« トルクレンチは必須です。 | トップページ | ついにOGKもエアロヘルメットに本気になったようです »

それでもCAAD10を選んだ理由

予定だと今日CAAD10に装着する予定のクランクがお店に届いてる。

そろそろ本格的に組み初めてくれてるのかな?とワクワクしながら過ごす毎日。

うん。

注文してから、納車するまでが一番楽しい時間と言えなくもない。

と、同時に、それまでは興味のなかった様な車種までライバルに思えてきて、何となくそっちに目移りしたりする時間でもある。

CAAD10の場合だと、何となくヨーロピアンな雰囲気を漂わせてる同価格帯のアルミやカーボンバイクはあんまりライバル(というか、購入競合対象)になく、どちらかといえば、アメリカンやアジアンなバイクがライバルになる気がする(←個人的な勝手な思い込みです)。

まず、真っ先に思い浮かぶのが、

FUJIのBARRACUDA

価格帯も、コンセプトも似ているように思う。テーパーのフォークコラムや、BB86等最新のトレンドを取り入れている。
塗装を含めたデザインは好みの分かれるとこか。

GIANTのTCR SL

のシリーズもライバル真っ正面だろう。GIANTと言うとあんまり良いイメージが無い人も多いかもしれないが、実はあのT社のアルミバイクはGIANT製だし、あの超有名イタリアンメーカーのC社のカーボンパイプはGIANT製だったりする。
その規模の大きさと、確かな生産技術から、高性能低価格なバイクがたくさんある。
CAAD10はDURA-ACEを搭載するモデルがあるくらい、ばりばりレース機材である事をアピールしている。
GIANT TCR SLだって、SRAM FORCE搭載モデルがあるくらいばりばりのレースバイクである。

アルミモデルだと、ライバルはこの辺だろう。もちろん、ANCHORやKOGA MIYATAのアルミ(スカンジウム)バイクも見逃せない。

で、安いカーボンモデルだったら食っちゃうってくらいの性能が売りのCAAD10だから、カーボンモデルも結構気になる。
っていうか、価格帯から言うなら、自社のSUPER SIX(Hi-MODではない)もばりばりライバル(笑)。

20〜30万円くらいのカーボンバイクは売れ筋なのか、非常に種類が多く、ライバルになりそうな車種がいっぱいあるが、私が一番気になるのは、

TREKのMadone 3or4シリーズ

台湾生産とは言え、2012モデルからOCLVカーボンになるという大きなセールスポイントがある。

TREKというブランドネームとOCLVカーボンでこの値段というのは、非常に心引かれる。

個人的にはこの価格帯で、Madone4シリーズを選ばない理由がない気もする。

であるのだが、私がCAAD10を選んだ理由。

まず、キャノンデールだってこと。

アルミバイクの進化に大きく関わってきたメーカーが、未だに本気でアルミバイクを作ってる(←台湾生産なんだけどね…)。

私にとってはそれだけでも購入理由になる。

練習用バイクにカーボンって言うのも何となく不安だし…(←貧乏性)。

そして、もう一つの大きな理由は、SUPERSIX EVOとジオメトリーがほぼ一緒なこと。スペック表を見比べても、間違い探しレベルでしか変わらない。

↓参考までに、2012モデルのSUPERSIX EVOと CAAD10のジオメトリー表載っけときます。

SUPERSIX EVO 2012

20110928_175330

CAAD10 2012

20110928_175434

↑比べれば比べるほど瓜二つ。

ロードバイクは、構造が単純であるが上に、ジオメトリーによってその性格が決まると言っても過言ではない。

そして、フレーム素材やパイプ形状で味付けをして行く。

CAAD10はツールやジロを走ったSUPERSIX EVOと同じ目的で作られたレーシングバイクと、この事からはっきり明言出来る!

私は、試乗やちょい乗りでは、その自転車の事なんて分からないと思っている。

購入したからこそ、愛着や嫌悪があり、それを含んでいないインプレッション記事なんて、「ふ〜ん」程度にしか思わない。

よっぽど、その自転車を購入した仲間に聞いた方が参考になる。

同じ価格帯の自転車を何台も買う事なんてないから、これらのライバルと比較出来るわけないのだが、やっぱり気になるんだなぁ…。

|

« トルクレンチは必須です。 | トップページ | ついにOGKもエアロヘルメットに本気になったようです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

機材ネタ」カテゴリの記事

CAAD10ネタ」カテゴリの記事

SUPERSIX EVOネタ」カテゴリの記事

コメント

どうもEVOには今までのホログラムSLは
スパイダーアームが干渉するようです・・・

投稿: 通りすがりです | 2011年9月28日 (水) 20時56分

コメントありがとうございます!

貴重な情報ありがとうございます。

そうなんですか!じゃぁ、SUPERSIX EVOの完成車に付いてくるHOLLOWGRAM Si SLは専用品なのかもしれないですね!

フレーム設計が似てるCAAD10が当たらないと良いのですが…。

投稿: 管理者 | 2011年9月28日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでもCAAD10を選んだ理由:

« トルクレンチは必須です。 | トップページ | ついにOGKもエアロヘルメットに本気になったようです »