« スタッドレスタイヤに換装! | トップページ | ax-lightnessのステッカーを張り替える »

ペダルを交換してて気付いた事。

最近、ペダルを着脱する機会が多かった。

CAAD10が納車されたし、エンデューロでチームメイトのマシンを整備したり、R3を渡すために整備したり(まだ途中…)。

で、CAAD10+HOLLOWGRAM Si SL、CAAD10+SLK、R3+RACING TORQ RS、ANCHORの古いアルミフレーム+RACING TORQ Rと結構な組み合わせのペダルを脱着した。

この中で、1つ。

CAAD10+SLKだけ、ダントツにクランクがたわような気がした。

具体的に言うと、ペダルレンチで力をかけると、グニャって内側に曲がる。

柔らかいと言われてる、フルクラム(カンパ)のクランクより簡単にたわむ。

HOLLOWGRAMは、その超軽量ぶり(BB合わせて580g!)に似合わず、クランクのたわみが一番少ないように感じた。

BB回りの剛性の影響なのかな?とも思ったが、HOLLOWGRAMとSLKはどちらもCAAD10で組んであった物だから、それは無いと思う(←というか、CAAD10ってBBの剛性が高いって、ペダル組み替えてても感じる)。

もちろん、ペダルレンチで力をかけるという、通常のペダリングとは違う力がかかるんだから、そのときにたわもうがたわまなかろうが、関係ないのかもしれない。

クランク剛性が高い方が良いのか、低い方が良いのかは、いろいろ議論されてるし、私にはよくわからないが、気になるっちゃ気になる。

自転車屋さんに、

「SLKのクランクって柔らかくないですか?」

って聞いたら、

「踏んでる分には全然気にならないけどねぇ。」(←なんか答えちょっちはぐらかされた気もする(汗))

と言われた。

ペダルの脱着経験は私なんかより全然多いだろうし、踏んでみて気にならないんだったら別に良いとも思う。

どうでも良い事かもしれないが、ちょっと気になったので、記事にしてみた。

なにか良い情報があったら教えていただけると嬉しいです。

|

« スタッドレスタイヤに換装! | トップページ | ax-lightnessのステッカーを張り替える »

機材ネタ」カテゴリの記事

CAAD10ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペダルを交換してて気付いた事。:

« スタッドレスタイヤに換装! | トップページ | ax-lightnessのステッカーを張り替える »