« 11月のトレーニングテーマ | トップページ | CAAD10 105をグレードアップするのなら Vol.2 »

CAAD10 105をグレードアップするのなら Vol.1

CAAD10が大分良い自転車と言う事が分かったので、CAAD10 105をグレードアップするならどこから手を付けるのが良いのか、妄想して記事にしてみようと思い立った。

で、Vol.1では、初めてロードバイクを買った方がどこからいじって行けば良いかを私なりに妄想してみた記事。
Vol.2は、私がレース用自転車としてCAAD10を使うならという半分本気な(←ネット通販の購入ボタンをクリックしそうな)勢いで妄想した記事という設定でいこう(←謎)。

さて、Vol.1は初めてロードバイクを買ったという想定

スポーツバイクが初めて、もしくはクロスバイク等から乗り換えで初めて買ったロードバイクがCAAD10 105。

Img_1768

おめでとうございます!あなたは潜在的に、レースでも十分に戦闘力のあるレースバイクを手に入れました!!

でも、完成車そのままのスペックじゃ少し心許ない。でも、どこからいじって行くのが良いのか分からない…。

CAAD10 105のパーツ選択はバランスがとれてますので…。

そんな時は迷わず乗る!

乗って、分からない事や、メンテナンスの仕方や、修理の仕方をショップや知り合いに効いてマスターして行く。

ショップに全部任せるのもいいが、自分である程度いじれるようになると、やっぱり楽しい。そして、乗ってる間にトラブルに遭遇しても対応出来るようになる。

あっ!

もちろん安全のために、ヘルメットとグローブ、ライト類はしっかり装備

P1000083
↑自転車に乗っていれば転んでしまう事もある。そんなとき、ヘルメットをかぶっていれば、ヘルメットがこんなにぼろぼろになりながらも、大切な頭を守ってくれる。

最初はフラットペダルだって良い。ビンディングペダルが怖くて乗らなくなるよりは全然良い!

ロードバイクに慣れてきたら、ビンディングに変えれば良い。

いっぱい乗れば、不満なところが自ずと見えてくる。

初めてロードバイクを買った方からすると、とっても高価な買い物のはず。

そして、カタログを眺めてると、パーツ類も驚くほど高価なものがいっぱいある。

高いやつはやっぱかっこいい!

でも、怖くてちょっと買えない…。

私のおすすめは、まずリアディレーラ(変速機)のプーリー(2枚ある歯車みたいな部品)をデュラエースに交換する事。

Img_1721
↑左下がプーリー。右下は、デュアルコントロールレバーのカバー。カラーコーディネートも楽しいかも。

105は、ベアリングが入っていないが、デュラエースのプーリーならベアリングが入っている。4000円近くもしてしまうが、その効果は大きい(でもあんまり体感出来ないかもだけど)。チェーンがスムーズに回るようになる。

そして、ハンドルやステムを交換してみる。

完成車に付いてくるハンドルやステムのサイズがぴったりとは限らない。

ショップと相談しながら、いろんなサイズやハンドルの曲がり具合の違うのを試して行って、好みのものを見つけるのが良い。

ハンドルもステムも、サイズを探す間は安いものを買い替えて行って、これだ!って言うものが見つかってから、同サイズのこだわりの高級品を買うのが失敗が少ない。

Img_1660
↑メーカーによっては、全く同じ形状で、素材(値段)が違う商品がある。上がアルミ製で約5000円(280g)。下がカーボン製で約40000円(172g)。

サドルも同様。何種類も試さないとぴったりのものが見つからないかもしれないし、一発で好みのものが見つかるかもしれない。

シートポストは重いものが付属してるから、ある程度ポジションが出たら、軽量なものに変えるのも良いかもしれない。

Img_1971

↑サドルとシートポストで合計160gって言う超軽量な製品もある。重量に反比例して値段が跳ね上がるのが自転車部品(笑)。標準で付いてくるサドルとシートポストは307gと248g。サドルとシートポストだけでなんと390gも軽くする事も可能!

ハンドルバーやサドル、そしてポジションは、乗って体力が付いてくると好みが微妙に変わってくる事が多い。

だから、最初はとにかく乗って乗って乗りまくろう!

さて、ポジションもばっちり決まってハンドルもステムもサドルもぴったりのものが見つかった!

恐らくここまでくるのに3ヶ月くらいはかかるのではないだろうか?

そうすると、気になってくるのはホイールとタイヤじゃないだろうか?

