く、朝練終了時は眩しいと言う、ややこしい事が多いです。

サングラスを二つ持っていけば…と思うのですが、それも面倒なので、一つでカバー出来る物として作る事にしました。

Img_1292

今回は、BLACのカーボンフレームシリーズの少し古い型、”Ikobe”で制作します。

BLACのカーボンフレームシリーズは、有名なビーチの名前らしいのですが、このモデル、伊古部海岸の名を冠してます。

サーファーではないので、よくわからないのですが…(滝汗)。

Img_1288

外側は、カーボン、内側はグラスファイバーを使用してブラウンに着色。

Img_1289_2

落ち着いた雰囲気です。

蝶番は、軽量性を意識して、もちろん樹脂製です。

Img_1287

カーブ形状となっていますので、顔にフィットします。

これを日常で使用していると、気付かなかったですが、ストレートフレームですと、レンズ内側の映り込みが気になる事がある事に、眼鏡が壊れて初めて気がつきました。

カーブしている形状と、大きめのレンズのおかげで、自転車に乗っている時も、常識的な範囲内の速度でしたら、風の巻き込みは気にならないです。

では、早速重量を計測してみましょう(謎)。

Img_1280

15.2g!!

軽いです。これで、度付きです。

ちなみに、同じ度数で今修理中のPolihareはレンズシェイプが少し大きいのと、レンズ素材の違いもあって、

Img_0640

17.0gです。

これでも十分に軽いです。

ちなみに、普段自転車に乗る時に使用している、OakleyのRadarは

Img_0639

度入りで、34.3gなので、約半分の重量ですので、BLACのIkobeは半分以下の重量です♪

さて、今回のレンズは、調光レンズを使用しました。

調光レンズでは有名な、トランジッションズさんのレンズです。

少し特殊なヴァンテージと言うレンズ(日本では販売は限定的なようです(なんでも会社が吸収合併されたのなんだのでごたごたしているみたいです))で制作してみました。

室内では、ほんの薄いグレーです。

Img_1281

気になる人が、気にしてみれば、グレーに色がついているのに気付くくらいの色です。

ビジネスユースですと、その辺がネックになるかもしれないです。

透過光率は、80%を超えていますので、JIS規格で言うところの夜間運転に適合しています。

なので、安心して夜間のトレーニングにも使えます。

日光に当てると、紫外線で反応して

Img_1277

グレーになります。

写真で見ると、それほどグレーではないですが、実際はもう少し暗めに見えます。

とは言え、真っ黒黒かというと、そうでもないです。

気温によって変わりますが(気温が低い方が透過光率が下がる)、気温23度の時に、13%の透過率くらいになるそうです。

そして、ただ、色づくだけではないんです。

このレンズ。

なんと、偏光特性も持つようになるんです!

偏光レンズは構造上、今まで、透過光率の高いレンズを作る事が難しかったです。

透過光率を上げようと思うと、偏光率が下がってしまいます。

なので、夜間運転可能な偏光レンズは、偏光率もとても低くなってしまいます。

が、このレンズは、色の濃淡によって、偏光率が変わります。

透明な時は、偏光せずに、黒くなった時に偏光率が高くなります。

つまり、明るい環境下で、より効果的に眩しさを抑えてくれます。

とは言え、やはり、偏光率は低めのようです。

TALEXのレンズですと、

Img_1276

Img_1275

向きによっては液晶が見えなくなるくらいの高い偏光率を持っています。

が、トランジッションズのヴァンテージでは

Img_1279

Img_1278

わずかに透過光が下がってるくらいです。

撮影に時間をかけてしまいましたので、若干レンズの色が薄くなっていた感じはあります。

が、やはり、日中外で車の窓ガラスを見ていても、TALEXに比べると反射光の抑え方は控えめです。

逆に、液晶を見た時や、歪みのあるガラス(強化ガラス等)を見た時の違和感は、少ないと言うメリットがあります。

調光レンズなのですが、反射防止マルチコートがなされていますし、普段使いする分、見え方に全く問題はないです。

普通の眼鏡として使用できます。

そして、屋外に出て、だんだんと色が濃くなっていくのですが、その際の変化もほとんど気付きません。

グレー系のレンズカラーなので、色味が非常にナチュラルで、変化に気付かないです。良いか悪いかは別として、目を守るためには良いと思います。

もちろん、クリアー時、グレーのとき関係なく、UVA UVBは100%カットです。

屋内に入った時の退色が少し遅いのが気になりますが。

屋内でも、窓際等の紫外線の比較的強い場所では、レンズが黒くなります。

気になるのは、寿命ですが、プラスチックレンズの寿命を3年と考えると、ほぼそんなもんとの事です。

これで、夜明けのトレーニングに最適な眼鏡が出来ました!

あとは、起きてトレーニングするだけですね…(滝汗)。

|

« 2014 新潟ヒルクライム の ススメ その3 | トップページ | KASK Infinity エアロヘルメット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!BLaCのディーラーのものです
たまたまブログを見つけたので、コメさせて頂きました。
おそらく新潟のお方ですね!
これからもBLaCを宜しくお願いします!

投稿: Miyamatsu | 2015年1月23日 (金) 17時57分

Miyamatsuさん
ありがとうございます

書き込みありがとうございます。
今後も斬新で機能的でおしゃればアイウェア、期待しております!!
3Dプリンターを使用したメガネでスポーツラインのものをもっと増やして欲しいです!!

投稿: 管理者 | 2015年1月26日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLAC Ikobe:

« 2014 新潟ヒルクライム の ススメ その3 | トップページ | KASK Infinity エアロヘルメット »