« タイヤって重要だなとあらためて思いました。 | トップページ | 2011 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE観戦記 »

3本ローラーでの感想

今日は峠で登り下りを楽しむぞ!と思ったら、あいにくの雨…(涙)。

あぁ、早くCAAD10で坂を走り回ってみたいぞ!

ってか、登りや下りもしないと、ポジション出しできないし。

しょうがないので、3本ローラーでLSD。

3本ローラーやってると、滝のように汗をかくので、こんな商品を買ってみた。

Img_1822

TacxのSweat covoer。

で、早速装着。

Img_1823

こんな感じ。

これで、新品フレームが汗で汚れる事はないと喜び勇んで3本ローラーを始めたのだが…。

つかえね〜(汗)

私の場合、膝がすってしまって全然使えない。気にしなきゃ使えるのだが、気になって変な力が入ってしまうため撤去。

設置方法とかもう少し考えればなんとかなるのかもしれないが、現状では使えない。

もう少し工夫してみて使えるようになったら報告します。

さて、3本ローラーすると真っ先に気づくのは、タイヤの精度が良い事。

もう、全然ごつごつしない。

さすがドイツ製!!

あと、実際に転がり抵抗低いです。

同じワット数での速度が、明らかに高い。

3本ローラーしてみると、ペダリング時のリアタイヤの蛇行がアンカー君よりも小さい事に気づく。

恐らく、剛性が高いんだろうな。ただ、踏んでみた感じはCAAD10の方が全然マイルドなのに。

不思議だ。

ポジション調整もついでに行う。なんせ時間はたっぷりあるから。サドルの前後位置を微調整して、ほぼ違和感の無いとこまで持って来れた。

あとは、ハンドルをもう少し下げて、また微調整すれば大体OKだろう。

さて、innotech105を使い始めて約200kmとなった。

説明書では300〜400km毎の注油だが、新品チェーンだったため、初期のなじみで金属粉とか多く出てるだろうという事で、早めの注油。

ちなみに、200km走行後のチェーンはこんな感じ。

Img_1824

Img_1825

若干黒くはなっているが、とても200km走行後とは思えないきれいさ。手で触ると、多少黒くはなるが、オイルでべったりと言う事にはならない。

注油は、洗浄代わりに一回innotech105をチェーンから滴り落ちるくらい噴射し(もちろん布で受けますが)、15分放置して汚れを浮かす。

で、もう一回噴射して、1日乾燥させるという手順。

チェーンの清掃がいらないのは嬉しいが、どれくらいチェーンの潤滑を保てるのだろうか。

興味がある。

汚れが付きにくかったり、手入れが簡単だったり、練習自転車用には良いオイルかな?と思うが、やはり、潤滑性能そのものだけで言えば、あまり良いとは言えない。

レース用はクライトックスオイルを使って、1レース毎にチェーンの洗浄→注油が一番だなと思った。

レース用自転車だと出番あんまりないから、それくらいあんまり手間になんないし。

さて、今からジャパンカップ観戦に宇都宮に行ってきます!!

|

« タイヤって重要だなとあらためて思いました。 | トップページ | 2011 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE観戦記 »

機材ネタ」カテゴリの記事

トレーニング記」カテゴリの記事

浪費が止まらない」カテゴリの記事

CAAD10ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3本ローラーでの感想:

« タイヤって重要だなとあらためて思いました。 | トップページ | 2011 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE観戦記 »