« FULCRUM RacingTorq RS compact | トップページ | FSA OS 99-CSI 31 カーボンステム »

RITCHEY WCS CARBON EVOLUTION SL

昔MTB(クロスカントリー)をやってた頃からなんとなく思い入れのあるメーカー。なんだか縁があって、今回もさりげなくハンドルがリッチー製だ。

P1000175_2 185g

サイズ38cm(C-C)

クランプ径31.8mm

特別軽量ではないが、軽量ハンドルバーとして恥ずかしくは無い重量。

現在はカタログ落ちしているこのモデル。でも、カタログをよぉ~く見てみると、SuperLogic EVOLUTIONに形もスペックもとても良く似ているような気がする

WCS CARBON EVOLUTION(以下EVO)との見た目の違いは、化粧カーボンがあるかないかである。EVOはカーボンと言えば誰もが想像するあのあみあみ模様だが、EVO SLはユニディフレクションカーボンがそのまま表面に見える。ぱっと見た目あんまりカーボンぽくないのだが、CERVELO R3の黒い部分も同じ仕上げだから、統一感があり、気に入っている。まぁ、選んだ理由は38cmのラインナップがあるのとリッチーだからなのであるが。

このハンドルの特徴はトップの部分が後ろに向かって湾曲している点である。ブラケットポジションやドロップを握る部分が若干手前に来てる。

何がメリットなのか。

基本的には、ランドナーとかに採用されることが多い形状から分かるとおり、その部分を握った時に姿勢が安楽になる。

逆に考えると、ブラケットポジションやドロップを握った時のポジションを基準にすると、ステムを長く出来る!または、ポジションを低く出来る!

これは、ステムはある程度長いほうがカッコイイと思っていたり、やっぱハンドルは低いほうがレーシーでしょ!とか思う腕の短いサイクリストには朗報(←私の事です)また、使いたいステムがちょうどいい長さがないなんてときに、微調整にも使える。

ヒルクライムでは基本的にステムは短めで、ハンドルは高めがいいなんていうけど、一概にそうとも言えない。そりゃ、空気抵抗をまったく無視していいならその方が楽。でも、ヒルクライムとはいえ、平均時速で見ると20km/hを超える事が多い。こうなると、あんまり空気抵抗を無視しちゃいけない気がする。それに登りばっかりのコースは案外少なくて、平坦があったり、下りがあったりする。

と言うことで、私はヒルクライムだからといって、特別なポジションは取らない。平地で練習してて、ドロップ部分を握ったときに一番楽に(そして速く)巡航できるポジションを模索して、そこであわせている。本当はパワーメーターと心拍計・スピードメーターの値を総合して一番バランスのいいポジションを探すのがいいのだろうが、ちゃんとしたパワーメーターを持っていない(←POLARのちゃんとしてないパワーメーターしかもってない)。よって、現在はどっちかって言うと楽重視になってる可能性が高い(笑)

あと、このハンドルならドロップ部を持ったときのポジションであわせた時に、ステム脇を握るポジションはスタンダードなバーを使うときに比べて遠くなる。各ポジション間の姿勢の変化がほんの少しだが緩やかになるので、これが大きすぎるなと感じてる人は、試してみるといいかもしれない。

カーボンだから、振動吸収性は良いし、全体的に太目のデザインだから、ハンドルに体重を掛けて乗るときも手が痛くなりにくい。

俺はばりっばりのレーサーだからハンドルにはほとんど体重をかけない。だから手は痛くならない!とカッコいい事を言いたいのだが、なんだかんだいってハンドルに体重をかけたまま走る事だってあるし、そんなときに痛くならないならそっちのほうがありがたい。

空気抵抗的には若干不利になる可能性があるが、バーテープは薄いものが使えるし、場合によっては巻かなくてもよく、軽量化には貢献できる。

剛性も私には十分。

もう少し身長があればいろんなハンドルを使えるのになぁとハンドルを選ぶたびに思う・・・。

トレーニング記

今日も3本ローラーで30分(アップ、クールダウン含まず)。いわゆる?ゾーン1で。

2週間自転車に乗らないと下手になることを発見。前は簡単に出来た3本ローラー上の両手放しが少し難しく感じる。蛇行も若干振幅が大きくなっていた。ペダリングがスムーズじゃないって事か。

|

« FULCRUM RacingTorq RS compact | トップページ | FSA OS 99-CSI 31 カーボンステム »

機材ネタ」カテゴリの記事

軽いって事は良いことだ?」カテゴリの記事

トレーニング記」カテゴリの記事

フィッティングの迷宮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RITCHEY WCS CARBON EVOLUTION SL:

« FULCRUM RacingTorq RS compact | トップページ | FSA OS 99-CSI 31 カーボンステム »