Img_1797

↑標準で付いてくるホイールは25000円程度の製品。重量は前後で1900g近くあり、軽量とは言いがたい。

本当は最初に変えたくなるのがホイールかもしれない。

が、初めて買うロードバイクなら、ここまで待った方が良い。

ロードバイク。初めて乗ると、やたらパンクする。段差の越え方や、路面上のゴミのよけ方がまだ身に付いてないから。

だから、最初に付いてきたタイヤやホイールでそれを練習しよう。そして、パンク修理も一通りマスターしてから、良いホイール&タイヤにした方が、良いだろう。

ホイールとタイヤ、いっぱい種類があって、何を選んだら良いか分からないと思うが、これはショップの方や身近な知り合いに相談しながら選ぶのが良いと思う。

もし、私がお勧めするならば、その時点自分が出せる最高の金額のホイールを買うのが良いと思う(←全然答えになってない)。

Img_1386

↑フレーム以外で、最も高価になる可能性のある部品。とっても高価だが、このホイールは前後で1080g程度。ホイールが800gも違うと、自転車が別物のようになる。

ホイールはとっても重要。

どうせ買うならとびっきりのものを。

Img_2029

クリンチャー・チューブレス・チューブラーと種類がいろいろあるけれど、私がおすすめするのはチューブラー。

ミヤタのTTPが出来てから本当に手軽になった。

Rimtape20m
↑私にとってチューブラーを身近にしたミヤタのTTP

クリンチャーホイールはもう持っているのだから、チューブラーに挑戦出来る。

普段は最初に付いてきたホイールを使って、特別な時だけチューブラーホイールにする。

そんな行為も、なんか特別な乗り物に乗ってるって感じがして良いのではないだろうか?

ホイールを交換するのにちょっと勇気がない…。

という方は、タイヤだけでも交換してみる。タイヤを交換しただけでも結構ガラッと変わる。

クリンチャーなら、Continental Grand Prix 4000Sみたいな総合力の高いタイヤから試してみるのが良いかも。

私が使った事のある中では、ミシュランのPRO3もおすすめ(←でも、もうPRO4にモデルチェンジしたけど)。

チューブは理想的にはラテックスチューブなのだが、空気抜けしやすかったり、そもそも不良品が結構多かったり、そして結構な値段がするから、すごく気合いの入った人しかおすすめ出来ない。

ブチルチューブなら、MAXXISのフライウェイトみたいな、可能な限り薄くて軽いチューブがオススメ。

チューブが薄いからってパンクしやすいなんて事は無い。チューブまで達する破片が刺さった時は、チューブの厚さなんて関係ない。

標準で付いてくるタイヤは、1本247g。チューブは95g合計342g。これをコンチの4000Sとフライウェイトチューブに交換すれば、205g(23C)と55gで合計260g(すみませんカタログ値です)。

タイヤとチューブで前後で160gも軽く出来る!!

タイヤとチューブの軽量化は走りに効く。すごい効く!!

タイヤをいろいろ変えて楽しんで、その間にお金を貯めて、ホイールを買うなんて言うのも良いかも。

さて、ここまでくると、皆さん気になっているのだろうか。

コンポーネント(変速機等)は変えなくて良いのかと?

これは、一番最後で良い。

正直なところ、105で十分。デュラエースで全部そろえたって、性能の違いは微々たるもの。

ただ、どうせ交換するなら、SHIMANOだったらデュラエース!

Img_1654
↑デュラエースは、シマノ中最軽量なのも魅力なのだが、仕上げのきれいさでもアルテグラ以下に大きな差を付けている。そして、値段でも…。

デュラエースなら、変速性能も耐久性も問題ないし、見た目の満足感も高い。そして、消耗部品が手に入りやすく、いろんなショップで修理が出来るって言うのも高いポイント。

電動なんて飛び道具を使うのも楽しいかも。

 

ただ、BB30を使用しているCAAD10。

クランクの選択は迷うかもしれない。

変速性能にこだわるのなら、BBにアダプターを入れて、デュラエースのクランクを。

デュラエースのフロントの変速性能は他のどのメーカーのものよりも抜きに出て良い。

変速性能にこだわらないなら、CANNONDALEのHOLLOWGRAM Si SLが断然おすすめ。

Img_1818
↑これはチェーンリングが純正ではないです。この使用でも、BB・チェーンリング込みで600g!

実測でBB・チェーンリング含めて580gを下回る超軽量クランク(標準品は約845g)。

それでいて、剛性が高く、Qファクターも小さい(←小さいQ-ファクターをペダルやクリートのセッティングで広げる事は簡単だが、狭めるのは不可能)。

こんな素晴らしいクランクが使えるのに、他のクランクを使うなんてもったいないって気は少しする。

ただ、このクランク、100,000円以上するが…。でも、軽量カーボンクランク達と比べるとそんなに高価でもない値段。

ここまでグレードアップすれば、もう自分だけの1台

Img_2033

↑自分でバーテープが巻けるようになれば、気軽にカラーコーディネート(気分転換)出来る。私はバーテープ巻くの苦手だけど(汗)。

あれ?最初と共通の部品はフレームだけになっちゃってるっ?

それも自転車いじりの楽しさ(笑)!

と、こんな感じでグレードアップして行くのがおすすめかなと思う。

|

« 11月のトレーニングテーマ | トップページ | CAAD10 105をグレードアップするのなら Vol.2 »

機材ネタ」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

CAAD10ネタ」カテゴリの記事

コメント

現在こいつを購入検討しとるものです....
tcr sl2 かこいつの二択です....
クロスからはやく乗り換えたい.......

