« スタッドレスタイヤ換装! | トップページ | 今月のFTP測定・・・失敗 »

喘息治療とドーピング

本日の体重

体重:49.1kg 体脂肪率:10.4%

ありゃりゃ。久々の体脂肪率10%越え・・・。いかん、なんとかせねば。

今日は、起床した時点で体調優れなかったのだが、いつまでたっても乗れないんじゃ駄目だから、乗ってみる。

ただ、あまりに苦しくなってしまい、1時間で断念・・・。

20101129_190306

で、体調不良の原因。喘息なんです。まだ、医者に行ってないから何性の喘息かは分からないけど、喘息。

実は、私小児喘息で、小学生くらいまで、結構発作を起こしていた。

中学生位になると、ほとんど発作も起こらず、その後はたま〜に発作が起こる事があるくらいで、全然問題なく過ごしてきていたのだが、どうも昨年の夏くらいから症状が出るようになってしまった。

激しい発作は無いのだが、副交感神経が有為になる夜間に喘息の症状が現れる。

毎日ではなかったし、少し苦しいかな?と思う程度。ひどくても少し睡眠が妨げられる程度だったから、あまり治療の必要性を関していなかった。

っていうか、むしろ、強制疑似高山トレーニング??なんて思いながら過ごしてきたのだが、どうもこの1週間くらい調子が悪い。今までは、運動したり、昼間になると症状が全く収まっていたのだが、症状の強弱はあるとはいえ、ずっと症状が継続している状態に・・・。

っていうか、喘息は生命にも関わる危険な病気なので、本来はきっちり病院に行った方が良い。

でも、今まで行かなかった。その理由の一つには、ドーピングに引っかかるという理由が。今コンダドールが疑われているドーピング事件も、まさに喘息治療薬なのだ。

もちろん、私はプロではないから、どんな薬剤を使おうと自由。
そもそも私程度の者がドーピングしたところで、対して強くはなれないのだけど、なんか嫌だと・・・。
ずるしているみたいで・・・。

でも、さすがに・・・辛いな・・・と思い、実際どうなんだろうと、日本アンチドーピング機構のホームページで確認してみる事にした(←そこからかよ!)。

やはり、喘息治療で使うステロイド系薬剤やβ2受容体作用薬は禁止されてるな・・・。

ただし、投薬経路によってはステロイドも認められてるようだし、β2受容体作用薬は喘息の治療目的であれば認められている。

よし!今度暇ができたら、内科行って相談してみよう!別に誰からも気にされていないけど、ちゃんとアンチドーピングの基準に従って治療してもらおう。

これは自分の気持ちの問題。

内科に行ったらまた報告します!

|

« スタッドレスタイヤ換装! | トップページ | 今月のFTP測定・・・失敗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トレーニング記」カテゴリの記事

体重日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喘息治療とドーピング:

» 4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法 [おかねのなるき]
まだ間違った治療法を続けるつもりですか? 4週間で結果を出す!!喘息(ぜんそく... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 16時07分

« スタッドレスタイヤ換装! | トップページ | 今月のFTP測定・・・失敗 »