« SUGOファンキーエンデューロの参加証が届きました | トップページ | 思い込みを打ち破る時 »

カンパユーザーでもSRMを使えるようになるようです

全国100万のCampagnoloファンの皆さんに朗報です!!

何とSRMにカンパのクランクがラインナップされるようです!!!

2012srmcampagnolocranksetpowermeter

今までは、カンパーザーがSRMを装着したい時は、FSAのクランク等を使うか、ジルベールになる必要があった訳ですが、これで問題解決ですね!

で、真面目な話をすると、SRMはパワーメーターとして絶対的な信頼性を誇っている一流の機械なのですが、実は我々一般ユーザーにとっては、SRMはあまり良いシステムではないようです。

理由は3つ

①電池交換するときはドイツに送らなきゃいけない(←自分でも出来ますが、電気屋さんでは売っていない電池を入手するルートがある事と、細かいハンダ付け作業がお茶の子さいさいな必要があります)

②チェーンリング交換したら、更正にドイツに送らなきゃならない(←自分でも出来ない事はないですが、技術と情熱が必要です)

③すんごい高価だが、重量がそんなに軽くない


③はそんなに重要な問題ではないが、①と②は一般的ユーザーには圧倒的なデメリットだろう。

特に②はレースによって変える事だってあるし、清掃のときに外したいときだってある。その度にドイツ送りになるんだったら、あの超高価なSRMのクランクを予備で持たなきゃいけない…。

でも、プロツールを見るとSRMのシェアが圧倒的に高い。

理由は簡単。

まず、機材がいっぱいある(当然予備のSRMクランクも)。
プロのメカニックがいる。
チームの本拠地がヨーロッパなことが多い(=ドイツにサポートに出しやすい)。
最低重量が6.8kgで決められてる(=重くするならクランクが一番合理的な位置にある)。
ホイール交換をしても、パワーを計測し続けられる(←パンクしたときに、即座にホイールごと交換してくれるサポートがある環境を意味してます)。

とまぁ、ざっとこんな感じか。これに当てはまる人はSRMを使ってもそんなに苦労しない訳か。

上の理由は日本の一般ユーザーにほとんど当てはまらないわけだから、SRMを購入する方はその辺のところを良く吟味してから購入した方が良いと思う…。

私は、良く考えた結果、SRMの導入は見送りました…(←単にお金がないだけの負け惜しみとも言える(汗))。

|

« SUGOファンキーエンデューロの参加証が届きました | トップページ | 思い込みを打ち破る時 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンパユーザーでもSRMを使えるようになるようです:

« SUGOファンキーエンデューロの参加証が届きました | トップページ | 思い込みを打ち破る時 »