投稿: | 2013年10月15日 (火) 00時45分

コメントありがとうございます。

TCR SL2も良さそうですよね!ジャイアントが作ってるだけあって、コスパは最高だと思います。

CAAD10も2014モデルから、リアブレーキのワイヤーが内装になったり、Di2とワイアーのどちらのコンポにも対応出来るようになったりと、アップグレードしてます!

是非是非ご検討ください!

投稿: 管理者 | 2013年10月15日 (火) 17時34分

10/15にて書き込ませてもらったものです!
買ってしまいましたよキャド10納車が待ち遠しいw
 ブログいつも見てます!
がんばってください!

投稿: | 2013年10月27日 (日) 18時48分

はじめまして!
いつもこのブログを読んでいる貧乏学生です!
caad10をそろそろ買おうと思っています。ゆくゆくはホイールを交換したいと思っているのですが、10万円前後までで買えるオススメのホイールを教えて頂けませんか?

投稿: | 2013年10月29日 (火) 11時30分

購入おめでとうございます!!

納車楽しみですね!!!

安全に気を付けて、存分に楽しまれて下さい!!!!

投稿: 管理者 | 2013年10月29日 (火) 12時42分

コメントありがとうございます。

私が予算10万で2014モデルから選ぶとしたらSHIMANOのWH-9000 C24CLでしょうか。

もう少し高くていいのならば、MAVICやカンパ(フルクラム)のアルミスポークのホイールを購入すると思います。
私はアルミスポークのホイールを使用した事が無いので、使ってみたいなぁと言うひいき目も入ってます。

10万円前後は、よく売れる価格帯ですので、どこのメーカーでもかなり気合いの入ったモデルが出てますので悩みます。

クリンチャーかチューブレスかチューブラーか?や空力重視か軽さ重視か等で選択肢を絞って行く事が出来ると思います。

高価になればなるほど、軽くて空力も良くて剛性も高い(丈夫と言う意味ではない)ホイールが購入出来るようになりますが、10万円前後だとこの要素の1つ又は二つを満たす事が精一杯な価格帯です。

と、同時に設計によっては手組が絶対に敵わない製品が出てくる価格帯でもあります。

しかし、この価格帯全てがそうとも限りません。

そう言った意味で、難しいですね。

そう言った裏話がちょろっと(でも無いですが)出てくる楽しいホームページのアドレスをこっそり(?)貼っておきますので、参考にしてみて下さい。

http://pass13.blog.fc2.com

投稿: 管理者 | 2013年10月29日 (火) 13時02分

ホイールの質問をした貧乏学生です。日曜日が待望のCAAD10納車日です!!!
丁寧に長文で返信していただき大変感謝しています。参考にさせていただきます!!!

ところで
現在、クロスに乗っていてペダルをSPD-SLにしています。どうやらガニ股のようで、クランクにくるぶしが当たらない程度につま先が外側になるようにクリートをずらしたのですが、それでも膝が痛いままだったため、bikefitのペダルスペーサーというものを使用しています。
こういうものを使用するのはあまりよろしくないのでしょうか?また、レースの出場者などで使用しているのを見たことありますか?大手のメーカー(シマノなど)で作っていないようなので何か理由があるのではと思っています。
質問ばかりですいません。。。

投稿: | 2013年11月 9日 (土) 02時05分

コメントありがとうございます。

納車おめでとうございます!!
安全に気を付けて、いっぱい乗って楽しんで下さい!!

ご質問の件ですが、なかなか答えづらい質問でもあります。
人間の身体なので、個人によって差がある事は当然で、ペダル軸に関しても、クリートの調整範囲を超えてしまう事はあります。
SPEEDPLAYはメーカーが何種類かのペダル軸長をラインナップしていますし、プロでもスペーサーによって調整している選手もいます。
クランク長が何種類もあるのだから、ペダル軸長も何種類かあって良いと思うのですが、それはクリートセッティングもしくは靴の選択でなんとかしてくれ(靴によってクリートの取り付け穴の位置が違います)と言う事なのかもしれないです。

投稿: 管理者 | 2013年11月11日 (月) 13時20分

こんばんわ、最近CAAD10 105を購入したものです、こちらのサイトを参考にさせていただきます。
グレードアップしていって レースにも出たいですね。

投稿: Shirley | 2015年5月19日 (火) 00時46分

Shirleyさん
コメントありがとうございます。

購入おめでとうございます!!
自分好みにカスタマイズするのも自転車の楽しみの一つですよね。
ぜひイベントにも参加してみてください。
良いCAAD10ライフを!

投稿: 管理者 | 2015年5月19日 (火) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CAAD10 105をグレードアップするのなら Vol.1:

« 11月のトレーニングテーマ | トップページ | CAAD10 105をグレードアップするのなら Vol.2 »