« 発言には気をつけましょう。 | トップページ | SPEEDPLAY ZEROのベアリングをアップグレードしてみた。 »

ちょっと「ん?」と思った物を集めてみました。

世界最大の自転車ショー、EURO BIKE2011

いろんな新製品が出てくるので、毎年楽しみにしてるのだが、今年も開催中。

ネットで、いろんな写真が出てきてる。

ま、注目商品や、画期的な商品はいろんなとこで紹介されるだろうから、ちょっと「ん?」と思った物をちょい紹介しようと思う。

9a5da824f8df4d349dba7faba92452f95

まずは、FSAのBB386のクランクをBB30フレームで使えるようにするアダプター。

BB386のクランクがいろんなフレームで使えて嬉しいな♪と言う事だが、それ以外何のメリットもないので、普通にBB30のフレームにはBB30用のクランクを合わせましょう!

3tsariscycleopsintegraltdpowercompu

続いて、3Tの新型ステム。
パワータップの新型サイコンがビルトイン出来るみたい!カッコイイ!!…けど、重そうだねぇ・・・。

サイコン使わない場合は、
3tsariscycleopsintegraltdpowercom_2

こんな感じになるみたい。

空力的に少し(←本当に少しだと思う)メリットがあるかもしれないが、デザインのためのデザインな気がする。

ステムそのものは、高剛性をねらった感じのデザイン。

最近の軽量よりも高剛性というトレンドにそった物と思う。

続いて、
2012wilierroadbiketwinfoiltimetrial
WilierのTTバイク。

なんだかなぁ。

写真を見る限りでは、先進性はそんなにないなぁ…。

そして、ヘッド周りのデザイン!

これ、やっちゃいけないデザインの見本に見えるんだけど、気のせいかな?

空気流の正面に向かって凹の面を作るのは、いかんだろ!!

その効果を手軽に確かめたかったら、車で100km/hくらいで走ってる時、窓から計量スプーンを出してみて、表裏ひっくり返しながら、その抵抗を確かめてみれば良い(←危険なので、やらない方が良いと思う(←なら書くな!!)(←ドライヤーの冷風で試しても、その効果は十分に体感出来るから、そっちの方が良いかも))。

同じ前面投影面積で、ここまで抵抗が違う物なのか!と実感出来るから。

よぉぉぉぉく写真を見ると、フォークから上に延びてるブレードと、ヘッドチューブの間に細いスキマが開いている。

もしかしたら、「ここを気流が通る時、ベンチュリー効果で空気流が加速されるから、ドラッグを発生させるどころか、推進力を発生させられる!」とでも言ってきそうな気もするが、そういうデザインで成功した話を聞いた事はない(超音速飛行機の空気取り入れ口に、ショックコーンを配置して、衝撃波を利用して空気を圧縮するデザインはわりと普通だけど、あくまで超音速で、しかも空気取り入れ口の話だからねぇ)。

結局は、表面の摩擦損失とか、それによって発生する乱流、正面から気流があたらないとか様々な理由で、うまく行かない事が圧倒的に多い。
そもそも、ベンチュリー効果はスキマの広さや、その形状、気流の向きや乱流の有無によって非常にセンシティブに効果が左右されてしまうから、自転車のハンドルのように、常に動いたり、タイヤからの乱流がばしばしあたるところに設置しちゃいかんのだよ…(←だれもベンチュリーを設置したとは言ってないから、私の勝手なおせっかいかもしれないが)。

さて、最後はCANION。日本ではなかなか見る事のないメーカーだが、ツールとかにも出てるし、そこそこ注目度は高い。

新型TTバイクのプロトタイプ。
2012canyonprototypetttimetrialbike0
なんかどっかで見た事あるような…。
デザイナーの名前を聞いたら、あ!あの人か!!ってなりそう(←じゃなかったら、完全にぱくりですわ)。

2012canyoncarbonflipheadsuspensions
面白いサスペンションシートポストも出てました。

軽いみたいだけど、性能はどうなのだろう。狙った通りの性能はなかなか出なさそうな気がするが…。

ってなかんじで(?)私をワクワクさせてくれる商品がいっぱいのユーロバイク!

なんか面白いの見つけたら、また紹介してみようと思います。

|

« 発言には気をつけましょう。 | トップページ | SPEEDPLAY ZEROのベアリングをアップグレードしてみた。 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと「ん?」と思った物を集めてみました。:

« 発言には気をつけましょう。 | トップページ | SPEEDPLAY ZEROのベアリングをアップグレードしてみた。 »