« FSA OS 99-CSI 31 カーボンステム | トップページ | OGK KABUTO MOSTRO FLARE »

SILVA CORK バーテープ

ここ2日ハンドル回りのネタで来ているので、今日もその周辺で。

自分はあんまりこだわりがなくて、どっちかって言うといろんなものを試してみたいので、結構部品を買い換えるときに違うものを買ったりする。しかし、バーテープは無意識にこれに戻ってくる。結構いろいろ浮気するのだが、なんかやっぱりこれに戻ってくる。これがあると落ち着く。そんな存在(←なんだそりゃ)

P1000187_3 46g(エンドキャップ含)

定番中の定番

こうしてみると、バーテープって結構重いんだなと。もちろん巻いたら余った分を切り取るから少しは軽くなるけど。

ヒルクライムレースに行くと、バーテープを巻いていない人をちらほら見るが、非常に合理的だ。なんせ、何万円も出して買った軽量パーツの軽量化分ぐらいだったりする(もしくはそれ以上)。なんだかさりげなく悲しくなる。

私はヒルクライムレースでもバーテープは巻いている。理由は、バーテープを巻くのが苦手だから、一回きれいに巻けたらなるべくはがしたくない!って言うなんともいい加減な理由。そんなんだからだめなんだよと自分でも思う。あと、バーテープを巻かないで乗ったことがないからなんとなく怖いと言うこともある。

このテープ何がそんなに良いんだろうと思うのだが、自分でもよく分からない

素手でもグローブした状態でもなんか握り心地がいい。滑らないわけでもないし、すべり過ぎるわけでもない。雨が降っててもそんなに滑らない。手触りも好き

あと、いろんな色が出てるのもポイント。いろいろ楽しめる。(中にはこれ、どんな自転車に合わせるんだよと思うような色もラインアップされてるが(汗))

重要なのは厚みかもしれない。バーテープの中では結構厚めだ。練習用の自転車では、アルミのバーを使うのだが、これが細くてあまり好みではない。よって、このバーテープを巻くとなんだかいい具合の太さになるのだ。

しかし、レース用のカーボンバーではこれを巻くと太すぎる。よって、レース用のバーには今は別のバーテープを使っている。だが、なんか落ち着かない。

これを巻いてある練習用自転車のグリップを握るとなんだか安心する・・・。

|

« FSA OS 99-CSI 31 カーボンステム | トップページ | OGK KABUTO MOSTRO FLARE »

機材ネタ」カテゴリの記事

フィッティングの迷宮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SILVA CORK バーテープ:

« FSA OS 99-CSI 31 カーボンステム | トップページ | OGK KABUTO MOSTRO FLARE »