« やる気の無いテープをみたくて(Powertap SL+分解清掃) | トップページ | カーボンのボールペン〜Tombow ZOOM101〜 »

トレーニング環境を改善したくて(Bose Solo TV sound system導入)

寒くて天気が悪いには悪いけど、積雪が無くて外を走ろうと思えば走れそうだけど実際走るとなると難儀そうだなと思う近頃の新潟。

ローラートレーニングモチベーション(←?)だだ下がりです。

そんな時に、ふと思う訳です。

もっとローラーの環境が快適だったら、ローラーのやる気が起きるのではないかと。

実際には全然関係ないのですが。

私のローラートレーニング環境なのですが、一応テレビはあるにはあるのです。

Img_8782

apple TVもつないであるので、音楽も聴けます。

が、なんせ音が悪い!!

音が悪いだけだったらいいのですが、音量をおっきくしていっても、ある程度より上だとあんまり音が大きくならない&音がこもっちゃって人の声が聞き取りにくくなっちゃう場合があるんです。

Img_8780

なんせ、こいつ(送風機と言う名の負荷装置)のおかげで、ただでさえうるさい3本ローラーがさらにうるさく…。涼しいですが。

ニュース番組みながらローラーしていて、何か重要そうな事言ってるなと思っても、内容が聞き取れなかったりする事があります。

で、こいつを見付けた訳です。

Bose Solo TV sound system

結論としては、「買って良かったと思いたい」

です(謎)。

まぁ、必需品ではないのでそんなもんでしょう。

少し詳しく書きます。

 

コンセプトは、「サブテレビにも少しはまともな音を(意訳)」だそうです。

なので、大きな期待をしてはいけません。

表の写真とか製品の写真はメーカーホームページとかにも乗っているので、裏の写真を(謎)。

Img_8784

そうなんです。プラスチック全開なんです。

ちなみに表もプラスチック全開です。

Img_8783

バスレフポートは後ろについているんですね。

端子はいろいろありますが、いっぱいつないでもセレクター機能はありません。

光デジタルが最優先だそうです。

付属品に光りデジタルケーブルがあるので、それでテレビとつないでみましょう。

Img_8785

…。ショボい(まぁ、そりゃそうですが)。

隠れオーディオマニアの家には、たいてい使われていない(そこそこ)高級光デジタルケーブルがあるものなので、引き出しをゴソゴソすると、ありました。

Img_8786

光デジタルケーブルは、品質の善し悪しに音質があまり左右されないのがメリットと言う事を無視しながら、さくっとテレビとつなぎます。

そして、スピーカーの電源ケーブルをコンセントにさしてしまえば、セッティングは終了。

これだけです。(あ、一応テレビの光出力の設定をリニアPCMで固定しておいた方が良いかもしれないです)

スピーカーの上にテレビを置く事になります。

リモコンもいたってシンプルで、電源スイッチと音量スイッチくらいしかありません。

変なセッティングボタンや通信機能とかはありません。

ただ、置いてつないで電源入れれば使える。

これだけのスーパーシンプルな機械です。

設置完了しました。

テレビの音量を0にして、スピーカーの電源を付属のリモコンで入れます。

少しずつ音量を大きくしていってみて、早速鳴らしてみます。

Img_8787_2

音量を調整して、テレビと交互にミュートしながら聞き比べてみます。

まぁ、それほどいい音ではないのですが、Boseのスピーカーの後に、テレビ内蔵のスピーカーで鳴らすと、テレビの音に対して、

「貧弱貧弱貧弱貧弱ううぅぅぅぅぅぅ!」

と言う感想しか生まれません。

当たり前ですが、テレビ内蔵スピーカーに比べれば、しっかりとした音が出ます。

テレビと比べると、比べるのが失礼になる位いい音がします。

しかし、私の場合、ローラーに乗った時にどうなのか?と言うことが重要です。

Img_8788

トレーニングがてら、視聴を開始します。

聞こえます。

きちんと聞こえます。

音量をきちんと大きく出来ます。

音量を大きくしていっても、音のバランスが崩れず、音がつぶれないのが良いです。

扇風機を作動させても音にあまり変化が無いのが面白いです(笑)。

普通のテレビを見ていても、喋っている人の言葉がきちんと聞き取れます。

ローラートレーニングをしていて、騒音のためにテレビの音量調節をしてもイマイチ聞き取りづらいけども、イヤホンやヘッドホンをしてトレーニングするのは嫌と言う特殊な方にはオススメできます。

が、(他人からみた)総合的な騒音レベルは上がってしまうので、ご近所さんや家族に配慮する事は必要だと思います。

個人的には、画面の設置位置が少し上がったのも嬉しいです。

自転車的なインプレ(謎)はこれくらいにして、もう少しスピーカー自体のお話を。

 

