« Vittoria Crono EVO CSⅡ | トップページ | ボジョレー解禁! »

来年のレース用タイヤ決定!!

鬼に笑われてしまいそうだが、来年のレース用タイヤ購入!!

早すぎると言われるかもしれないが、レース直前になって、目当てのタイヤが手に入らなかったりすると、相当焦る。

それが嫌で早めに購入。

シーズン前になると、人気のあるタイヤは品薄になるし。

購入したタイヤは…。

TUFOのElite Jet<160g

Img_2106
↑なんか面白い箱。HAND MADE IN EUROPEって範囲広いなぁ…。

はい。軽さで選びました。

耐パンク性?

考えてません。

細いタイヤに対する偏見はContinental Competition 19mmで大分なくなったけど、それでもやはり少し心配。

でも、Elite Jet<160gはスペック上20mmだからCompetition 19mmよりも太い事になる(多分そんなことは無いと思うけど(Competitionは実測20mm)。

気になる重量。

このタイヤを購入された方は気になるはず。

グリップや転がり抵抗やましてや耐久性や耐パンク性よりも気になるであろう重量(笑)。

Img_2107

袋に入った状態(説明書入り)で160g!!

凄い!スペック通り(←自転車界ではカタログ重量通りなのは珍しい事なのです)。

もう一本は…

Img_2108

167g…。

むむむ?

気になったので、袋と説明書を取り除いた状態でも測定。

Img_2109

159g!!

見事!!!

ってことは、袋込みで160gだったやつは、152gだったって事か…。

とりあえず、袋に戻して封をして保存しときました。

貼るのはレース前1ヶ月くらいかなぁ。その頃なら、初期不良でパンクしてても、補充間に合うし。

あぁ、楽しみ。

ちなみに、触った感じは、もうヤバいくらい危うい。

手軽に体感出来るもんと言ったら、ロードバイク用のスタンダードなブチルチューブが結構近い感じ。

買ったのはタイヤだよね?って思う(笑)。

TUFOはチューブラーでもちょっと特殊な構造のタイヤで、ケーシングとインナーチューブが一体化している。

チューブレスチューブラーなんて言われ方もするが、私の印象では、「チューブにトレッドが乗っかってる」ってな印象(←スタンダードなチューブだと、大体80g〜100gくらい(700×18〜25c程度だと)だから、重量的に言ってもそんなもんかも(汗))。

パンクはするもんだと思って乗ろう。

あ。でももちろんシーラントなんか入れないです。そんなもん入れるんだったら、別のタイヤ履いた方がまし。

それはともかくとして、今年レース用にはいてたタイヤ(Vittoria CRONO EVO CSⅡ)は実測188gと190gだった。これでも十分に超軽量タイヤなのだが、これよりも合計で67gも軽くなる。

タイヤの67gはかなりでかい。

恐ろしいタイヤだ…(←いろんな意味で)。


あ。そういえば、ついでにCompetitionのスペアも同時に購入。

ものすんごい気に入っちゃったんで、練習用は、多分これ以外履かないと思う。しばらくは。

|

« Vittoria Crono EVO CSⅡ | トップページ | ボジョレー解禁! »

機材ネタ」カテゴリの記事

タイヤの話」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年のレース用タイヤ決定!!:

« Vittoria Crono EVO CSⅡ | トップページ | ボジョレー解禁! »