« 勤め先に感謝! | トップページ | 今年の私の乗鞍予想タイム »

登りトレーニング最終日(乗鞍前の)

さて、今日は金曜日。

明日は回復にあてるとすると、トレーニングは今日まで。

いつもの峠でがつんと良いタイム出して、気持ちよく休養に入るぞ!と意気込んでタイムアタック始めた所までは良かったんだが・・・。

始めた瞬間気づいた。

ヤバい!消耗してる!

と。

昨年事前トレーニングで追い込みすぎて、消耗したままレースし、悪い結果だった時の感覚がよみがえる。

トレーニング量は先週と同じか、むしろ少ないくらい。

恐らく、3週間の疲れの蓄積と、昨日の運動があまりにも高強度だったからだろう。

この時点で登るのをやめて、帰るという事も考えたのだが、ふと思った。

今の俺は、消耗している事よりも、体重が重い事の方が問題だ。少しでもカロリーを消費して少しでも軽くなろう!

消耗している事によるダメージよりも、軽くなる事のメリットの方が大きいと。

たとえ数十グラムでも。

そこで、自分的に無理しない範囲のペースで登る事にした。もちろんこれでも脂肪を燃焼させるゾーンからは大きくずれているのだが。まぁ、細かい事は気にせず・・・。

タイムは先週の金曜日とほぼ同タイム。

これはうれしい。

あ、昨年あった「登りで休む感覚」が少し復活。これをうまくレースで使えれば・・・。

とりあえず、データをのせます。心拍計やっぱり調子悪い。ストラップ届いてるから交換しよう。

20100827

そう。Pro3Race&ラテックスチューブ。

昨日7.4bar入れたのが今日は5.7bar。ラテックスチューブはやはり空気圧を毎日管理した方が良さそう。

今日は前後とも6.4barに一気に落としてみたが、あんまり乗り心地が良くなんなかった。この辺がチューブレスとの違いか。

ただ、この程度では転がり抵抗が大きくなったような印象は受けない。空気圧にあまり依存しないタイヤの設計をしているのかもしれない。もしくは、変形による抵抗は大きくなっているが、タイヤがはじかれてエネルギーがそがれる分のエネルギーがそれを補っているためかもしれない。

下りでのグリップは逆に空気圧低い方がグリップ感が乏しかった。なぜだろう?まぁ、グリップが低くなったのではなく、グリップ感が乏しかった(←コーナリングスピード自体は下がってないが、なんか常に滑ってる感じ。ただ、実際に滑ってないんだろうなぁ〜とおもうんだけどなぁ〜。ラインは狙い通りにトレースできるし、操作に対する反応も悪くないんだけどなぁ〜)だけなので・・・。気温とか湿度とかが違うだろうから、そのせいかもしれない。

もう少しいろいろ探っていこうと思う。

|

« 勤め先に感謝! | トップページ | 今年の私の乗鞍予想タイム »

機材ネタ」カテゴリの記事

トレーニング記」カテゴリの記事

タイヤの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登りトレーニング最終日(乗鞍前の):

« 勤め先に感謝! | トップページ | 今年の私の乗鞍予想タイム »