正直、視聴してから購入に至るまでかなり悩みました。

視聴した時に、それほど「いい音」と思わなかったからです。

まず、高域が奇麗に出てないなと感じました。

ユニットの詳細は不明ですが、カタログを見たり本体サイズから考えると、恐らくφ40mm程度のフルレンジスピーカーが4発にバスレフダクトにDSP内蔵アンプと言う構成だと思います。

ツイーターを使っていないとは言え、40mm程度のフルレンジであれば、もう少し高域が奇麗に鳴っても良いなと思いました。

もしかしたら、意図的に絞られてるかもしれないです。

また、小さいスピーカーで分かりやすく「低音出てる感」を出すために、中低域がかなり強調されています。

それでいて、空気の振動感をだすような極低域はカットされてます。

これらと、プラスチックな箱が合わさって、「箱鳴り感」(←私の造語です)がどうしても出ちゃいます。

なので、アコースティックギター等の箱を鳴らして出すような音は相性が良い(人間の声もですね)のですが、バスドラム等の「ドスン!」っていう音やハイハットの「シャラシャラ」感は、ややぼやけた感じになります。

とは言えサイズ(と値段)から考えたら、非常に優秀だと思いますし、どこできいても、どんな場所に設置してもそこそこいい音で聞かせるには、良いセッティングなのかもしれないです。

実際、部屋のいろんな場所で聞いても、ほぼ同じ音質で聞く事が出来ます。

ポンと設置して、いろんな場所で見たり、他の作業をしながら音だけ聞くような使われ方を想定すると、それで正解な気もします。

が、それにしても少し中低域が鳴りすぎているように感じます。

恐らく音量に応じたバランスの設定がなされていると思うのですが、特に音量を絞った時に、不自然に低域が鳴っているようにも思いました。

また、リアにバスレフポートがあると、壁との距離によって低音のなり方が変わりますし設置場所でも変わります。

そう言う事を考慮してか、低域のセッティングが変更出来るようになっています。

セッティングは、スピーカーのリモコンのミュートボタンの長押しだけです。

Img_8790

これが、ノーマルの状態。

LED電源ランプが緑です。

Img_8789

オレンジに光っていれば、低音控えめです。

モード選択はこれしかありません。

本当にシンプルです。

いろんなモードを作って、複雑にして、使われないよりは、シンプルに「これが我々の考えるいい音だ!」って言う事だけで勝負してくる。

わりとそう言う考え方好きです。

薄型テレビで、小さいインチのしかも安いテレビの音は、本当に酷いです。

いや、これは仕方が無いと思います。

私が小さいサイズの普及価格帯のテレビを企画するとしたら、真っ先にコストカットするのはスピーカーです。

画面や機能を気にする人は多いですが、安いテレビを買う時に音で選ぶ人はまずいません。

しかも、液晶テレビではスピーカーのサイズも限られますし、ふちを薄くしようと思ったら設置場所も変な場所になりますし、奥行きを薄くしようと思えばスピーカーボックスの容量が稼げないですし、軽量化しようと思えばスピーカー自体の重量も減らしたいですし、プラスチックも薄くしたいし、金型のコストを減らそうと思えば複雑な形状は避けたい。

もう、いい音になる要素が皆無です。

また、絶対的な振動板の面積が限られるので、音圧が稼げなくなります。

ボリュームを上げていってもある程度以上はあまり音が大きくなったように感じないのは、こういった理由もあります。

そこに目をつけた商品ではあると思うのですが…。

この商品は「あまり売れない事」を前提に作られていると思います。

そもそも、想定がニッチすぎます。

小型薄型テレビを買ったけど、音に不満があって、それでいてホームシアターのような大掛かりな装置は組みたくはないけど、ちゃっちい音じゃ嫌で、でもそんなにお金は出したくないし、めんどくさい事は嫌い。

が、そこにはまるとこれ以上の商品はありません。

あえて対象を、「32型以下のテレビ」と限定しているのもうまいです。

テレビ電源と連動するシステムすらないですが、連動しない方が楽と言う事もあると言えばあります。

私の場合、当てはまったのでいろんな意味でちょうどいい選択になりました。

そう思いたいと思います(謎)。

|

« やる気の無いテープをみたくて(Powertap SL+分解清掃) | トップページ | カーボンのボールペン〜Tombow ZOOM101〜 »

浪費が止まらない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレーニング環境を改善したくて(Bose Solo TV sound system導入):

« やる気の無いテープをみたくて(Powertap SL+分解清掃) | トップページ | カーボンのボールペン〜Tombow ZOOM101〜 »