« CANNONDALE HOLLOWGRAM SI SL2の情報が! | トップページ | SPECIALIZED S-WORKS PREVAIL »

CANNONDALE 2013ラインナップの一部

キャノンデールの2013ラインナップが一部発表されたっぽい。

元ネタはこちら→http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fwww.bikerumor.com%2F

個人的には、シクロクロスバイクのディスクブレーキ化が一番のトピックス。

2013cannondalesuperxdisccyclocrossb

SUPER X欲しいぞ。カッコいいぞ!!

2013cannondalesuperxdisccyclocros_2

REDの油圧は間に合わなかったのかな?でも、テストはしてますみたいな事は、書いてある。

2013cannondalesuperxdisccyclocros_3

2013cannondalesuperxdisccyclocros_4

確かに、リアブレーキもフルアウターでフレーム内蔵みたいだから、油圧にも対応できそうだ。

2013cannondalecaadxdiscalloycyclocr

CAAD Xもかっこええなぁ…。普段乗りなら、こっちの方が良いかもしれない。

EVOはラインナップを拡大するらしい。

現行のEVOは、EVO Hi-MODとして、その下に、Hi-MODではない、金型を共有するモデルが出るらしい。

まぁ、各社良くやる手だけども、正直ちょっとやめてほしかったな。

2013cannondalesupersixevostandardmo
↑アルテグラDi2モデルが5200ドル

で、これが画像なのだが、カラーリングが今年のモデルと酷似。

2013cannondalesupersixevostandard_2
↑REDモデルが4450ドルらしい

REDモデルのコンポが、2012モデルと2011モデルのミックスコンポみたいになってるけど、このまま発売なのかな?

フレーム重量は、サイズ56で950g程度との事。やっぱり、結構重くなるんだ。

EVO(Hi-MOD)の乗り味が、フレーム設計から来ているのか、カーボンの質も大きく関わってるのかがはっきり分かって面白いとは思うが、やはり、フレーム重量アンダー700gは結構特殊な事をやってきているのだろう。

気になるのは、カラーリング。

これ、セカンドモデルになると思うのだが、今年のチームカラーがこのグレードに来ちゃってる。

ってことは、2013年のトップモデル(EVO Hi-MOD)のカラーリングが大きく変わると言う事なのだろうか?

それは、リクイガスチームの存亡と関わっているのだろうか??非常に気になる。

女性モデルに、EVO Hi-MODが設定されたのは、嬉しい。女性の競技人口も、レベルも上がってきていて、より本格的な機材を求める声が高まってきているのだろうか。

2013cannondalewomenssupersixevohimo

カラーリングもカッコいい!!

EVOのスタンダードモデル、今使ってるCAAD10がへたったときの入れ替えに考えても良いかなとも思う。フレーム価格次第。

とりあえず、今のところはこんな感じか。

|

« CANNONDALE HOLLOWGRAM SI SL2の情報が! | トップページ | SPECIALIZED S-WORKS PREVAIL »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

今日のメシの種はこれで決まりですな

12MのSSが全くモデルチェンジしなかったので
予想はしてましたが・・・・
カーボンの質が変わるのがどう影響するかは見ものですね。
EVO Hi-Modでチームカラーがどうなるかが気になりますね。
まさかの2グレード展開ってことはないですよね・・・・

今のところレースの画像みてても変化は見られないのでツールで投入なんでしょうか?

投稿: ヨウ | 2012年6月21日 (木) 19時53分

ヨウさん
コメントありがとうございます。

2013のチームカラーは、リクイガスチームが今後どうなるかにかかってますから、ツールではまだな感じがします。

来年、Cannondaleが自転車を供給するチームがあるのかどうなのかになりそうです。

投稿: 管理者 | 2012年6月22日 (金) 08時32分

 先週末にPinarelloの2013モデルも発表されたのですが、DOGMAが40万円台に……
 これは管理者様がEVOについて昨年記事にされていたように「中国産」を意味するのでしょうね。
http://hmaru8020.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4864.html

 なんだか味気なさがどっと……トップモデルは「自社の職人が丹精こめて」という幻想が美しかったのですが。

投稿: homradama | 2012年6月25日 (月) 12時22分

homradamaさん
コメントありがとうございます。

確かに、名だたるトップブランドが、ほとんど台湾や中国生産になりつつありますね。

メリットやデメリットもあるのだとは思いますが、やっぱりちょっと寂しいですね。

ボーイング787でも分かるように、カーボンは、繊維も積層も日本のお家芸と言える産業なので、自転車でも、日本メーカーが、台湾や中国では生産出来ないような高度な技術を使用した、ビックリするようなフレームを製作して欲しいですね。

投稿: 管理者 | 2012年6月25日 (月) 12時40分

いつも拝見させて頂いています。
私はCAAD10にREDで組んだのですが、やはりこのブログを拝見するたびにEVOにすればよかったと後悔してしまいますw

これからも更新楽しみにしています☆

投稿: zenzen | 2012年6月29日 (金) 13時16分

zenzenさん
コメントありがとうございます。

CAAD10をREDですか!
良いですね!!
CAAD10も凄くいいバイクで、毎日のトレーニングにこき使ってますが、乗るたびに良さを感じますね!

CAAD10がレースバイクとして何時でも使えるからこそ、EVOを極端な仕様に出来ているってのもあります。

こんなブログですが、これからも是非覗いてやって下さい。

投稿: 管理者 | 2012年6月29日 (金) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CANNONDALE 2013ラインナップの一部:

« CANNONDALE HOLLOWGRAM SI SL2の情報が! | トップページ | SPECIALIZED S-WORKS PREVAIL »