« CAAD10 105 チームレプリカ納車されました! | トップページ | CAAD10 105 ファーストインプレッション! »

CAAD10に乗るために…

さてさて、

我が家にやってきたCAAD10!

まず最初にやる事は…。

チェーンの洗浄(汗)(←いきなり!?)
Img_1773

KMCのミッシングリンクを外すのに悪戦苦闘…。結局外すのに1時間かかってしまった…。まだコツつかんでないから、次、外す時も苦労するんだろうな…。

Img_1775

いきなりチェーンを洗浄したのは、この前の檜原のレースでもらったチェーンオイル、INNOTECH105を試すため。

完全な脱脂が必要らしいから、ディクリーザーで洗浄した後、食器用洗剤で水洗→乾燥とかなり念入りに。

ビニール袋に入れて、たっぷりオイル漬けにしてから、物干し竿に干して乾燥させる。

匂いが気になる人もいるらしいが、私的には全然大丈夫(←私の嗅覚は当てにならない事で有名です)。

名前に105って入ってるから、クライトックス105でも配合されてるのかなぁ?と思いながら、作業を続ける。

チェーンを乾燥させてる間に、フレームのコーディング作業。

新品でばらしてるときに行うのが簡単確実。

コーティングに使ったのは、

Img_1670

ガラス系のコーティング剤。しっかり脱脂してから塗布して拭き取るだけという簡単施行。

車のコーティング剤に関しては、よくわからないので(汗)ここを参考にしてください(汗)。

Img_1774

最近の自転車でチェーンステイにブリッジがあるのは珍しいなぁと思いながらぬりぬり。

ホイールを組み替えなきゃという事で、スプロケットを外す。

ついでに計量

Img_1776

260g。

12−27Tとは言え、105にもなると、結構重いんですねぇ。

ホイールとブレーキパッドを交換し、チェーンも装着して写真を1枚。

Img_1777

ディープリムだとレーシーでかっこいい!!

気になって重量を…。

Img_1778

7.71kg!

軽い!!

「え?今時8kgを切る自転車で驚く事ないじゃん?」と言われるかもしれないが、履いているホイールが、MAVIC COSMIC CARBON PRO with POWERTAPでこの重量。しかも、タイヤは前後とも300g近くある重量級。

ってことは、軽いホイール&タイヤを履かせれば…。

Img_1779

LightWeightはかせちゃいました(汗)。

Img_1780

6.66kg!?

アルミバイクであっさりUCI規定切り。しかもペダル込みで。

これ、無理してる重量じゃなくて、ハンドルバーはアルミの頑丈なやつつけてるし、シートポストだってアルミの重いのが付いてる。それに、ブレーキはデュラで、クランクがHOLLOWGRAM Si SLとは言え、メインコンポは105!

そんなにヤバいもん使わなくても、ハンドルと、シートポストで200gは軽く出来るし、コンポにREDとか使えば、さらに300g位軽くなるんじゃないかな?やりようによっては、5kg代の自転車が作れそうだ…(←サイズ48だけどね)。

CAAD10恐るべし…。

気を取り直して(←何が?)ボトルゲージを装着。

Img_1781

普段やらないけど、ボトルを2本さしてみる。リクイガスのボトルをさすと、ぴったり!

かっこいいなぁ…(←完全に愛車馬鹿)。

メーターやライト類、パンク修理キット関係を装着し、ワイヤーの微調整をし…っと、微調整をしているところで、どうもチェーンの回りに抵抗を感じる。

あれ?このチェーンオイル駄目なのかな?それとも、スプロケットもチェーンリングも、チェーンも新品だからなじんでないのかな?と考えてみるのだが、それにしても重い。

あ!そういえば、ディレーラーのプーリーを交換するの忘れてた!という事で、デュラエース用のガイド&テンションプーリーを装着。

明らかに抵抗が減る。新品の状態で、手で回してこれだけ感じるんだから、結構違いがあるんじゃないだろうか?

Img_1782

後は、アンカー君を参考にポジションを仮に出して作業終了!

もう乗るだけ!!!

楽しみだなぁ!!!!

参考資料:CAAD10 105 チームレプリカ完成車から変更している部品

ホイール:SHIMANO RS-10→MAVIC COSMIC CARBON PRO with POWERTAP

ハンドルバー:CANNONDALE C3 COMPACT→ZIPP Service Course Bar(SS)

サドル:Prologo KAPPA→Selle Italia SLR Kit CARBONIO

クランク:FSA GOSSAMER PRO BB30→CANNONDALE Hollowgram Si SL

チェーンリング:FSA 50-34T→ROTOR Q-RINGS 50-34T(固定ピンはKCNCを使用)

ブレーキ:SHIMANO 105(5700)→SHIMANO DURA-ACE(7900)(ブレーキパッドはSWISS STOP イエローキングに交換)

デュアルコントロールブレーキフード:黒→白

バーテープ:黒→Fizik マイクロテックスバーテープの白

ディレーラープーリー:105純正→DURA-ACE用純正プーリー

ペダル:ペダルレス→SPEEDPLAY ZERO Titaniumシャフト(チームグリーン)

こうやってみると、結構部品交換してるんだなぁ…。

|

« CAAD10 105 チームレプリカ納車されました! | トップページ | CAAD10 105 ファーストインプレッション! »

機材ネタ」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

ホイールの話」カテゴリの記事

CAAD10ネタ」カテゴリの記事

コメント

ミッシングリンクの着脱には専用の工具が便利です。というか、専用工具を使用することを前提に作られています。1000円ぐらいですから購入されては?

投稿: いのたま | 2011年12月 9日 (金) 09時37分

いのまた様コメントありがとうございます!

そうだったのですか…。それは知らなかったです…。リサーチ不足ですね(汗)。

今度、購入してみます。

使用感のレポートとか、そのうちブログにアップするかもです(汗)。

投稿: 管理者 | 2011年12月 9日 (金) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CAAD10に乗るために…:

« CAAD10 105 チームレプリカ納車されました! | トップページ | CAAD10 105 ファーストインプレッション! »