« やっとリコール対応 | トップページ | CAAD10 値下げ »

甘利山のスーコを試走してみた

日曜日は、グンニーレトを兼ねて、次のレースのスーコである、韮崎甘利山のスーコを試走してきた。

トータス位置がイマイチ分からなかったが、ルーゴは恐らくここだろうと言う、場所は分かった。

ん?

読みづらい??

元ネタはこちら→http://hmaru8020.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-31a1.html

失礼しました。以後普通に。

土曜フルタイムの仕事が終わってから、車のリコール対応してもらった物を受け取りに行ってからの出発になったので、韮崎に到着したのが深夜。

何故、無理してまで試走に行きたかったかと言うと、これ。

20121029_112341

スクリーンショットにて。

ゴール前に少し下りがあるように見える。

これは、レースするうえで、凄く重要なポイント。機材の選択にも影響する!と言う事で、ちょい無理して行ってきた。

ログは…。恥ずかしいから非公開で(汗)。

最初は、良いタイムと出力を出して!と意気込んでいたのだが、最初の急斜面でやられて、ヘロヘロになってしまい、コースの下見と言い訳を作って、グレーチングや路肩の気になるところでちょっと引き返したりしながら登ってた…(汗)。
平均出力は、なんと200wを切り(ゼロも含んで平均してます(←言い訳になってない))、タイムもたっぷり1時間以上かかって…。

恐らくスタート地点はここ。

Img_3252

でも、「実はスタート位置がもっと手前だった」と言う精神的ダメージを避けるため、もう少し手前の急斜面からスタート。

ちなみに、集合場所からスタート位置まで、高低差が100mくらいある。

しかも、平気で斜度7〜8%の斜度が続くし、最大斜度12%!

スタートまでが、ちょっとした、ヒルクライム…。

コースの完走としては、正直試走の必要性を感じなかった。

スタートからゴールまで、ほぼ激坂。

斜度に変化があると言っても、緩くて7%位。最大では14%位。

10%以上の傾斜がかなり長い区間続く場所もある。

1カ所だけ、斜度計が1%を示した区間があるが、距離は10mくらい(涙)。

つまり、休む場所無くずっと激坂。

私レベルだと、無理しすぎない一定ペースで淡々と走るしかないコース。

ゴール前数百メートル、確かに少し斜度緩まるのだが、7%位。

ルートラボで、下りに見えるのはこの区間か?

ゴールはここだと思われる。

Img_3240

10%の斜度を超える区間が普通にあるし、斜度の緩急がないから、斜度の感覚が麻痺する。

あ、ちょっと楽と思って、ふとメーターを見ると、10%だったり…。

序盤の、ほぼ直線の長い急坂(12%程度)は、本当に心が折れた…。

とりあえず、フロント34Tでリア26Tで行くけど、正直ギア足りなそう。

でも、これくらいでガンガン登って行けないようでは、そもそも勝負にならないだろうから、これくらいで行く!と言う気合いだけ…。

最後に、甘利山、とても自然豊かなところ。

夜に車で試走した時に出会った動物達(撮影出来たもの)

Img_3233

鹿の群れ(ゴール地点、5・6頭いました)

Img_3235

分かりづらいけど、日本カモシカ

凄く夜景が奇麗だった。写りの悪い写真…。

Img_3234

激坂のこの大会、楽しみなの半分、正直逃げたいの半分…。

|

« やっとリコール対応 | トップページ | CAAD10 値下げ »

トレーニング記」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございます。
寒さに超弱いし、2kgぐらい太ったので全然ダメでしょうけど、エントリーしてます。
下りがあっても「フロントシングル」と決めてましたが、これで心置きなくフロントシングルにしていけます。F39T、R11-28Tで行っときますわ!

投稿: レッド | 2012年10月30日 (火) 16時54分

レッドさん
コメントありがとうございます。

心のどこかで下りや緩斜面を期待してたのですが、見事に裏切られました(笑)。

私も、心置きなくフロントシングルで行きます!(←貧脚につき34Tですが(汗))

投稿: 管理者 | 2012年10月31日 (水) 16時08分

はじめまして 坂道 登 と申します。
グーグルの航空写真などとよーく見比べてみましたところ
公式のルートラボでは駐車場を通過して2-300m位下った先がゴール地点になっています。
でも多分これは間違いで、へたれさん(て呼びづらいですね。
私は決してへたれさんのことをヘタレとは思ってませんから。念のため。)と同じく、駐車場入り口のアスファルト舗装が途切れるところがゴールと私も予想しています。
ゴール後に数百人の選手が待機できるような場所はこの駐車場しかなさそうですし、公式サイトでも「ゴールは(中略)甘利山広河原駐車場」と明記されてますので。ゴール後に駐車場まで2-300m引き返させるようなコース設定は無理があるでしょう。
私の想像では「自動車(または自転車?)の距離計で実測した11.7kmという数字に合わせてルートラボをクリックしたらこの地点になっちゃいました。」
ということではないかと。
ルートラボでは実際の距離より短く表示される傾向があるように私は思います。
それを踏まえてプロットしたコースがこちらです。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/race/info?id=ef9c721f8ecfab4f2442c3ae13c2990f
つまり、麓のゲートがトータスライン、駐車場入り口のゲートがルーゴラインという予想です。

投稿: 坂道 登 | 2012年11月 1日 (木) 23時09分

坂道登さん
コメントありがとうございました。

初めまして!
詳細なコースのレポートありがとうございます。

私も、先まで行ってみたのですが、現実的ではないなと思って、あそこがゴールだと勝手に判断しました。

ルートラボのコースまで貼っていただいてありがとうございます。

いやぁ。嫌って言うほどの激坂ですね…。

投稿: 管理者 | 2012年11月 2日 (金) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘利山のスーコを試走してみた:

« やっとリコール対応 | トップページ | CAAD10 値下げ »