« 今日はアクティブレスト | トップページ | 久々にタイムアタック »

エアロポジションと首の痛み

本日の体重

体重:49.9kg 体脂肪率:10.2%

おっ・・・。太ってる・・・。筋肉が付いたと思いたいが・・・。体脂肪率増えてるしな・・・。今後の体重動向に気をつけて、これ以上太るようなら考えないとな。

さて、今日もアクティブレスト。足の筋肉は大分回復しているが、全身がまだだるい感じ。

マラソンとか、過酷なスポーツをした後、完全に回復するのに、1ヶ月くらいかかるという記述もあるが、そんなハードな事してないのに、これだけ疲労を引きずるとは・・・。情けないが、仕方ない。

しっかり休養をとって、トレーニングを再開するしか無い。

今日は30分。途中5分だけ少し強度を上げてみる。足の筋肉は大分回復してきてるなと実感。

20101020_155317

さて、今回のレース(SUGOファンキーエンデューロ)での疲労の特徴は、上半身が疲労している事ではないだろうか?

普段登りが主な私にとって、下りや平坦のあるレースは少ない。練習も登りが多いしなぁ・・・。

という事で、普段とらない姿勢をしているせいだろう。

で、どんな姿勢かと言うと、
Img_0964
こんな姿勢や、
Img_0979
こんな姿勢・・・。

フォーム悪っ・・・。

ホームストレートは、あの(悪名高い?)10%の登りを越えた後にある。しかも、このストレート自体もすこ〜し登っているようだ。空気抵抗を減らしつつ、苦しくなった心肺の為に、少しアップライトな姿勢をとりたいなと、ブレーキワイヤーを握るフォームをとっていた(←下ハンを握るより少し上体はアップライトだが、腕をを開かなくて良い分空気抵抗が少なくてすむんじゃないかと)。

で、たいてい下の写真のように下を向いて走っていた。
多分こっちの方が空気抵抗少ないんだろうなぁ〜と走りながら何となく思っていたが、写真で見ると一目瞭然。
このくらいの前傾で前を向いてしまうと、頭が上にぴょこっと飛び出してしまっている。これは、空気抵抗大きいわ・・・。

もっと前傾を深くとれば、前を見れるが、そうすると、首や心肺機能や、体の柔軟性に対しての要求がきつくなるなぁ。

ちなみに、長い下りのバックストレートではさすがに、前を見て走らない訳には行かず、前を見るポジションをとる。

幸い長い下りなので、ペダリングをしなくて済む。
という訳で、ペダル(クランク)を水平になる位置で足を固定、トップチューブを膝ではさみ、腕はたたみこんで胴体前部に収納、手は両手でステムを挟み込むような感じで固定。極力高さを減らすために、顎をステムに乗っける!という極端なポジションをとった。

私は、体重を軽くする事で、登りのパワー不足を少しでも補おうとするが、これは下りでは致命的。という訳で、ポジション、フォームを気をつけ、なんとか下りでも遅れないようには出来た。ただ、このフォームが現在の首の痛みにつながってるんだろうな・・・。

レース中の最高速度はオフィシャル記録で69.8km/h、メーター記録で70.6km/h。

当然これには、Lightweightのディープリムと、扁平カーボンエアロスポークによる効果もある。何てったって、自転車において、空気抵抗発生率ナンバー1が人間でナンバー2がホイールだから。

この姿勢、自転車のコントロールが難しくなるので、あまりやらない方が良い気がする。実は、昨年フォームを研究(というほど大げさな物じゃないけど)しているときに、大落車をしてしまった。で、それ以来、公道ではやらない事にしている。

SUGOはバックストレート後に下りながらの右コーナーがあるが、ここはノーブレーキで突っ込む。この後のセクションをタイムロス無く走るにはこのコーナーで出来る限り失速せず、なおかつ最短距離を走る事が重要だからだ。

これが出来るのは、完全にCERVELO R3とlightweightとVELOFLEX Recordのおかげ(←間違っても私のテクニックのおかげではない(汗)←コーナー苦手(汗))。

あれ?大丈夫かな?って位の突っ込みをしても、それからさらにライン修正が出来るし、狙ったイメージ通りに曲がれる。おかげで、他の選手がいなければ、進入から出口までほぼインベタをキープできた。

剛性の高いフレーム、フォーク、ホイール、そしてコントロール性の良いタイヤがそろってないとなかなか出来ない(←練習用のアンカーだと確実に無理だろうなぁ・・・)。

ただ・・・。

他でも言われているように、R3は結構ハンドリングがクイック。ちょっとした操作でも確実に反応してくれる。
ってことは、失敗してもそれをしっかり反映してくれるという事で・・・、3回ほどこのコーナーでミスしてテールスライドを起こしたが、コントロールは容易だった。

このミスも上半身の疲労に確実に効いてるんだろうなぁ。

明日は、晴れたら登りトレーニングを行うつもり。上半身に多少疲労は残ってるだろうが、そろそろ山を登りたくなってきてしまった(汗)。

|

« 今日はアクティブレスト | トップページ | 久々にタイムアタック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

トレーニング記」カテゴリの記事

タイヤの話」カテゴリの記事

ホイールの話」カテゴリの記事

体重日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアロポジションと首の痛み:

« 今日はアクティブレスト | トップページ | 久々にタイムアタック »