« 20GTにトラブルの予感(←ちゅーかトラブルじゃ?) | トップページ | Qファクターの情報源 »

SUPERSIX EVOの情報がちらほらと

フレーム重量695g!!

とセンセーショナルな売り文句のSUPERSIX EVO

そりゃー、昔からキャノンデール好きで(←一回も所有した事無いけど)、軽量化好きな私はきになってきになってしょうがない。

このブログ内でも何回か取り上げてきた

徐々に情報が明らかになってきているが、私が自転車の情報を取り入れている海外サイトで、キャノンデールの発表会の記事が載ってたから紹介する。

リンクはこちらです。

いやぁ。やっぱり軽いねぇ!!

衝撃的なフレーム重量695g!!はやはり特別な物で、塗装にもよるけど730〜810gくらいになるよって書いてある気がする(←私のちょー怪しい英語読解能力なので間違ってるかもしれない)。

若干残念な気もするが、それでも十分軽い部類だろう。

で、完成車の重量が出てるので一部紹介。

2012cannondalesupersixevoultimatero

ULTIMATEはほぼ5kgジャスト!

写真見て気づいたのだが、ブレーキGravitasなんだ!

てっきり普通のNegative Gだと思ってたからちょっとびっくり(←スペック表にちゃんと書いてあった(汗)ただの思い込み)。

GravitasはSWISSSTOPのシューがついて前後ペア172gのフルカーボン超軽量ブレーキ。

キャノンデールが採用するんだから、きっとブレーキ性能も大丈夫なんだろうな?と思う。

普通の?Negative Gは、アルミ製でペア228g(Ti)だから、カーボンにしても44gしか違わないし、価格が5万も違うから、びみょーっちゃびみょーな軽量パーツではある。

でも、これより軽いブレーキとなると、THMのFibla(前後ペア110g(パッド無し)SWISSSTOPのイエローキングを装着すると142g)で、値段が14万とかしちゃう。しかも、ちゃんと効くのか不明だし…(汗)。

軽量パーツを選択する時、こういう完成車を参考にすると比較的安全に(←なんのこっちゃ)パーツ選び出来るんだなぁと思う。

2012cannondalesupersixevoteamroadbi

話はそれたが、私が最も気になるモデルのTEAMは6.4kg

おぉ!

自称軽量エアロホイールのMAVIC COSMIC CARBON SLR(大本営発表ペア1595g、タイヤ込みで2239g!)をはいて、この数値だから、立派!

ツールとかの写真を見ても、ホイールとタイヤ以外パーツの選択に大きな違いはようなので、SRMを装着しても、6.8kgを下回るのは間違いない。

ってことは、きっと錘積んでんだろうなぁ。

ちなみに、バッソがツールでよく使ってた、COSMIC CARBON ULTIMATEとSRMを積んだ組み合わせだと、重量は予想で6kg位(←タイヤが何使ってるかちょっと分からなかった。これはMAVICの純正チューブラーをはいたときの重量。そのタイヤ結構重いから、他のレース用チューブラーに変えたら、前後で100gくらいは軽くなるし、軽量タイヤにしたら200gも軽くなる)

まぁ、オーバースペックなくらい軽いなぁ。

ツールでがんがん使って大丈夫なパーツを組んでも、下手したら5kg代に載せれるなんて、なんと恐ろしい自転車。

ますます欲しくなってしまう。

2011モデルのSUPERSIX Hi-Modと比べてる写真もあるが、やはり結構細くなってる。

見た目の印象はCAAD10に似てる。

SUPERSIX Hi-Modは、実物見ると本当にごついから、私はEVOの方が好みかなぁ。

いやぁ…。

買いたい…。

|

« 20GTにトラブルの予感(←ちゅーかトラブルじゃ?) | トップページ | Qファクターの情報源 »

機材ネタ」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

SUPERSIX EVOネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SUPERSIX EVOの情報がちらほらと:

« 20GTにトラブルの予感(←ちゅーかトラブルじゃ?) | トップページ | Qファクターの情報源 »