« Fulcrum Racing Torq R コンパクト | トップページ | 佐渡ロングライド210対策してみました »

MAVIC COSMIC CARBON PRO with POWER TAP

POWER TAP欲しいなぁ〜と思って、いろいろ探していた時、POWER TAP SL +α程度の値段で新品のこれが売っているのを見つけて衝動買い…。

とりあえず、重量。今回は、付属品も乗っけちゃいます。
P1000291
フロント754g
P1000293
リア1096g…
P1000295
クイックフロント41g
P1000294_2
リアクイック43g
P1000299
ブレーキシュー16g(2個)
P1000296
CPU39g
P1000297
CPUマウント一式15g
P1000298
心拍計71g
とまぁ、こんな感じ。

付属クイックが結構軽量なのにはびっくり。軽い力でしっかり止まるし、WRのよりも良いかも…。

POWER TAP系統のインプは別枠にしとくとして、ホイールのインプを。

乗って思った事は、とにかく重いなと…。もちろんPOWER TAPのハブをつけている事もあるんだろうが、それにしても重い。
ちなみにほぼ同じリムハイトだと思われるZippの303や404のパワータップ付きに比べると、200g程度重い訳で、これすなわちほとんどがリムが重いという事に…。

という訳で、このホイールには常に重さがつきまとう。

横剛性は思ったほど無いなというのが本音だが(SHIMANO WH7850-SLに比べると)、ふにゃふにゃという訳ではない。縦剛性は、ディープリムのメリットがもろに出る部分で、硬い(デメリット?)。リム変形由来の力のロスは少ないと思う。

ディープリムという事もあって、平地ではスピードの維持が楽。

登りは…。修行です!

このリムの利点は、丈夫!の一言につきるのではないだろうか。カーボンを指ではじいても分厚そうな音がするし、実際分厚い(下の写真参照)。
P1000303
中には発泡剤が。

この頑丈さのため、練習でがしがし気にしないで使える。まぁ、そもそも私の体重の2倍もあるようなごついフランス人ががしがし乗るように作られてるのだから、私程度ではびくともしないだろう。

ブレーキも良く利くし、シューのあたり面の精度も良い。

よって、練習で使うには良いが、その重さ故、レース(特にヒルクライム)では(私では)使えないホイール。

今はカタログ落ちしてしまったホイールであるが、その理由は何となく分かるなぁ。

|

« Fulcrum Racing Torq R コンパクト | トップページ | 佐渡ロングライド210対策してみました »

機材ネタ」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

ホイールの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAVIC COSMIC CARBON PRO with POWER TAP:

« Fulcrum Racing Torq R コンパクト | トップページ | 佐渡ロングライド210対策してみました »