« ちょっと「ん?」と思った物を集めてみました。 | トップページ | チューブラーのタイヤ交換はクリンチャーのパンク修理より簡単かもしれないです »

SPEEDPLAY ZEROのベアリングをアップグレードしてみた。

今日は完全休養日。

連日高TSSのトレーニングを続けられず、疲労が蓄積してしまった。

体がまだ出来てないのだろう。

で、いつもはトレーニングしてる時間を使って、スピードプレイ ゼロのベアリングをアップグレードする企画をやってみた。

SHIMANOのペダルとか使ってた人が、SPEEDPLAYのペダルを触った瞬間、
「あれ?壊れてる??」
とか、
「あれ?1万キロくらいグリスアップしてないのかな??」
とか感じるんじゃないだろうか。

私がスピードプレイを始めて手で回した時、そう思った。

新品だと、確かにグリスの抵抗が大きかったり、Oリングのなじみがまだだから、回転渋めなのはしょうがないとして、ある程度使ってくると、ごりごり感が出るのはどんなもんかと思う。

グリスアップすれば、回転は滑らかになる(←使ってるグリスはクライトックス!)が、ごりごりごりごりごりごりごりごり…。

ま、走ってて気ななる事がないから、全然問題ないのだが、そこにこだわってしまうのが機材オタク!(←自分で言っちゃった!!)

で、ネットでちまちまショッピングして、スピードプレイ ゼロで使われてるのと同規格のベアリングを集めてみた。

Img_1640

必要なベアリングと購入先

まずは、プロの工具ショップYOSHIMURA
NMB(ミネベア) L-ZZ Series 薄型両シールドラジアル玉軸受DDL-1370ZZ(1個318円×2)
エヌティーエヌ(NTN) シェル形針状ころ軸受HK形HK1010D(1個244円×2)
(↑ベアリングと言えば、信頼の日本メーカー製!)


次に、フタバ産業株式会社 オンラインショップ
TARGET TG0025 プレシジョンベアリング 6*13*5 2個(2個セットで1050円)(←これだけ、玉がセラミックのハイブリッドベアリング)

おまけにコクゴeネット
4種D(フッ素ゴム) Oリング P10(1個57円×2個)(←よくわかんないから、一番高いの選んでみた(汗))

合計で、2280円。(←でも、送料とか手数料とかで+2000円位かかっちゃってます(汗))
ちなみに、どこの馬の骨か分からないベアリングを使ってる純正のベアリングキット(ローラーベアリングは入っていません)が3675円で、Oリングとか、スナップリングとか入ってる補修キットが、チタンモデルだと2100円。

内容は違うけど、ちょいぼったくりすぎじゃ??

さて、作業に入りましょう。
Img_1639
今回使うのは、チタンシャフトモデル。クランクに付けてた方が作業しやすいので、インテリアになってる昔使ってたクランクを使用。

基本的なばらし方は、私が以前書いた記事とか、こちらのページとかを参考にしていただいて(←手抜き!)、今回は補足的な…。

Img_1643
ニードルベアリングは、こんな感じのピン?スナップリング??で止めてあるだけなので、千枚通しなんかを使って飛ばさないように注意しながら外す。

で、ドライバーかなんかで押し出してやれば簡単に外れる。

で、前回と同じ様な手順で、今回購入したベアリングのシールドを外し、

Img_1641

フィルムケース(←探すの苦労した(汗))の中にディクリーザーと一緒に入れる。

Img_1642

しばらく放置して、蓋をしてシェイク!

これを2〜3回繰り返して、新品購入時にされてたグリスを洗い流す。

そして、新たに封入するグリスはもちろんクライトックス!!

あとは、全部元に戻して行けば終了。

1時間半くらいの作業時間。

で、効果のほどは??

正直分からん!!!

っていうか、Oリングが高品質なためか、若干渋くなった気もするぞ??

まぁ、自己満足なのです!

しばらく使用して、なじみが出てきたら変化が分かるのかな?

なんか変化があったら、報告します。

あ。ここに書いてある内容の事やっちゃうと、メーカー保証対象外になっちゃうので、やらない方が良いです。

|

« ちょっと「ん?」と思った物を集めてみました。 | トップページ | チューブラーのタイヤ交換はクリンチャーのパンク修理より簡単かもしれないです »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

私もスピードプレイを使っていますが
高級ベアリングに交換してもそれほど変化無しですかぁ
気持ちよくクルクル〜っと回ってくれる様にならない物なんですかねぇ
でも、私も同じくベアリング交換をしてみようかと思ってた矢先のレポートでグットタイミングです
ベアリングの購入先など参考にさせて貰っちゃいます^^

投稿: ka2 | 2011年9月 8日 (木) 17時55分

コメントありがとうございます!

そうですねぇ。思ったより変化なかったというのが正直なとこなのですが、これはOリングのなじみとか、グリスの抵抗とかも大きいのかなと思います。

実は、今回は新品のペダルを使用したので、少し使用して、シャフトが磨かれてくると、かなり変わるんじゃないかな?と思います。

このペダルの使用予定がもう少し先なので、レポート出来るのは先になっちゃいます(汗)

ちなみに、ベアリングだけで比べてみると、今回購入した物はどれも純正で付いてくる物よりも高品質だってのが触っただけで分かります。

特に、ニードルベアリングは差が大きいですね。

投稿: 管理者 | 2011年9月 8日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPEEDPLAY ZEROのベアリングをアップグレードしてみた。:

« ちょっと「ん?」と思った物を集めてみました。 | トップページ | チューブラーのタイヤ交換はクリンチャーのパンク修理より簡単かもしれないです »