« 2012サイクルロードレースSUGOさくらスプリントカップ (観戦編) | トップページ | ヒルクライムチャレンジシリーズ2012 喜多方雄国湿原大会車で試走 »

GOKISOのハブ

SUGOさくらスプリントカップで、以前から気になっていたGOKISOのハブに試乗する事が出来た。

へ?ハブ??

と思われる方も多いだろう。

実際、ハブは自転車パーツの中では日陰の存在。

完組ホイール全盛の現在にいたっては、ハブはほとんど忘れられてると言っても良い存在。

それなのに、GOKISOはハブの価格が220,500円もする高額ハブを売り出した。

ハブの性能を前面に押し出して。

しかも、軽量ではなく、回転性能を。

完組ホイールのほとんどは、シールドベアリングを採用している。

こちらの方が、製造しやすいし、ベアリングの性能はベアリング専門メーカーに任せれば良い。

今でも手間がかかるカップ&コーンベアリングのハブを作ってるのなんて、大きいところではカンパとシマノくらいしか思いつかない。

私も、普段シールドベアリングのホイールに乗っているのだが、たまーに良く手入れされた、カップ&コーンベアリングのホイールに乗ると、その回転の滑らかさにうっとりする事がある。

シールドベアリングでも、手で持ってまわせば、驚くほど回るホイールはあるけど、乗った感じだとやっぱりカップ&コーンベアリングのスムーズさは際立つ。

シールドベアリングでは、想定される加重方向が1方向しか無いが、自転車はダンシングしたとき等に、色んな方向から力を受けるので、恐らくそう言った面でカップ&コーンベアリングの方が有利なのだろう。

カベンディッシュが、ZIPPのリムを使う時も、必ずDURAのハブを使って手組するのは、剛性のコントロールが自在に出来るという理由以外にも、きっとハブ自体の剛性や、もがいた時のフィーリング面もあるのだろうと、勝手に推測している。

で、肝心のGOKISOのハブなのだが、ベアリング自体は、いたって普通(我が日本の誇る超高精度のものだが)のシールドベアリング。

で、多方向からの力と言う課題に対し、いろいろな方法で対応している。

詳しくは、メーカーのホームページで→http://www.gokiso.jp/index.html

ある程度、「良いんだろうな」と思って試乗したのだが、完全に予想を上回った。

雑誌や、ネット記事で絶賛されていたのだが、それが納得出来る。

端的に言うと、凄くスムーズになる。乗り心地が良い。

そして、凄い高精度な物に乗っていると言う感覚が生まれる。

段差を越えてもガタを感じない。だから、静か。そして滑らかでストレスが軽減される。

このハブに比べれば、一般的なシールドベアリングのホイールがいかにガタが多いかが分かる。

ちょい乗りだったので、峠のタイムが縮まるのかは、分からない。

重量が重いので、私の場合だともしかしたらタイム向上は望めないかもしれない。

が、平坦やロングライドなら明らかに武器になる。この滑らかさは。

久々に、ちょい乗りにも関わらず、これ欲しい!と思った商品だった。

ちなみに、完組ホイールは30万程度。

ちょっと、本気で欲しいな…。

|

« 2012サイクルロードレースSUGOさくらスプリントカップ (観戦編) | トップページ | ヒルクライムチャレンジシリーズ2012 喜多方雄国湿原大会車で試走 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548334/54613688

この記事へのトラックバック一覧です: GOKISOのハブ:

« 2012サイクルロードレースSUGOさくらスプリントカップ (観戦編) | トップページ | ヒルクライムチャレンジシリーズ2012 喜多方雄国湿原大会車で試走 »