« GREAT CYCLING RACES 2012 | トップページ | 人生初!平坦レース »

たかがネジ。されどネジ。

ネジの軽量化。

そんなに変わらないと言えば変わらないし、馬鹿にならないと言えば馬鹿にならない。

今回注文してたネジは、ボトルゲージの取り付け穴を塞ぐためのプラスチック製のネジとスピードプレイのクリート用のチタンネジ。

まずは、ボトルゲージ穴塞ぐようネジ。

Img_2238

↑これはCERVELO純正のネジ

RENY製(ガラス繊維50%強化ポリアミドMXD6(三菱エンジニアリングプラスチックス))で、いわゆる複合材料。

Img_2240

4本で1g!!

樹脂ネジの中では強度は高い方だが、ボトルゲージを固定するのには使用しない方が良い(汗)。

また、ヘクサロビュラ(いわゆるトルクス)穴のため、樹脂ネジだが、締め付けはしっかり行える。

あくまで穴塞ぐように。

Img_1960

ax-lightnessのボトルゲージに付属してきた超軽量アルミネジ(2本で2g)よりも遥かに軽量。

ボトルゲージを使わない(もしくは1つしかつけない)方で、レース時、ネジを外してる方を結構見る。

ただ、穴をあけたままにしとくと、水の浸入やゴミの進入の可能性があり、あんまり良くない。

ネジ穴がさびる事もあるし。

これに交換しておけば(さらにネジにグリスを塗っとくと安心感倍増)、水やゴミの進入も無いし、ネジ穴もさびない。

いかがでしょう?

次は、スピードプレイのクリート用。

Img_2243

8本で9g。

スピードプレイのクリートの固定ネジは、鉄製で、結構重い(&さびる)。

ただ、緩みにくいようにネジロック剤が塗布されてたり、ネジ裏に穴が加工されてて、緩みにくくしたりと工夫してあるネジなので、あんまり安易に交換しない方が良いと思う。

Img_2242

これがチタン製。丁度合うサイズが無かったため、1mm純正よりも長い。

チタン製に交換すると、8本で4g軽量化出来るが、メリットとデメリットを考えると、それほどメリットが大きい数字とは思えない。

一応、ゆるみ止め(&固着防止)にロックタイトを塗布して使うつもり。

でも、外れなくなってしまったら、シューズが駄目になるので、かなり覚悟がいる…。

とりあえず、まだクリートの交換時期ではないので、クリート交換した時と、その次の交換時期がきたら、また報告する。

ちりも積もれば山となる。

まぁ、気分の問題なんですけどね(汗)。

|

« GREAT CYCLING RACES 2012 | トップページ | 人生初!平坦レース »

機材ネタ」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかがネジ。されどネジ。:

« GREAT CYCLING RACES 2012 | トップページ | 人生初!平坦レース »