« 第25回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 自己分析 | トップページ | 乗鞍公式成績 »

佐渡ヒルクライム2010エントリーしてしまった・・・

今日から登りトレーニングを開始する予定だったが、朝起きて、筋肉が全然回復していない事に気づく。

やはり、予想より4分早いタイムで走った事は相当体に負担をかけていたようだ
また、トレーニングしていない状態から、3週間連続で、いきなりハードなトレーニングをした事は、相当体力を消耗させていたという事か。

トレーニングを重ねて基礎ができるまでは、回復をきっちりとらないと、トレーニングが逆効果になってしまう。次のレースまで時間がないからこそ、しっかり回復しよう。

という事で、今週は回復週間。アクティブレストを主体に、一回だけ登りトレーニングをして体に刺激を入れる予定。

今日はLSD強度で約1時間のんびり自転車に乗る。

アクティブレストの有効性に関してだが、いくつか論文を発見。エビデンスレベルはそれほど高くないが、私の印象では、アクティブレストは、行う事を推奨するといっても良いかなと。

消耗が激しいフルマラソンでは、血液中の各種マーカーを計測(←疲労に関係してると思われる物質)すると、レース後、ただ安静にしていると、それが正常値に回復するまでには一ヶ月以上かかる事がある。
ここで、毎日何らかの軽い運動を行い、アクティブレストを行うと、その期間が約半分になるという報告もある。

私も、ここ数週間の経験から、アクティブレストはそれなりに効果があると思う。ただし、魔法のように効く訳ではもちろんない。よって、休養は睡眠(←人間の体は睡眠中に一番回復する)、食事、そしてアクティブレストといった要素をバランスよく行っていけば良いのではないかと思う。

そしてもう一つ。単に休養すると、消費カロリーが落ちちゃって私の場合太るから、まぁ動いてた方が良いかなとも思う・・・(汗)

さて、エントリー締め切りが今日までだった佐渡ヒルクライム

金山を登る大佐渡スカイラインを使うコースなのだが、これが非常にきつい!

途中に結構な下りがあるのに、平均斜度が6%ほどって(昨年のコースの場合)・・・。私のメーターに付いている斜度計では、その過程のほとんどが8%以上で、15%を超えるところもちらほら、ライン取りによっては平気で20%を超える・・・。

しかも、今年はご丁寧にスタート地点が変更になり、距離が伸びた。スタートしてから、しばらくそれほどの斜度ではないとこだが、正直え?距離のびちゃったの!?って感じ。

昨年はさりげなく優勝とかを狙ってみてたが(←その割にはふがいない成績だったぞ)、今年は、本当に完走が目標

それに向けて短期間で、急坂を登れるようになるトレーニングを考えなければ。

|

« 第25回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 自己分析 | トップページ | 乗鞍公式成績 »

決意表明」カテゴリの記事

トレーニング記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡ヒルクライム2010エントリーしてしまった・・・:

« 第25回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 自己分析 | トップページ | 乗鞍公式成績 »